人気ブログランキング |
ブログトップ
ヴァンスの旧市街  ~フランス旅行記⑤~
c0055515_022799.jpg
c0055515_0222096.jpg

ヴァンスの長距離バスターミナルに着いたとき、正直「あれっ?」と思ってしまいました。



サンポール・ド・ヴァンスのバス停に、ヴァンス行きのバスは
定刻より7分ほど前に到着し、自分ら2人を乗せ、
そのままためらいもなく、すぐに出発しました。
「日本と違うなぁ」
と異国情緒を変なところに感じながら、10分ほど、山道に揺られます。

日本のバスよりかなり平均スピードが速いバスは、
ぐいぐいとヴァンスへ向けて走ります。
サンポールからヴァンスまでは10分ほど。しかし、歩いて行こうとは思わない距離。
ちょうど谷を挟んでいるし、登りだし、想像以上に距離があります。


c0055515_0224431.jpg
c0055515_0225310.jpg

ヴァンスに到着したときは、正直「え、ここが?」と思っていて、
終点だとは思ってませんでした。まだバスに乗り続けようとすらしようとしていました。
あまりにもイメージと違っていたので。
そもそもバスターミナルと聞いていたけれども、そこにあるのは「普通のバス停?」
それに勝手な想像とは違い、そこは何の変哲もないビルの見える、なんだかぼやっとした風景。
そんなににぎわっている風でもなく。しばらく目指すヴァンスがどちらにあるのか見失ったほど。

しかし、その割りに車が多い。
もっとのんびりした田舎町を想像していたけれど、
人口が2万人弱ともなると、やはりそれなりに大きな町になるようです。

気を取り直して、旧市街方面へ向かうAvenue de la Resistanceを見つけ、
この通りを東へ5分ほど歩く。この道も割と車通りが多い。
そして、ありましたモノプリ(フランスのスーパー)。
さらに進むと広場があり、インフォを発見。ここで地図をもらう。


c0055515_0232095.jpg
c0055515_0331128.jpg

早速地図を確認すると、目指す中世の町並みは目前。
インフォから東へちょっと歩くとありました。城壁に囲まれた中世の町並みが。
この雰囲気は、隣のサンポールと同じ。


c0055515_024442.jpg
c0055515_024562.jpg

城門をくぐると、そこには大きな豊富な水をたたえた泉。
泉の先にはちょっとした広場があります。
昼下がり過ぎた広場は、もう昼食時間でもなく、やや人も少なめ。


c0055515_033015.jpg

城壁の中は車もなく、急に静かでのんびりとした雰囲気に早変わり。
旧市街はサンポールと同じ位の広さでしかなく、30分も歩けば
ぐるっと一回りできるくらいの大きさ。
ただ、その古い町並み、石畳の道。どこか落ち着いていて、
サンポールと似た感じではあるんだけど、どこか違う。
自分には、こちらの方がいい意味で生活感が感じられ、テーマパークっぽさが少ない。
どっしりとした町の息づかいをより感じたのは、こちらの町でした。


c0055515_043538.jpg

やや閑散とした町の中で、ひときわ混んでいたレストランがあり、
気になりその前をウロウロ。しかし、あいにく全席満席っぽい。
そしてお店の人も見当たらない。目に入るのは客ばかり。

ただ、席が空くのを待って料理を食べて・・・というまでは自分たちには時間がない。
仕方なくこちらのお店は次回の課題にして、やや駆け足でヴァンスを後にしました。


今回は時間の関係で早々に後にすることになりましたが、
次はゆっくりと、なんなら泊まりで来てみたい町です。ロザリオ礼拝堂も残してるし・・・




c0055515_035366.jpg

なぜかこけし?が・・・


ニースへの帰りは、直行の94番のバスを利用します。
このバスもまた早かった。異様に。
日本のバスでは考えられない速度で、ヴァンスを後にしてニースへとひた走ります・・・




c0055515_0355650.jpg
c0055515_0361887.jpg
c0055515_0362920.jpg
c0055515_0364463.jpg
c0055515_036567.jpg

by eratomoeratomo | 2011-01-29 00:47 | ★海の向こうへ