ブログトップ
ゆくとし くるとし 野沢温泉
c0055515_0372926.jpg
c0055515_0375999.jpg
c0055515_0381044.jpg
北信州野沢温泉で迎えた今年の正月。



c0055515_0405159.jpg
c0055515_05186.jpg
c0055515_0415315.jpg
年末年始の野沢は大勢の人。



c0055515_0383149.jpg
c0055515_0385959.jpg
c0055515_0391584.jpg

大晦日の10時頃から降り始めた雪は、
それはそれはもんのすごい勢いで、
やや雪不足気味だった野沢温泉スキー場はもちろんのこと、
野沢の街並みまでありとあらゆるものを、
「白で飲み込んでやるー」
と思ったかどうかは知りませんが、
とにかくすごい勢いの白で野沢温泉は埋め尽くされました。



c0055515_0393471.jpg

ゆく年最後の一湯、熊の手洗湯。


ここにたどり着く道のりは、今回が間違いなく一番長かった。
それゆえに待ち遠しかった熊の手洗湯の湯は、それこそホントに体の芯まで染み渡りました。


行こうとする2009年。
いつもどうりとうとうと涌き続ける湯。
年末の観光客が去った後、しばしの静けさが戻った熊の手洗湯。
しぃんとした空間に、湯の注ぐ音だけが響いていました。
幾度となく来ているのに、このときはいつにも増して静けさがしみいりました。
血が全身を走るのをリアルに感じ、ほっと一息。心地よい時間。

そして満を持して雪の降りしきる寒空の下へ。
祈りを伝えに、白さが増す雪の坂道を登ります。




c0055515_0395822.jpg
c0055515_0401110.jpg

「また来年もこの湯に無事入れますように」
[PR]
by eratomoeratomo | 2010-01-01 00:48 | ★温泉のページ