ブログトップ
タグ:情緒湯 ( 53 ) タグの人気記事
湯宿温泉 金田屋旅館 開湯1200年の古湯 ~群馬新治村~
c0055515_0352678.jpg湯宿温泉は、国道17号沿いの旅館数軒からなる
ひっそりとした静かな温泉街だ。


c0055515_0354047.jpg金田屋旅館は、
かつては若山牧水も投宿した老舗旅館。
ホームページを見ると、
けっこういろんなプランが用意されているようで、
ちと楽しい感じ★

んなわけで、
今回は日帰りで訪問(大人600円)。


c0055515_0361522.jpg
なかなか雰囲気のあるエントランスとロビー。
なんだか、自然と期待が高まってく。


入り口脇が男女別の浴場になっている。
この日は男湯が岩風呂、
女湯がヒノキ風呂となっていた。


c0055515_039119.jpg
岩風呂のほうが弘須の湯、
ヒノキの風呂のほうが文殊の湯。
それぞれ名がついてるようだ。



c0055515_0395624.jpg
さて、肝心の温泉は窪湯源泉だ。
源泉温度が高いので、加水はあるものの、
温泉は掛け流しとなっている。
※浴槽に注がれるまでに、一旦湯を冷ますため
 写真の通りワンクッションおかれていた。


モノトーンを貴重とした浴室は、
広くは無いものの、清潔でとてもよい雰囲気。
三四人はゆったりつかれる浴槽は、
キレイな色の(岩というよりは)石でできている。

それは、ひょうたんのようななめらかな曲線で縁取られている。

その浴槽に注がれるきらきらとした湯が、なんとも新鮮で気持ちがよい。

ラッキーなことに貸しきり状態だった。ということで堪能×3♪
c0055515_0403940.jpg
温泉は飲んでみると、
・・・これまであまり飲んだことの無い感じ。
特に臭いは無く、味は・・・
硬質・・・硬い感じの味だ。
しょっぱくもないしさりとて苦くもない。
うまく表現できません。。。

浴感としてはややキシキシ感のある湯で、
湯船の中の温度は確かに高め。

浸かってホントほどなく汗だくになるほどよく暖まる湯だ。
c0055515_0415787.jpg

風呂上りには、浴室のすぐ前に
湧き水が用意されていて飲むことができる。
湯上りに飲む冷たい湧き水は、格別だった。

c0055515_042973.jpg
今度は泊まりでゆっくり来たいな・・・そう思った。

※ちなみに牧水が泊まった部屋は現在は談話室として使われているようです。
 (今回は人がいたんで行ってないけど・・・)

温泉成分はコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-09-02 00:53 | ★温泉のページ
草津温泉 極楽館 自家源泉を持つ老舗宿②
極楽館のお風呂は男女別の内風呂と貸切風呂。
貸切風呂は小さめ。
内風呂は2メートル弱四方くらいの石造りのもの。
そこに源泉がドバドバ注がれてはあふれていく。
これぞ「掛け流し」!!という感じの豪快なものだ。

c0055515_1464294.jpg湯温は草津にしては
温めの源泉のためちょうどいい感じ。


長湯ができる。

それに濃い・強烈といった印象の
草津の湯の中ではかなりマイルドに感じた。



草津の湯は苦手という人でも、この大日の湯は大丈夫そうな感じだ
(でも舐めるとやっぱり強烈にすっぱいけど)。

c0055515_1495159.jpg
大日の湯源泉はこの下から
湧いている。⇒


浴槽の底には湯花が堆積していて、
最初は湯は透明だ。
これをちょっとかき混ぜると
透明な湯は白濁する。

広くはないのだが
黒い木の壁に囲まれたクラシカルな浴室は、
独特の雰囲気がありとても気に入ってしまった。


ちなみにシャワーとかは浴室にないので、
設備を求める人には向かないかなぁ。


極楽館は部屋数が7部屋と少ないので、お風呂はずっっと貸しきり状態。
満喫できます☆

立地もよく料理もよし、お風呂もよし、
値段も高くないということで、気に入りました。

山本館とは異なる個性の宿なんで、
それぞれに合うシチュエーションで・・・、ぜひまた行ってみたい。

温泉成分はコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-06-25 01:55 | ★温泉のページ
遠刈田温泉共同湯 壽の湯 ~宮城県蔵王町~
開湯400年の歴史ある温泉、遠刈田温泉。
蔵王をはさんで山形側は、蔵王温泉・上山温泉といった名湯が。
そして宮城側は、この遠刈田温泉、青根温泉、峨々温泉、
ちょっと離れて秋保温泉といった温泉がある。

壽の湯は遠刈田温泉の温泉街の中心に位置する共同湯。
c0055515_0524365.jpg

ここの温泉の共同湯は、もう一つ
公衆浴場=銭湯チックのがすぐ近くにあったのだが、
木造のこちらのほうが、よさげな雰囲気を発していて、
なんだか呼び込まれているように錯覚し、
強烈に心惹かれてしまった。
ということで、こちらに。

入浴料は大人一人250円。
建物はそんなに古くはないらしく、中はけっこう綺麗。
やはり木の建物の雰囲気は非常によいなぁ・・・。

広めの脱衣所の奥には長方形の内湯が。
天井が男女でつながっていて木の仕切りがあるタイプ。
木造の共同湯ではよくある造りのものだ。
浴槽は黒光りした石造りで思いのほか広め。
奥行きは10mほどはあろうかというもの。
それなりに混んで来ても大丈夫な感じだ。

朝早くの入浴だったので、先客は一人だけだったので、
広々と湯につかることができた。

ここの共同湯は、綺麗なカランもついていて、
近代的。快適。共同湯ではかなりレベルが高いとても良い施設だ。

黄土色っぽくにごった湯を湛えた浴槽は、
浅くもなく深くもなくちょうど良い深さで快適。
ちょっと湯は熱め。
新鮮な温泉が湯口から勢いよく注がれ、
湯は掛け流しであふれている状態。
さっぱりした肌触りで、ややキシキシする感じを受けた。

熱くて長湯は出来ず、のんび~りとはいかなかったが、
とても良いお風呂・温泉だった。
また遠刈田温泉に来たら是非立ち寄りたいなァ。

ちなみに夕方~夜、前を通ったら
地元の人の利用が多そうで、混んでるようだった。

温泉成分はコチラ
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-06-22 23:46 | ★温泉のページ
鹿の湯 那須湯本温泉の共同湯 ~栃木県那須町~②
この打たせ湯、打たれてみると、浴槽と違って
ちょうどいい温度で実は・・・なかなか気持ちがいい。

c0055515_23383989.jpg
←入り口から川を挟んで立つ湯小屋。

それほど勢いよく出ているものでもないんで、長時間あたっていても痛くなったりしないし。

ということで・・・
思いのほか気持ちのいい打たせ湯でのんびりしていると、一番手前の温い浴槽によーやく入れるスペースが。
いざ潜入!

とりあえずわずかな隙間に身体を滑り込ませることにした。

まさにミルク色の濁り湯は、
「41度」と書いてあるとおりけっこう温め。
その表示温度より、人がかなり入っているせいか
もちっと温いようだった。
でも温めが好きなワタクシとしてはとても気持ちがいい。
これはのんびり出来そうだー。

  この那須湯本の温泉は酸性度の高い硫黄泉。
  だが、例えば草津の湯に感じるピリピリ感のようなものは、あまり感じなかった。
  むしろとってもマイルドな印象。
  さながらミルクに浸かっているようだ。
  ちなみに硫黄の臭いはけっこう強い。

しつこく長湯していると
さすがにすっかり温まり熱くなってきた。
周りを見渡すと人も若干落ち着いてきたようだ。
しばし上がって休憩。

次は44度の浴槽に入ってみた。
これは先ほどの41度のものと比べると、
やはりかなり熱い。入った瞬間から熱っっと感じた。
しかも体があったまっているものだからすぐにギブ。

ただ、温めが好きな人意外には(熱いのが好きな人には)
ちょうどいいかちょっと熱いくらいだろうから、
気持ちいいんでないだろうか・・。
実際、この中間の43度と44度の浴槽は、
湯に浸かっている人がコンスタントに多かった。

ということで、今回はこれで上がることにした。
なお、同行した友人が奥の48度の浴槽に浸かってみたらしいが、
一瞬で・・・・退散したとのこと・・・・。
相当熱かったらしい。
行かなくてよかったー。心底。

混んではいたがまた行ってみたい、
浸かりたい。
そんな温泉だった。
空いてるときないかなー。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-06-21 23:40 | ★温泉のページ
後生掛温泉 温泉沸きまくり、オンドルのある湯治宿 ~秋田県鹿角市~②
温度が選べるとなると、
熱い湯があましり得意でないため、
自然と火山の湯と泥湯を占拠?

火山の湯は下からぼこぼこ上がってくる
大き目の泡が体を伝うのが気持ちいい。
お湯は酸性が強い割には肌触りはやさしめで、
印象としては・・・万座の湯に近い感じ。
溶存している硫黄分のため、うすく白濁している。

泥湯も温めで、下からじんわり
暖められている感じで気持ちがいい★
そしてとっても肌に効きそうな感じ。
きめの細かい泥が角質を穏やかに
マッサージしているかのようだ。

c0055515_14233226.jpgとにかく湯量は豊富らしくざぶざぶ掛け流しでカランの湯まで温泉だった。
(ここの裏に後生掛園地がありそこから底知れぬ量の温泉が涌いている)


湯上りはとても温まり、体が脱皮したかのような
肌のつやつや感に大満足♪
確かにここに湯治に来る人が多いのもうなずける。

宿の人の話だと、ここに来るために
新幹線で日帰りで来る
気合の入った人もいるそうな。

まぁ、そこまではできないが、
冬場は旅館部でも3泊4日で25000円のキャンペーンを
やっているようで、ん~、マジメに行ってみよっかな。
と悩んだ。たぶん、そのうち行くことになるだろう。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-06-11 14:24 | ★温泉のページ
草津温泉 ~山本館~ ②
草津温泉山本館のお風呂は地下一階にある。
「若乃湯」といわれる山本館の内湯は、歴史が古いようだ。
かなり昔の草津温泉を描いた絵の中にも、湯畑のすぐ隣に若乃湯が描かれている。

c0055515_1334884.jpg

若乃湯というと、山本館からも近い
湯畑すぐの草津館の源泉と名前が同じ。
なにか関係があるのだろうか?
ちょっと調べてみたいが。。。


c0055515_1341192.jpg
脱衣所は改装したのかとてもきれいで快適。

チェックイン後一息入れてお風呂に行ったときは
まだ誰もいなく貸しきり状態。

らっき~★
c0055515_1344374.jpg
引き戸を開けて浴室へ。

浴室手前に入浴する人が使えるよう
手ぬぐいがたくさんおいてあるところなんかも
とても良い感じ。


c0055515_1374247.jpg
浴室は、とにかく
「ヒノキ」「ヒノキ」「ヒノキ」!!!
浴槽から壁、床まですべてヒノキだ。

そして天井が地下一階から一階部分まで
吹き抜けになっていてとても高い。

なんだか内湯なのに、それほど広いわけでないのにとても開放的な印象だ。
c0055515_1351265.jpg

高いところにある背の高い窓、
そしてその上にあるアーチ型の半円の窓。

どっかで見たような・・・

そう、法師温泉の大浴場「法師の湯」の窓かな。
あと四万温泉の積善館の「元禄の湯」にも。

大正時代って、これがトレンドだったのかな。

あと、洗い場のイスもびっくり。
でかい石だった(固定されているのか動かない)。
c0055515_1355015.jpg
こんな雰囲気の浴室にミルク色の白旗源泉が
ちろちろと注がれ掛け流しになっている。

もうこれだけでノックアウトです。




雰囲気がたまらなく最高で、
湯につかる前からドキドキしてしまった。
c0055515_1361969.jpg
温泉もつかるとすぐに肌がつるっとしてくる。
あぁ、溶けてる~といった感じだ。

刺激はそれなりに強いのと、
熱めなので長湯は危険そうだけど、
しばしこの素晴らしいお風呂を独占することが出来た。


のっけから超満足(^_^)o

つづく。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-05-28 13:37 | ★温泉のページ
白布温泉 火災から復興した東屋旅館 ~山形米沢市~
米沢から福島の桧原湖方面へ。
30分~40分くらい南へ下っていくと
ぽつぽつと数軒の温泉旅館が集まっているところが
白布温泉だ。

東屋旅館は平成12年の火災の類焼で、
文化財級の茅葺の建物を消失してしまい、
2年ほどのブランクを経て、新しい建物で復興したばかりだそうだ。

c0055515_093195.jpg


同じく火災で焼失した中屋は別館のみの営業で、
東・中・西とかつては並んでいた三旅館は、
東屋は新しい建物で再出発、
中屋は再建ならず、災禍をまぬかれることができた
西屋は昔のままで姿で営業・・・ということのようだ。

改めて旅館火災の怖さを感じた。
(以前宿泊したことのある修善寺温泉の金龍も
 最近ようやく別の場所で復興したと聞いている)

c0055515_0304377.jpg

日帰りは大人500円。
車を止め宿に向かう途中にすれ違った従業員の方も、
フロントの方の対応もよく、とてもいい印象の旅館だ。
なんかとても気持ちがよかった。

かつての東屋旅館を知らないので
比較はできないが、
木を基調とした「和」の造りの中に
さらっとモダンテイストを入れた感じ?
自分で書いててなんだか分けわかんないが、
こんな感じ。c0055515_0154970.jpg



今回入ったのは昔ながらの姿で再建なったという
内湯と新たに作られた露天風呂。他に石湯というお風呂もあるようだが、今回は入らなかった。



c0055515_0125667.jpg
内湯はもうそれはすごい湯量。
打たせ湯という形で頭上から3本、湯滝がドドドドドと流れ落ちて、それが浴槽の湯を外に豪快にあふれさせている。浴室の中はものすごい音だ。

まさに湯量豊富。




ちなみにちょっとお湯は熱め。
打たせ湯はまたさらに熱め。
これはずーっと、・・・体に受けるわけには行かないかも。

白い細かいカス系湯の花が
たくさん浮いている湯は成分が濃そうだ。

泉質としては石膏泉の東屋旅館のお湯は、
最初キシキシして滑りが悪い感じだが、
しばらくするとさらっ・しっとり・とする感じの、
そう沢渡温泉のお湯に、どこか似てた。



c0055515_0131542.jpg

そんなに内湯は広くないんだけど、
黒い石の湯船と木の壁がなんだかとても
よい雰囲気。
今まで入ってきたお風呂の雰囲気の中では、個人的にかなり好きだ。

この黒い石の湯船は、
縁のあたりなんかが、角角してなく
マイルドであまりにもナチュラルな
カーブを描いていて
年月を感じさせるものだった。

もしかしたら昔の、消失する前の場所に
そのまま再建したのだろうか?
そうだとしたら、再建した宿の努力・・・、
すごいな・・・

c0055515_0272895.jpg

露天は内湯に比べぬるめで入りやすい。
浴室の裏手に泉源があるようで、
そこから熱めの温泉を冷ますため、
いろいろと苦労しているようだった。

いずれにせよ湯量はかなり豊富なようだ。
今度はぜひ泊まりでお世話になりたい。

c0055515_0274893.jpg

[PR]
by eratomoeratomo | 2005-05-07 05:56 | ★温泉のページ
蔵王温泉 共同湯下湯  ~山形山形市~
蔵王の温泉街の真ん中下あたりに
あるのが「下湯」共同湯だ。

c0055515_22295146.jpg


蔵王には共同湯にあたるものが三つある。
「上湯」「下湯」「川原湯」がそれだ。

個人的には「下湯」が一番きれいな
印象なんで、また今回もここにした。
残り二つは・・・蔵王にゆっくり滞在できるときに
行こ・・っかな。

下湯の共同湯は、木の浴室、
木の浴槽、ともとっても雰囲気が
個人的に好みなのだ。

200円を入り口の貯金箱のような
集金箱に入れ中に入ると地元の人が
三人ほどいて、世間話に花を咲かせてた。

邪魔にならないようにすみっこに入る。

ほどなく三人とも風呂から上がり
貸切に。
贅沢な時間。

c0055515_22303861.jpg

今日はこないだと違って白濁してなかった。
若干青みがかった澄んだ湯だ。
そしてこないだより若干温め(といっても十分熱い)で
すこぉし、入りやすかった。

硫黄の臭いを感じながら、
ややピリッと来る熱い湯に入る。
熱いので長くは入れないが、
幸せなひととき。

しかし、ここの床はつるつる滑って危ない。
今回も、前回もコケそうになったわ。
覚えておかないと。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-05-05 22:22 | ★温泉のページ
宮城のいで湯 鳴子温泉滝乃湯  ~宮城鳴子町~
鳴子温泉の中心街にある共同湯、滝乃湯に行ってみた(大人一人150円)。

ゴールデンウィーク中ということもあってか、いつもそうなのか、
どっちかわかんないけど、入浴客でかなり混雑してた。

ちょうど以前行った別所温泉並みか。
脱衣所にも人が、そして広くない浴室にも人が。

c0055515_21573838.jpg


黒光りする木をふんだんに使った浴室に、
2m弱四方の木の浴槽と、打たせ湯用の浴槽(打たせ湯は二つ)とがある。

大きめの浴槽のほうには高いところからやはり打たせ湯のように源泉が注がれる。

豪快な掛け流しの浴槽だ。
ここの源泉は共同湯のすぐ隣らしい、


浴槽の温泉は、やや白濁しているが透明感が残っていて、
青白い色がついた湯というのが正しいような感じ。

さっぱりした湯だ。
肌にもさらりとした感じ。
とても爽快で気持ちがいい。


硫黄泉で白濁・・・となると、
須川温泉と特徴としては似ているが、
こちらのほうがマイルドでより軽いかな。


c0055515_21581279.jpg

鳴子の温泉街。
共同湯の周りには
大規模旅館が立ち並ぶ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-05-05 17:49 | ★温泉のページ
一浴玉の肌 沢渡温泉共同浴場
c0055515_1764423.jpg沢渡温泉の共同湯。
またまた行ってしまった。
しばらく離れると行きたくなるから仕方がない。

肌に潤いを感じなくなるとつい・・・

c0055515_11421292.jpg


今回はGW中ということもあって、
かなりの混雑を覚悟してた。
でも、クルマは意外にもスムーズに
共同湯前の駐車場に止めることができた。

ラッキー★

入り口で200円を払って脱衣所に行くと
でも、やっぱヒトで一杯だった。

c0055515_1762683.jpg地元の人とそうでない人と
半々くらい。
浴室はあまり隙間がない感じ。

いつものとおり奥の広めの浴槽がぬるめ、手前が熱めといった状態だった。

奥はちびっ子が水をがんがん入れてたんで、
んー、・・・手前に入った。

もうめっちゃ熱い。
半身浴しかできない。
動けない。
動くと死にそう。
酸性とかではないけどぴりぴりする
お湯を汲んで水面を揺らさないで(怒)。


といった感じで熱かった。
でも、ココのお湯のさわやかな
キレのよい気持ちよさは変わらない。

熱いお湯が苦手だろうが、
それでも熱いほうにしか
入れなかろうが、やっぱ沢渡温泉、沢渡の湯は気持ちがいい。
出た後の肌のすべすべ感がたまんないからねぇ。


ちなみに今回、外人さんが二人
いたんだけど、熱いほうの浴槽に入って
発した第一声が・・・
「アツイ」
だった。ホット!とかじゃ・・・なかった。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-04-30 21:30 | ★温泉のページ