ブログトップ
2年ぶりのニース  ~2010年フランス旅行記③~
c0055515_23244167.jpg

ニースには2年ぶり。
時期も同じく冬。ただ違うのは天候。
前回は南仏のイメージそのものの太陽からの光降り注ぐ、明るいニースだったが、
今回はヨーロッパの冬のイメージそのものといった、どんよりグレーのニース。

無事、成田からの荷物をピックアップし、ニース市街地行きののバスへ。
空港からニースまでは98番と99番のバスが出ています。
99番はニース駅行きのバスで、バスターミナルへは98番のバスが向かうので、
98番のバスに乗ることに。まずは、チケット売り場で乗車券を購入。1人4ユーロ。
このチケットはニース近郊のバスやトラムの1日乗車券になるのは前回と一緒。

バス停に向かうと、バスはすぐに来て、
今回到着の第二ターミナルからは、お隣の第一ターミナルを経由してニースへ。
第一ターミナルに着くと、しばらくバスは停車。
このバスは、空港行きのバスがそのまま折り返しニース市内行きとなるので、
ここで発車時間調整をしているらしかった。


c0055515_2325553.jpg

10分ほど待ってバスは発車。
ニース市内までは地中海沿いの3車線道路を20分位。そこそこ距離がある。
バスはニースのバスターミナルまで乗って、とりあえずデカイ荷物を預けに、宿泊予定のホテルへ。
今回は、海沿いのホテルではなく、現実性を重視して、市街地のホテルを予約。
ニースの長距離バスターミナルは、海岸沿い(プロムナードデザングレ沿い)のホテルからだと、
割かし歩かないと着けないので、ターミナルから歩くこと7分ほどのところにあるホテルにしたのでした。
ホテルは確かにそれくらいの距離にあり、古い建物だけど清潔感があり、
フロントの男性の対応もよく無事大荷物とお別れ。
身軽になって再びバスターミナルへ。


c0055515_23252084.jpg
c0055515_23285558.jpg

ニースの長距離バスターミナルからは、
カンヌなどの近郊の都市や、エズ、サン・ポール・ド・ヴァンスといった鷲巣村へのバスが出ています。
初日のこの日は、少し考えた末、天気も曇りということもあり、
山あいのサン・ポール・ド・ヴァンスとヴァンスに向かうことにしました。
こちらへ向かうバスは400番のバスか94番のバス。
94番はヴァンス直行でサン・ポール・ド・ヴァンスには寄ってくれないので、
時間的にもピッタリ、11時出発の400番のバスでサン・ポール・ド・ヴァンス経由で行くことにし、
早速乗り込みます・・・

事前の情報だと、ヴァンスへは空港で購入した1日乗車券でいけるらしいけど、
サン・ポール・ド・ヴァンスのところだけは、別の会社路線?扱いになっているらしく、
サン・ポール・ド・ヴァンスで降りる場合は別料金?なんてうわさがあり、
そういや確かに時刻表上、サン・ポール・ド・ヴァンス周辺のバス停の表記の色だけ、なんか違う・・・

でも、

「まぁいいか」、

とオレンジ色のシャツの若い運ちゃんにチケットを見せると、

「乗っていい」

ということなので、そのまま乗っちゃうことに。乗っちゃえばこっちのものだし。特段問題なし。


ちなみにニース近辺のバスはけっこう安く、
このサン・ポール・ド・ヴァンス行きも、どこまで乗っても基本1ユーロ。
空港からのバスだけなぜか4ユーロで一番高い。でも、1日乗車券を買う扱いなので、
まぁいいかと納得できるレベル。遠くカンヌやマントン、モナコまで行っても1ユーロ。
それなりに滞在期間が長い場合は、7日券15ユーロなんてのもお得かも(今回買えばよかった・・・)。

c0055515_23254174.jpg
c0055515_23255277.jpg
c0055515_2326333.jpg
c0055515_23261343.jpg

バスはニースからは40分ほど。
ニースからは再びプロムナードデザングレ沿いに出て、
空港脇をかすめ、カーニュ・シュル・メールを通り、といったちょっとしたショートトリップの後
サン・ポール・ド・ヴァンスに到着。ここまで来るとけっこう標高も上がり山も近くに。
そしてけっこう寒くなったように思えます。。。
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-01-13 23:29 | ★オデカケのページ