ブログトップ
大観峰 つかの間の九州③  ~熊本阿蘇市~
c0055515_10145882.jpg地獄のような印象すらある噴火口から、草千里ヶ浜を通りぬけ、
阿蘇の外輪山、その山容を左手に眺めながら次に向かう先は阿蘇の大観峰。
936mの標高は外輪山の最高峰。

阿蘇五岳(高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳、根子岳)に臨むことができるこの場所は、
かつては大観峰という名ではなかったんだとか。
その眺めの素晴らしさに、高校あたりの教科書に出てきた
明治・大正期の歴史家・評論家徳富蘇峰がそう名づけたそうです。

c0055515_10151452.jpg


大観峰はその駐車場からしてすでに素晴らしい眺め。
そして、そこから少し離れたところにある大観峰のまさにその"地点"に行くと、
さらにスケールが大きく大きくなっていきます。

c0055515_10154379.jpg
c0055515_10154918.jpg

こちらは大観峰の東側。外輪山が右手に巻いていき、その先は地平線。
どこまでも広がっちゃってる??これって、という印象のとにかく広い眺め。

c0055515_10172769.jpg
c0055515_10173780.jpg
c0055515_10174387.jpg

こちらは大観峰の上から西側、南東側、そして北側。
五岳のうち二つばかしは姿を見せてます。
西側は外輪山の空を仕切るようなまっ平らな山容が特徴。

ちなみに正面の阿蘇五岳方面は、崩れてパラついてきた雨の雲に阻まれ
満足に眺める事ができませんでした・・・・。多分素晴らしいんだろうなぁ。。。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-09-02 10:24 | ★オデカケのページ