ブログトップ
タグ:お気に入りのゴチソウ ( 111 ) タグの人気記事
オーベルジュ ル・タン<AUBERGE LE TEMPS> ~静岡県伊東市~
c0055515_12395659.jpg気が付くと今回で500記事目でした。
まさか、ここまで続くとは正直思いませんでした(^^;
でも記憶力が飛躍的に高まらない限り、続くと思いますんで今後ともどうぞよろしく!

ということで500記事目は、
10月に行って来ましたおいしいキオクについて、整理してみたいと思います。

c0055515_12413726.jpg

ル・タンとは、フランス語で「時」を意味する言葉。
伊豆の伊東市の海から少し山へと分け入ったところにある湖、
一碧湖のそばにあるオーベルジュです。
大分前に温泉巡りのネタ本の一つでもある雑誌「自遊人」に載っていたのを
しつこく覚えていて、「いつか行きたい!」 言ってみれば人生の目標の一つでした。

c0055515_12542963.jpgc0055515_12544184.jpg

チェックインは玄関脇のバースペース。
ウェルカムドリンクはハチミツでいただくハーブティー。
c0055515_1258875.jpg


ディナーは18時半スタートでお願いしたので、まずはそのままひとっ風呂。
c0055515_13141343.jpg

ここのお風呂は内鍵のある貸切風呂。なんと湯は温泉!
小室15号・16号というカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉をひいていて一部循環掛け流し。
少し苦味のある湯は、浴感はさほどないものの、温泉らしくよく温まる湯でした。


18時半になりました。ディナーの始まりです。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-11-11 14:29 | ★ゴチソウのページ
月夜野庭銀の月   ~群馬みなかみ町~
c0055515_082425.jpg衝動。それは突然やってきます。
「カツが食べたい。」それは抗しがたい強い衝動。
ということで、衝動に負けました。行ってきました。

c0055515_084077.jpg

群馬県みなかみ町。国道17号バイパス沿い。紅葉狩りに向かいがてら寄ったのは・・・
国道情報ターミナルの向かいにある「月夜野庭銀の月」。
・・・と書くのは簡単ですが、これが意外とたどり着くのにてこずりました。
前橋方面から行く場合、目を凝らしてよぉ~っく見つけないと、通り過ぎます。
あぁ、また通り過ぎた・・・

c0055515_09694.jpg靴を脱いで上がる店内は、黒基調の落ち着いた雰囲気。
感じのいい店員のおねえさんに案内されると、
「先ほどお電話をいただいたお客様ですか?」と。

そうです、最終手段、やっとこさ調べた電話番号にかけて場所について教えを乞いました・・・。

「おいでいただきありがとうございます」
いやいやこちらこそありがとうございます・・・

さて、「このお店で評判のよいヒレカツにしよう」
そう、勢い込んできたもののメニューを見て目移りし、「最初だし控えめに」と一口ヒレカツを注文。
程なく出てきた前菜(温野菜と自家製パン)の器が、温かかったことで思わずニヤリ。

出てきたカツは、こげ茶色に揚がったからっとしたカツでした。
備え付けのウスターソースでいただくのも美味いけど、
お店の人オススメ、沖縄の甘塩(確か)と紹介のあった塩を、「少し」かけて食べるとまた思わずニヤリ。
「何度笑ってるんだろう」。バレてたら少し気味悪かろう。
カラッとやわらかい肉厚のとんかつは、午後のスタートに幸せを運んでくれたのでした。

c0055515_011394.jpgc0055515_011975.jpgc0055515_0111716.jpg


ちなみに周りからおすそ分けしてもらった他のメニュー、「大葉のカツレツ」と「メンチカツ」。
どちらも次頼みたくなるメニュー。
で、特にメンチカツ。
コレがサクサクジューシーで肉の旨みぎっしり。次はコレかなぁ。また来るよっ!

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-10-25 00:18 | ★ゴチソウのページ
旬魚酒菜 五郎(万代店)  ~新潟新潟市~
c0055515_1244281.jpg新潟2日目の夜は、新潟市に移動。
この夜はお酒を飲みつつ美味いものを・・・ということで・・・
宿から歩いて行ける和食・お酒のお店、「旬魚酒菜五郎」に行ってきました。

c0055515_036192.jpg


19時過ぎの店内は活気にあふれてます。
お店の人たちも忙しそうに、楽しそうに働いていていい雰囲気~。なんかいい料理が出てきそう!

靴を脱いで上がる店内は、古民家のようなレトロな雰囲気。
さぁ、どれから行くかな~~。

まずはオススメメニューから選んで・・・
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-09-28 01:33 | ★ゴチソウのページ
グランメリーホテルリゾートのディナー  ~新潟柏崎市~
c0055515_0225199.jpg新潟行ってきました。
今回のメインは、温泉!ではなく、どちらかというと食い倒れ目的。
ということで・・・・・
某旅行サイトで評判のよいグランメリーホテルリゾートに、お世話になることに。

ここ、なんとな~く、CP高そうな気配が・・・。果たして、どうなの??


夕日の綺麗な柏崎市の海岸沿い。海沿いを走る国道8号から少し高台に入ったところ。
そこに少し控えめに、グランメリーホテルリゾートはあります。
決して新しい!というホテルではないので、館内はところどころ少し気になるところも
あったりしますが、こんなもんでしょう。サービスをはじめとして雰囲気は十分にリゾート。
「はぁ」とか「ほっ」とした気分になれます。たまにはこういうとこ、いいよなぁ。
なんとなくはしゃぎ気分。

c0055515_084090.jpg

ツインルームは42平米。
広めの部屋は海に面していて、ベランダからは日本海、遠く佐渡島も。
(この時期は部屋から夕日・・・は苦しいみたいで、見る場合は宿からすぐの海岸がよいかと)
ベッドはゆったりサイズでお風呂は大理石。ん~バブリー。
出来た当初はさぞかしすごかったのかなぁ・・・と勝手に往時へ思いを馳せました。

というわけで、いつの間にやら夕食のお時間。
c0055515_0194010.jpg


ということで、夕食です。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-09-27 00:30 | ★ゴチソウのページ
草津温泉山びこ温泉まんじゅうの揚げまんじゅう ~群馬草津町~
c0055515_2214767.jpg湯畑に面した山びこ温泉まんじゅうの「揚げまんじゅう」は
草津の温泉街をそぞろ歩きするときに、ついつい食べてしまう温泉まんじゅうです。
タイミングを見計らっていくと、揚げたてをゲットできるかも?

c0055515_22135628.jpg

温泉まんじゅうの天ぷらである揚げまんじゅう(1個百円)は、
周りについているゴマの風味がポイント。
散歩のお供に、小腹が空いたときに一つパクっと食べるのが幸せなのでした。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-09-19 22:22 | ★ゴチソウのページ
築地さらしなの里   ~東京中央区~
c0055515_13221640.jpg地下鉄の築地駅から程近い築地さらしなの里。
栃木の板室温泉近くにあるそば屋、柏やからの※里会つながりで行ってきてみました。
※里会とは築地さらしなの里で修行した若手の会です

c0055515_13223234.jpg


この日注文したのは三色蕎麦1050円大盛210円増し。
手打ち(二八)、さらしな、芥子の実そば(変わりそば)の三色です。

築地さらしなの里は綺麗でなんだか居心地がいい店内です。
というか、メニューを見ると新潟銘酒鶴の友がおいてある!これにはびっくり。
c0055515_13224113.jpg


三色蕎麦のまずは手打ち。口元に持ってくると蕎麦の香りが広がり
後味もしっかり蕎麦の味。弾力もばっちりのしっかりとしたコシ。
どれもしっかり。さすが三拍子そろってるなぁ~とすっかり気に入ってしまいました。
※写真手前は芥子の実、奥がさらしな。

さらしなはもちもち感が強く、蕎麦の味はうすくなり上品なイメージ。
食べやすさは抜群で意外にもけっこう気に入っている自分に驚きます。
手打ちが無骨だとすればやはり洗練された印象。
芥子の実そばはほんのりピリ辛の風味があって、これもなかなか。
そば湯ははっきりと蕎麦の味がする濃いものでおかわりしたいくらい。
お店の感じもよくまたまた行きたい店がひとつできました。
今度は生粉打ち(10割)を食べてみたい。そして夜がいいな(⇒お酒)。

※写真が見つかったことによるアップなので、行ったのは昨年11月です。

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-09-16 11:23 |  ●蕎麦のページ
せいもん払い つかの間の九州⑧ ~福岡福岡市~
c0055515_2054447.jpg中州のすぐ隣、キャナルシティ博多のまたすぐ近く。
上川端商店街にある”せいもん払い”は、
九州に呼んでくれた後輩が予約してくれた渾身のお店。

ここは予約は18時半までで、かつ予約時間に全員が揃ってないとキャンセルとなってしまう・・・
という厳しい掟があるそうで、阿蘇まで行ってる自分が実は一番の不安の種。。。

壁湯温泉を結局16時半大分過ぎに出立して、一路博多へ向かい、道中は順調そのもの。
「楽勝じゃーん♪」なんて思っていたのは福岡空港手前まででした。
この近辺、鬼混み。。。「ちくしょー」
ということで、最後はレンタカーにガソリンを入れる兄ちゃんをせかし、地下鉄駅をダッシュし、
その日のホテルのチェックインを後回しにして、上川端商店街へ駆けつける羽目になりました。
ん~、やはり旅程は余裕をもって立てましょう。


せいもん払い店内は、すでに多くの人で賑わっていました。とても活気のあるお店。
ここにきたらやはり新鮮な魚介でしょう!ということで皆で魚介類をわんさか注文。

c0055515_20541968.jpg刺盛りです。
タコもぷりぷり。
豪快な厚い刺身も
どれもとても軽快な歯ごたえ。

美味い!

あわびなんかはまだ「うにうに」動いてました。
やっぱ魚介をおいしくするには鮮度って最重要だなぁ。


c0055515_20592392.jpg写真めっちゃぶれてますね。

これは”うざく”です。
⇒しかもすでに食ってますね。。。

鰻のかば焼きの細切りと、
刻んで塩もみしたキュウリを
三杯酢であえたものとのこと。

今回初めて食べたんですが、
恐る恐る食べたそれは・・・
とてもお酒の進むうまさ♪



c0055515_2111953.jpg
これはこの日一番気に入ったイカ刺し。

この透明さ、すごい。
運ばれてきたときはまだ生きていて
これまで味わった事のない
割と硬質なこりこり系歯ごたえが
けっこうクセになります。



c0055515_2133565.jpgこの辺の焼き魚も美味。

ただ、なんだったのか?多分●●だろうとは思うものの、記憶がかなりあいまいなため書くのは控えます。

日本酒・焼酎の品揃えも充実していて、この段階で会社の先輩リクエスト久保田の萬寿×3。その他、〆張鶴、越乃白雪などの新潟銘酒。そして、九州の地酒東一や杜の蔵の酒などを飲んでほぼ終了気味に。


c0055515_217340.jpg
せっかくの美味い料理。お酒。
この記憶があいまい、もしくは
抜けているのが残念でなりませんが、何にせよ初九州の夜はとても楽しいものになりました♪

九州、素晴らしきところです!
そして、後輩よ~。
ご馳走までしてくれてありがとう!
また九州に行ったらよろしくー!



風呂に入りすぎて、酒の吸収がよくなっていたのかな。。。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-09-10 21:17 | ★ゴチソウのページ
伊香保温泉番外 伊香保露天近くで鮎の塩焼き!~群馬渋川市~
c0055515_1123596.jpg伊香保温泉の所在地が渋川市というのに、
まだどーも違和感を感じます。。。


c0055515_11231962.jpgそれはさておき・・・、
伊香保温泉といえば伊香保露天というくらい有名な露天風呂。
この伊香保露天に温泉街からユク道すがら。
いつも興味をそそられてしまうお店があります。
どんな名前か未だに知らないですが。。。

このお店では大分前に、天ぷらを食べておいしかった記憶があるんですが、
最近この前を通ると食べてしまうのが、この鮎の塩焼き(500円)。

c0055515_11233929.jpg
c0055515_11234631.jpg


炭火で焼かれた鮎は、陽気な店主自慢の天然鮎。
「うまいっから、わたまで全部食べてみな!」
この言葉を信じ、何から何まで余すことなく食べられてしまった鮎は、
もちろんわたの苦味なんかもなくて(驚き!)、ヨロコビの記憶と共に
腹の中へと姿を消したのでした♪

店にある地酒の船尾瀧と共に、いつかこのゴチソウを食べてやる~~~。

※注:実際に行ったのは6月初旬です。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-08-12 11:25 | ★ゴチソウのページ
HOTEL OPA VILLAGE(オーパヴィラージュ) ~千葉館山市~
c0055515_10165196.jpg館山にあるホテル、オーパヴィラージュ。
日々の忙しさ(=シゴト)を忘れ去り、ゆっくりのんびりできるとこってないっ??
・・・という思いから、泊まりで出かけたい虫がうずきました。

とりあえず、財布の中身を確認。無事ボーナスも出たので、ひとまず安泰なのを確認。
飲み会の数を二回くらい減らせば大丈夫そうです。

房総半島の最南端。野島崎から10分ほどのところ。
フラワーラインと呼ばれる道から少し入ったところに、オーパヴィラージュはあります。

最初すぐ手前側の施設か?と間違えましたが、大丈夫、そのすぐ奥でした。
海からはすぐではあるものの、少し入るので眼前に海はありません。
ただ、少し入っているおかげで、かえって雑音が届かず、
いろんな野鳥の声がする、風の音を感じる、要は自然の音をたっぷり聞くことができる
外界から離れた独特の空間。そんなところ。
(ほとんど周りにはなにもないので・・・)

c0055515_1017955.jpg


ホテルスタッフの印象もよく、館内は清潔。
庭もよく手入れされていて「すごいなぁ」と。全体的によく行き届いています。
ココはアロマルームもあって、客室にはアロマライトも。
のんびり気分を味わうにはよい演出でした。

c0055515_10172371.jpgこちらは貸切風呂です(南仏風呂)。
ココは敷地内に全部で4つの貸切風呂があり、
内鍵を掛けて入るため予約不要となってました。

ちなみに、どうやらワイン風呂が一番人気らしく、
今回は入りそびれました・・・


c0055515_10174894.jpgc0055515_10175654.jpg


あと、ライブラリがあって、ここには少し古いですが、漫画や小説がズラリ。
庭にハンモックがあったので、「夏子の酒」をそこで読みました。やはり面白い~♪

そして、目当てのディナーはこんな感じでした。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-07-08 11:08 | ★ゴチソウのページ
かつ徳  軽快なかつで今日は軽やかにかつ  ~千葉松戸市~
c0055515_13303728.jpg今日に控えたW杯日本戦。夜明け前に続いて、次は何にいこうか?
こうなったら、もうコテコテのこれしかないかな、と。
酒だったら、「開運」とか「来福」だとか「勝駒」とか思うついたのですが
いかんせんどれもすぐ買えるお酒ではない!!ということで…


c0055515_13311840.jpg松戸五香にあるとんかつ屋さん、「かつ徳」に行ってきました。住宅街にあるとんかつ屋さんで、店内はテーブル席が4つとカウンターで、お店のご主人が一人で調理を担当して切り盛りしているお店でした。

メニューはかつを中心に、メンチカツやエビフライまで定食でいただけます。
また、肴もあるので、お酒もかなりいけちゃいます。困った困った。
日本酒は、田酒<特別純米>と越乃景虎<本醸造>、そして真澄<純米吟醸>があって、ひじょーに飲みたい気分に駆られたのですが、クルマだったことに気づかされ、あえなくガマンすることに。忍耐力の訓練です。


どれを注文するか?迷ったものの、金欠気味のためやむなく一口かつ定食(850円)に。
ホントはロースかつやヒレかつの定食に目が向いてたんですけどねぇ。仕方なし!
「最初だから様子見なのだ」と、心を取り繕う事に。

お店は混んでいて、満席。席が空いてもすぐに次のお客さんが…
といった感じで、一人でやっているので少し待つのは仕方がないところです。

c0055515_13324252.jpg
c0055515_13325383.jpg


運ばれてきた一口かつは、思っていたよりボリューム感あり!
ころもがカラっとあがっていてとても"軽快"
噛んで弾けるころもの音も軽やかシャクシャク。
かつの弾力あるやわらかさも素晴らしくって、
ロースかつよりヒレかつを頼みがちな自分が渇望しているものがそこにはありました。
大満足です。

c0055515_13334651.jpg


こちらは相方の頼んだチキンかつ(850円)。
デカイです。臭みなんかあるわけなくて(鮮度よし)、ジューシーでこれもうまい。

よく考えたらコストパフォーマンスも高いです。混んでるのも納得。
次はヒレかつの定食にランクアップできるといいなぁ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-06-18 13:37 | ★ゴチソウのページ