人気ブログランキング |
ブログトップ
精をつける 魚登久のおけまぶし  ~栃木県日光市~
c0055515_23582114.jpg
c0055515_23584463.jpg
c0055515_005656.jpg



松月氷室のご近所さん

ということもあって、
つい、今市に行くと、というか日光方面に行くと、
ここと氷が切っても切れない関係になっておりやす。

魚登久も久々。
だからうなぎを食べるのも久々。
なかなかうなぎ・・・という値が張る食べ物を、
知らん店で食べることができず、最近はうなぎ=魚登久ということになっとります。


お昼の営業ぎりぎり、準備中の看板が、今すぐにでも出ます、
というか出しかけていた状態で、駆け込みで訪問。
快くお店の人は案内してくれました。危ない危ない。


お店に足を一歩踏み入れると・・・
相変わらずの五感がすべて、
感性から毛穴まですべてが開けっ広げになってしまう
かぐわしいかほりが全身を襲撃します。

c0055515_23592615.jpg
c0055515_23594560.jpg



そしてさっそく定番のおけまぶし(¥4830)を注文。
一人前だとうなまぶし、二人前だと桶に入って出てくる。
なのでおけまぶし?かどうかはしりませんが、
桶にたっぷりのウナギとご飯。
これを茶碗によそってだし汁をかけて
薬味を落としていただく。
まず最初にウナギ丼っぽく食べて、途中から
だし汁少なめ、そして最後は多め、という感じで、
食べ方に変化をつけて食べることができるお気に入りの一品。

足が遠ざかっていた感に値上げがあったみたいで、
ちと高くなってたけど、やはり味が濃すぎず、甘すぎず、
うなぎのうまさ際立つこのおけまぶしはやめられまへん。

もしこの魚登久が近くにあったらやばいでしょう。
次こそは、ほかの魅力的なメニューにも
手を出したいもんです。
と思ってから何回行ったか。毎回根性無し・・・
by eratomoeratomo | 2009-06-16 00:01 | ★ゴチソウのページ