ブログトップ
魅惑の北区ツアー終了 鯉とうなぎのまるます家 ~東京北区~
c0055515_0533051.jpg20時ちょっと前に入ったまるます家。
店内はとっても盛況!かつ活気があります。がやがや。
いいな~この雰囲気♪

カウンター席を中心とした店内。
カウンターの中のおばちゃん達が、とにかくてきぱきとよく動きます。
そしてよく気が付く。
すごいです、これは(以前紹介した味安にちょっと雰囲気が似ています)。


とりあえずの一杯は生ビールの大(⇒マジでかかった。ちなみにここの生ビールは大と小ですが、
小は普通のお店の中に相当するので、ワタシはなんかうれしい)。

かんぱーい、とここから始まってとりあえずまるます家の看板どおりに鯉のあらいを注文!(確か400円)
まるます家の看板には「鯉とうなぎのまるます家」とあるのです。
(ちなみにまるます家、一品料理の品数、かなりすごいです)

c0055515_053558.jpg


ん、うまい。味噌ダレがまたいい味。泥臭さなんてのはもちろんなし。
コレはビールでなくて焼酎とか日本酒で行きたいな♪
ということで、ビールをさっさと片付け、芋焼酎五代に突入。
隣の悪友は日本酒富久娘を注文。おばちゃんに、「とびきりかわいい娘よ~」とか言われてた…(^^;

そして、さらにつまみに看板のもう一方の鰻の一品、
「鰻のカブト焼き」を注文!(確か200円) ↑上の写真に載ってます

カブト焼きは、一串に鰻の頭5つを指した串焼き。
これもまた酒が進みます。ん~これは当たりのつまみ。

こういうのを引くとドロ酔いどれコースなんですが、このまるます家。
入った瞬間に誓いを立てなければいけません。
「まるます家だけのお約束 お酒は三本まで」

まぁ、というわけであと残りは一杯。。。
目の前に飲んだ分だけ、おばちゃんがプラスチックの串を置くので
本数は一目瞭然。まぁ隣の悪友はこの串でつまみを食べてましたが…。

c0055515_0552275.jpg


この後揚物好きの小生、昼にとんかつを食べたにも関わらず、
目の前を過ぎていった何やらとってもデカイ物体に目を奪われ、
ジャンボメンチ(500円⇒かなりデカイ)やら、里芋揚げなんかを食べて、
もう一度焼酎を飲んで終了。
お酒の種類は多くないですが、正直このお店ではそんなのはどうでもいいなと思いました。

c0055515_0555070.jpg


結局誓いのおかげで、なんだかんだでキレイに終える事ができました。
お会計は正確な金額を覚えてないものの、多分一人で2500円ちょっとだったかと。
また近いうちに潜入してこようかと思ってます。



■まるます家

住所:東京都北区赤羽1-17-7

電話:03-3901-1405

営業時間:9:00~21:30

定休日:月曜日
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-04-06 00:57 | ★ゴチソウのページ