ブログトップ
東京発熊本終着地獄行き④ ~立野名物ニコニコ饅頭~
c0055515_11195122.jpg


熊本から進路を一路東へ。
阿蘇近辺に近づいてくると、上り坂が目立つように。
そんなか、国道と並走するように走っているJR九州の豊肥本線は
急坂を登るためのスイッチバック区間に入ってきました。
 ★ちなみに豊肥本線は字面そのまんま、ホウヒホンセンと読みますが、
  ホウヒと聞くと笑ってしまいます。毎回。まぁかなり昔の学生時代、
  某国語の教科書に載ってた太宰治の富嶽百景での一節が思い出してしまいます。
  「放屁なされた」 どうでもいいことですが。
  ということでこの豊肥本線の豊肥は、旧国名、大分県の豊後(ぶんご)と
  熊本県の肥後(肥後)とを結ぶ鉄路に由来するものだと思います(多分)。
  字が違います、そもそも。

 

ある意味テツ旅を満喫することも目的の一つなんで、
まぁ表敬訪問をしとこっかということで寄り道。


c0055515_1120177.jpg


スイッチバック区間の下側(麓側)の駅は立野駅。
ここからは旧国鉄の高森線を引き継いだ南阿蘇鉄道も出ています。


山間の小駅のここの駅前には
とある名物饅頭があるということで
早速買ってみることに。

c0055515_11201752.jpg
c0055515_11203138.jpg
c0055515_11203713.jpg


その名もニコニコ饅頭という謎の饅頭は、
創業明治40年というからもう百年も続く伝統の味。
小ぶりなお饅頭が8個入っていて350円というお手ごろ価格。
年配のご夫婦の手づくり感たっぷりの熱々をいただくと、
これがどこか甘酒を思わせる懐かしい味。
甘いんだけど割とはっきりとした酸味が効いていて、
気がついたらカロリーオーバー・・・という危険な饅頭でした。
c0055515_11245340.jpg




そういうわけで、大盛りラーメン、そして饅頭と
今日の夕飯のことをちっとも考えずに、またまた一路地獄温泉へ。
看板に従って進んでいくといよいよ道は急坂、そして心細くなるくらいの細道に。


c0055515_1125933.jpg
c0055515_112523100.jpg


途中、垂玉温泉そばは綺麗な紅葉。
少し愛でつつとうとう地獄に到着。
果たしてそこはどんな温泉なのか。


c0055515_11253950.jpg
c0055515_11255290.jpg

c0055515_11261100.jpg

[PR]
by eratomoeratomo | 2009-01-31 11:29 | ★オデカケのページ