ブログトップ
箱そば そばぜん  ~群馬県渋川市~
c0055515_0382920.jpg
草津や四万からの帰り道。
金島温泉富貴の湯もある通称日陰道を通って渋川市に入るとあるおそば屋さんがそばぜん。
「そういや、なんかいつも混んでる店だなぁ」
そんな印象を持っていたそばぜんに行ってみることに。
悪友情報によると量も多いとのことだったので。

そばぜんは名代箱そばというのが名物とのこと。
しかし、そばだけでなくうどん、そして各種定食まで、ひじょーにメニューが多い。
そして、なんとなく全般的にお安い印象の価格設定。
後ろの客が言ってたけど、「迷う」。この一言に尽きるのでは。

いろいろ目移りしそうになるも、ココは初志貫徹。「そば」を注文。
入り口脇には石臼製粉マシーンもあるし、打ちたてというアピールも見えるし(ただし手打ちかは不明)。
でも、隣の客のカキフライ定食やら、けんちんうどんなぞが隣の青芝攻撃を・・・
が、しかし。
結局、「囲みそば」1,575円(確か)と「きのこ天ぷら」735円(確か)を注文。

せっかくだし箱そばをと思ったんですが、どの程度の量なのかを聞いてみたところ、
「1.5人前程度です。お二人でお召し上がりでしたら、囲みそばもよいかと」
という店員さんのお言葉があり、素直にそれに従うことに。

c0055515_0385065.jpg

さて、先に運ばれてきたサラダをつまみつつ、薬味に
「スゴイ量だな」と若干の驚きの目線を落としていると・・・
運ばれてきた囲みそば。
見た目にも分かるスゴイ量。
普通のそばに、少々の韃靼そば、そしてうどんがのってます。

c0055515_03925.jpg

まずはうどんから。これがん~いい感じ。
そしておそば。
量を多く出す店にありがちな大味なそばではなくて、しっかりとしたお味。
少し甘めの印象のつゆにつけてツルツルっと。
「ん~これはいいねぇ」なんていいつつ、食べるペースは自然とあがったのでした。

c0055515_0391959.jpg

後から登場のきのこ天ぷら。
これもまた見た目にスゴイ量。
まいたけ、しめじ、えのきにピーマン、なす、かぼちゃの野菜天までついた、
ボリューム満点の一品。からっとあがってます。
えのきの天ぷらってあまりお目にかかったことがないですが、けっこう香ばしいもんでした。

ということで、満腹となった後メニューを物色して店を後に。
「次は何にしよう」と。



■そばぜん

住所:群馬県渋川市元町560-2

電話:0279-24-4585

営業時間:・・・調査不足
[PR]
by eratomoeratomo | 2008-02-04 00:42 |  ●蕎麦のページ