ブログトップ
タグ:情緒湯 ( 53 ) タグの人気記事
草津温泉 煮川の湯 ~あの大滝乃湯の源泉~
煮川の湯は、町営日帰り湯である大滝の湯の手前にある共同湯。
c0055515_22462373.jpg

実は旅館などではお目にかかれない煮川源泉をひく。
共同湯のあるところのすぐ裏手がどうも源泉らしい。湯煙がもくもくだ。

この日は朝イチで行ったため、
まだだれもいなくて
貸しきり状態に。

木で作られら浴室浴槽は、
黒光りしてそして成分の
硫黄がこびりついていて
とてもよい感じだ!!!
(大きさは目一杯で大人4人くらいか)

浴室の中はとても強い硫黄のにおいが立ち込めていた。
c0055515_22464778.jpg
で、いざ、若干白くにごった湯に浸かる。

案の定というかやっぱりだ。

・・・ドバドバ源泉が注がれていたからヤバイだろうなと思ってたんだよなぁ。

もうめっちゃ熱い。
とてもじゃないが三分も入るのは至難の業だ。
しかも一番湯が注がれているところから遠いところに入ったのにダメなのだ。

熱いとはうわさで聞いていたが、
そのうわさに違わぬ熱さだった。

ということで、体を真っ赤にさせただけで退散。
実際効くのだろうか??

それがわかるのは、
もう少し感覚が大人になるまで
待たないとだめなのかも・・・しれない。


★成分分析表の掲示がなく詳細な成分は不明。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-03-01 23:27 | ★温泉のページ
伊香保温泉 千明仁泉亭② ~ちょっくら日帰り~
 千明仁泉亭の日帰りは大人1000円(1時間)で13:00~17:00まで。

 ところが、どこにも日帰りを感じさせる表記がなく、時間的にも13時ちょうどのためヒトケもなく、ホントに日帰りできんの?と若干不安に。。。

 まぁ、ここまできてきびすを返すのも何なんで、いざ中へ。
 フロントで代金を支払い、宿の人から露天か内湯かを聞かれたので
 まずは露天へ行くことにした。


 露天風呂は玄関のある建物から、広そうな部屋を横目に見つつ、一旦下履きに履き替えて渡り廊下をちょっと下へと降りた先にある。こういうちょっとした廊下なんかが個人的には好きだったりするのだ★


 ここは露天の手前にちょっとした休憩スペースがあり、風呂上りに休むことが出来そう。男女別の露天風呂はその奥にあった。

 露天風呂だが、小さな内湯スペース(1.5M~2M四方くらい)と洗い場、
 そしてサウナを併設していて結構広い!
 高台に位置しているため、前方が開け眺望もよい!
 (この日は曇りだったが、晴れだったらさぞいい眺めだろうなとイメージ先走り)

c0055515_034313.jpg 露天風呂は岩風呂で思っていたより大きなものだ。そこに伊香保の黄金の湯がそれこそドバドバと注がれている。感動の一瞬だ!早速湯に浸かる。ん~気持ちいい。思わず寝てしまいそうだ。手ごろな岩もそこここにあるし。こんなのがあると頭を預けて一寝入り・・・なんてしちゃうんだよなぁ。


c0055515_0351295.jpg
 てな感じでかなり気に入ってしまった。
 今度は晴れの日に来てみたい。

 ちなみに源泉温度が40度チョイということもあって、温泉の温度は温め。
 じっくり入れる。ただ冬場は寒いかもしれない。
 しかし、温泉自体は「泉温」自体の熱さに頼らない芯から暖めてくれるものなので、心配はいらないだろう。

つづく。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-02-22 00:37 | ★温泉のページ
鹿沢温泉紅葉館 初回訪問時  ~群馬嬬恋村~
c0055515_19233635.jpg鹿沢温泉の紅葉館に初めて行ったのは、2002年9月。
別冊宝島の本物の温泉、これに載ってる温泉を片っ端から
あちこち行ってみているときのことでした。当時もこの雲井の湯は
気に入っていたようです。再訪時の方がより好きになりましたが・・・・

c0055515_19232591.jpg

日本秘湯の会会員の宿で日帰りは500円。
見るからに古そうな建物で、中に入ると確かに古く(嫌な古さではないけど)、
風呂は階段を下りた奥まったところにある。
湯船は木で囲ったもの一つで、他に打たせ湯がある。
源泉の温度が45度であるため、やや熱めだ。
宿の人のオススメは半身浴であるとのこと。

湯船は4人ほどで一杯になる大きさだが源泉かけ流しで新鮮な温泉にタップリつかれる。
重曹泉なので、湯からあがりしばらくすると、イメージしていたほど強烈なものではないが、
肌がつるつるしているのが感じられる。それととってもあったまる。
ここは脱衣所のキレイさがちょっと・・・というところと、
温泉成分でお風呂が多少汚く見えるのが難点かな。
そこがクリアできれば間違いなくAAA。


温泉成分で浴室の床板が変色するのは、むしろ歓迎です。

2002年9月、初回訪問。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-01-31 00:00 | ★温泉のページ