ブログトップ
タグ:ツルスベ温泉 ( 43 ) タグの人気記事
秘境の温泉 奈良田温泉 ~白根館~ ②
前回奈良田の里までを
つらつらとつづったが、今回は白根館について書いてみたい。

奈良田温泉白根館は、身延町から南アルプス街道を
早川沿いに30キロほど行ったところにある奈良田の里にある温泉宿。
日本秘湯の会会員。

↓写真は奈良田湖と白根館
c0055515_23134531.jpg日帰り入浴は13時~17時まで可能で
大人一人1000円。
ちと高いかなぁ。


すでに書いたが、さすがにここまで来ると
かなり秘境チック。


迫り来る山々の傾斜は急で、
早川の作り出した急な渓谷を縫うように道は進む。
昔はトロッコを使ったりして3時間以上かけないといけない場所だったそうだ。

今の南アルプス街道はかなり良く整備された快適な道で、
ところどころで細い箇所は残っているものの、ほぼ全線片側1車線の道。

途中で西山温泉(胃腸に効く名湯として有名)を通過すると奈良田まではすぐ。
奈良田湖の先が白根館だ。

小さな集落に白根館はあり、思っていたよりは大きな建物だった。

街道沿いの階段を上り玄関へ。
広くはないものの木を基調にしたなかなかの雰囲気の玄関ロビーだ(きれいだ!)。 
1000円を払って早速お風呂へ。


男女別のお風呂は時間による交代制で、この日は木の露天風呂が男性用だった。

まずは露天へ。
↓下の写真はもうひとつの露天、岩風呂(銀河の湯?だったっけかな)。
c0055515_23141184.jpg
露天風呂はヒノキの長方形のお風呂で、
そこそこ大きなものだ。

道路沿いなんでパノラマ・・・
というわけには行かないが、
雰囲気のある露天風呂で、結構好きだ。

1メートル3メートルといった大きさだろうか。
そこに温泉が毎分28リットルで書け流されているとのこと(脱衣所に掲示)。


いったいどんなお湯なのか?

興味津津。



先客が1名。この露天は半分くらい屋根がついていたので、
屋根のあるほうに行って入る。湯温はちょうどいい!
そしてびっくりしたのが、そのぬるぬる感。
なかなかここまでぬるぬるする湯はないんでないかな。
そう、東北福島の志保の湯温泉に近いものを感じた。

ぬるぬるはするが気持ちの悪さはないところもそっくり。
これはなんなんだろう?ホント不思議だ。

温泉には黒い湯の花が浮いていた。
これも日によってはにごったり色が違ったりするそうだ。
とにかくこの湯はすばらしい!と感じた。
ここまでわざわざ来る人が多いのもうなずける。
正直日帰りで帰らなければならないのが残念だった。

つづく。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-06-06 23:19 | ★温泉のページ
中山平温泉仙庄館 鳴子温泉郷の実力派 ~宮城鳴子町~
c0055515_17423450.jpg中山平温泉と聞いて、
どこにあるのか?どんな温泉なのか?ぜんぜん分からんかった。

実は鳴子温泉郷のひとつで、
仙台からやってくると一番奥に位置しているのが中山平温泉なのだ。

最近では、一部の宿のうなぎ湯なるものがとっても有名になったらしく、
自分もこれで中山平温泉の情報を掴んだ次第。

中山平温泉は、鳴子温泉から国道を新庄方面に5分ほど進むと、国道沿いに・・・
というよりは国道より川沿いに下っていったところに宿が点在するといった温泉だ。


c0055515_22175230.jpgその中で今回行ってみたのは、
さるホームページの情報で、
「全国レベル」とあった「仙庄館」。

もちろん、評判のうなぎ湯も
体感してみたかったけど、
どうもかなり混んでるらしい気配が
予見されたため、全国レベルに期待。



鳴子温泉郷全体が湯めぐり手形・・・といったような形で日帰り入浴を推奨していることもあり、
この辺りの宿は大体日帰り入浴を受け付けてくれている。とてもありがたい。

ということで仙庄館は大人一人800円。結構大きな宿だ。

c0055515_22182794.jpg
きれいな印象の玄関からお風呂のある2階へ。
露天と内湯は別々。
どうやら露天は貸しきり露天ともども
あとから作られたらしい。

内湯はけっこう広い。
近代的なつくり。目の前は川というロケーションだ。
行った当初は人がいたが
しばらくすると貸切に。
もうめっちゃ気分いいもんねー。

c0055515_22184536.jpg

お湯はグリーン。
そして白いゴミ系湯の花が浮きまくりだ。
湯はどんどん浴槽に注がれ
そして掛け流されている。
なんだかとてもうれしくなった。

浴槽の湯は若干熱めだ。

若干硫黄のにおいのする湯は、
入ったときはそうでもないんだが、
しばらくすると肌がつるつるしてくる。

何度も出たり入ったりしているうちに
顔や腕がすべすべ、そしてしっとりしてきた。
(もちろん顔には温泉ジャンキーのお約束、
温泉浸しタオルをじゅ・・っと押し付けまくり)

c0055515_221933.jpg
それにしても、とても温まる湯だ。
ココの湯は個人的にとっても当たりだった。



ちなみに内湯で長居しすぎ、
鳴子・そしてココとハシゴをしたことにより
力を使い果たしたため、
露天は見ただけで満足した。


c0055515_22192526.jpg

露天は目の前の川に面していて、
眺望はよさそうだった。
ただ、源泉は同じとあったが
湯の色が透明だったんで、もしかしたら
若干薄いのかな???(湯花はあったけど)

ということで、全国レベル・・との期待に違わぬ湯でした。。。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-05-05 21:59 | ★温泉のページ
一浴玉の肌 沢渡温泉共同浴場
c0055515_1764423.jpg沢渡温泉の共同湯。
またまた行ってしまった。
しばらく離れると行きたくなるから仕方がない。

肌に潤いを感じなくなるとつい・・・

c0055515_11421292.jpg


今回はGW中ということもあって、
かなりの混雑を覚悟してた。
でも、クルマは意外にもスムーズに
共同湯前の駐車場に止めることができた。

ラッキー★

入り口で200円を払って脱衣所に行くと
でも、やっぱヒトで一杯だった。

c0055515_1762683.jpg地元の人とそうでない人と
半々くらい。
浴室はあまり隙間がない感じ。

いつものとおり奥の広めの浴槽がぬるめ、手前が熱めといった状態だった。

奥はちびっ子が水をがんがん入れてたんで、
んー、・・・手前に入った。

もうめっちゃ熱い。
半身浴しかできない。
動けない。
動くと死にそう。
酸性とかではないけどぴりぴりする
お湯を汲んで水面を揺らさないで(怒)。


といった感じで熱かった。
でも、ココのお湯のさわやかな
キレのよい気持ちよさは変わらない。

熱いお湯が苦手だろうが、
それでも熱いほうにしか
入れなかろうが、やっぱ沢渡温泉、沢渡の湯は気持ちがいい。
出た後の肌のすべすべ感がたまんないからねぇ。


ちなみに今回、外人さんが二人
いたんだけど、熱いほうの浴槽に入って
発した第一声が・・・
「アツイ」
だった。ホット!とかじゃ・・・なかった。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-04-30 21:30 | ★温泉のページ