ブログトップ
第88回全国高校野球選手権大会決勝 駒大苫小牧×早稲田実業
c0055515_053274.jpg今日の決勝戦、球史に残るものすごい試合でした!
そして、球史にだけでなく、
自身の心にも間違いなく残り続ける、強烈な試合でした。



駒大苫小牧田中投手、早稲田実業斎藤投手、両投手一歩も譲らぬ投げ合い。
そしてこの試合、一番印象に残ったのは、なんと言っても最後の15回オモテ。
駒大苫小牧最後のバッター、4番でキャプテンの本間外野手に対しての
早稲田実業、斎藤投手の投球内容。コレには正直鳥肌が立ちっぱなしでした・・・


15回オモテ。2アウトランナーなし。
バッターボックスの本間に対し、斎藤は渾身の投球。
絶対に塁には出さない、という思いが球に乗り移らんばかりの気迫。
初球から3球連続でストレート。147km/h、143km/h、147km/h!
170球を超える投球をしてきたピッチャーとは思えない球。
しかし、すべて外れ、カウントノースリー。
ここからがすごい。まだまだ直球勝負!ストレート、ストレート。
2球ともこれがストライク!146km/h、146km/h!
こうしてカウントはツースリー。次に投げた決め球は・・・フォーク。
本間のバットは空を切った・・・。
すごい勝負だった。

そして、15回ウラ。田中も負けていない。素晴らしい投球で、引き分け。



あぁ、明日の試合を見ることができないことが、残念で仕方がないです。
でも、とにかく、両校とも、ベストを尽くしてがんばれ!
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-08-20 23:58 | ★なんでもないページ