ブログトップ
春鶯囀のかもさるゝ蔵 萬屋醸造店  ~山梨増穂町~
c0055515_2365946.jpg神明の花火大会の会場、山梨県の市川三郷町からは富士川をはさんで反対側。
増穂町にある蔵がこの「春鶯囀のかもさるゝ蔵」、萬屋醸造店です。
今回、花火大会前に国道52号沿いにある、酒蔵ギャラリー「六斎」に行ってきました。
W杯の頃に飲んださらさら純米吟醸の味を思い返しながら・・・

c0055515_2372498.jpg


白壁土蔵といった外観の六斎ですが、一歩中に入ると・・・
洗練された雰囲気のギャラリーになってました。

c0055515_23163339.jpgc0055515_23164043.jpg


そして、春鶯囀のお酒について、400円で試飲ができます。
というわけで・・・試飲をしないなんてことはできるわけもなく、もちろん飲んだんですが・・・♪

c0055515_2373813.jpg


それにしても。
いや~、試飲できる銘柄がすべて純米酒!
これはちょっとびっくりでした。

なんでも、この萬屋醸造店の全生産量のうち純米酒の占める比率は
79%なんだそうです。
さらには、昭和51年の時点ですでに糖類添加のお酒の製造も全廃。
品質向上に余念のない蔵です。

c0055515_2375758.jpg


試飲できる銘柄は、純米吟醸の「富嶽」「春の宵」「六斎(蔵限定)」。
純米酒の「春鶯囀」「鷹座巣」「純米旨酒」「純米酣酣酒」「夏のなまざけ」。
にごり酒の「穂の雪」。これに蔵出し生原酒の「純米大吟醸」「純米吟醸」「純米酒」。
そしてもちろん、純米大吟醸「春鶯囀のかもさるゝ蔵」。

ここの蔵の酒は、かなり好みの味。
やわらかな飲み口で、含むと米の味がしっかり。
さらに、蔵の人が「鷹座巣」と「純米旨酒」をそれぞれ45度、55度で湯煎してくれました。
これがまた、美味い!!!
味に一層丸み・ふくらみが出て、夏の暑さも忘れる?味わいでした。
暑い時に熱い酒、これもまた一興!ということで。

c0055515_2381029.jpg


できる事なら、春鶯囀のかもさるゝ蔵をお持ち帰りしたかったのですが、
米の味しっかりで燗も楽しめお値段手ごろな「鷹座巣」。
そしてあえて米をあまり磨かない事で、米の旨みを出した「純米酣酣酒」。
これを購入。お酒についてはのちほどじっくりと。今から飲む日が楽しみ♪

c0055515_2384131.jpg
c0055515_2382732.jpg


写真の稲は萬屋醸造店が地元での栽培に尽力する、酒造好適米「玉栄」。
このお米は純米酒「鷹座巣」の原料米です。
下の写真は、銘柄名を「一力」から「春鶯囀」に変えることとなった与謝野晶子の詠んだ歌。
昭和8年に蔵に訪れた際に詠まれた歌とのことです。



■萬屋醸造店

山梨県南巨摩郡増穂町青柳1202-1
 
TEL  0556-22-6931

六斎は10時~17時(試飲は400円で試飲のグラスは持ち帰り)

公式HP:http://www.shunnoten.co.jp/
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-08-08 23:17 | ★お酒のページ