ブログトップ
タグ:にごり湯 ( 92 ) タグの人気記事
乳頭温泉郷湯巡り 鶴の湯温泉② ~秋田仙北市~
c0055515_22392030.jpg鶴の湯温泉には4つの源泉があります。
それは「白湯」「黒湯」「中の湯」「滝の湯」の各源泉。
どれも見た目はやや青みを帯びた乳白色で同じように見えるものの、
実はみな少しずつ泉質が違い個性豊か。

朝から乳頭温泉の湯には散々入ってきた後ですが、そこはキレイに朝までは鶴の湯に精神集中。
日が斜めに傾きかけた時間、皆が眠りにつく時間、起きぬけの一風呂、
チェックアウト前の名残惜しい時間、などなど、いろいろな時間に行ってみました。

c0055515_22413358.jpg

「白湯」
鶴の湯事務所前から、小さな橋をわたってすぐの湯小屋右手の湯が白湯。
鶴の湯温泉で一番の湧出量を誇る、ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉。
壁・床・浴槽すべてオール木の浴室に、乳白色の湯がたっぷりと。

ほぼずーっと貸切。聞こえてくるのは、温泉の落ちるドドドドという音と、虫の声。
この日は少し温めで入りやすい状態だったのと、そんな音を聞いていたら、長湯に。
この白湯、実は美人の湯とのこと。ちなみにあの名物混浴露天も、源泉はこの白湯です。

c0055515_22433944.jpg

「黒湯」
白湯と同じ湯小屋にある、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。
別名は子宝の湯だとか。温たまり(ぬくたまり)の湯とも呼ばれるそうで、湯冷めがこないそう。
この日は他の湯と同じく白濁でしたが、日によっては名の通り黒っぽくなることもあるそう。

写真では大きさが分かりにくいですが、黒湯は白湯に比べ小さめの浴槽で、湯はけっこう熱め。
あまり長湯は出来ませんが、鶴の湯の中で黒湯が一番ツルスベ感があったように思います。
それと確かに湯上りはポカポカでした。

c0055515_22444516.jpg

「中の湯」
混浴露天の脱衣所脇にある、小ぢんまりとした浴槽に注がれているのが中の湯。
別名眼っこの湯ということで、神経系統の病気や眼病に効能があるとか。
実は今回、鶴の湯の中で一番気に入ったのがこの湯でした。硫黄の臭いもなかなか。

小さめの浴槽は適温で、ショッパ苦の湯がもったいないくらいの掛け流し。
見事な白濁湯で、透明度は10センチもないくらい。
卵臭に囲まれながら、新鮮な源泉たっぷりの小さい浴槽を独占でした。

「滝の湯」
混浴露天風呂の脇にある打たせ湯の源泉が滝の湯らしいんですが・・・
今回は残念な事に、一滴も落ちてきてなく・・・。

c0055515_22454524.jpg

なお、この他1号館前には唯一シャワーを備えた「白湯」を使った内風呂があります。
「白湯」と「黒湯」の中間くらいの湯船一つの、木の湯小屋でした。
なお混浴露天風呂の他に、女性用には白湯(大白の湯)・中の湯による露天風呂があります。

c0055515_22455675.jpg
c0055515_2246275.jpg

「混浴露天風呂」
白湯が底に敷き詰められた石の間からどこからともなく湧いてます。
写真に映る、二つの岩の周りから特に湧いていて、この周辺はかなり"熱"レベルが高い状態。
底の石は真っ黒で、この露天に入るともれなく足のウラは真っ黒。しかもけっこう頑固。
結局、この次に行く温泉まで取れませんでした。

混浴露天風呂は・・・これまで巡って来た露天に比べると、眺望もイマイチだし・・・と
なんとなくネガティブな印象をもってました。
前回の日帰り時に、ワンカップを手にしたオヤジの集団と一緒だった事も多分に影響してますが。
しかし今回、周りを囲む建物や山、ススキを見ながら・・・、
そして思いのほか人もなく、のんびり浸かることもでき、その雰囲気のよさに気づきました。
日が落ちてくるにつれ静かになり、隣の湯小屋からこぼれる明かりなんかも湯面に映り、幻想的。

ここは、次もなんとかがんばって泊まりで来たいものです。(えらいぞ悪友)

c0055515_22461615.jpgc0055515_2246247.jpg


詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-11-19 22:50 | ★温泉のページ
乳頭温泉郷湯巡り 休暇村田沢湖高原  ~秋田仙北市~
c0055515_081417.jpg田沢湖のコバルトブルーで目と湯疲れを癒し、乳頭温泉郷湯巡り、再開です。
田沢湖からの坂道を登ると、やがて左手に現れるのは鶴の湯へと続く分岐。
そこを過ぎて、右手は黒湯へ。左手は蟹場へ。
道が二手に分かれる”そこ”にあるのが休暇村田沢湖高原です。

c0055515_083799.jpg実はココ、
乳頭温泉郷の中で一番立ち寄りしている湯です。
なにせ、施設・アメニティが
この温泉郷の中で一番充実しているので・・・

かつての自分が何に重きを置いていたのか。
わかりやすいですね。
とはいっても、やはりこういう施設は重宝します。


ココの浴室はその名も「ぶな林の湯」(注:確かそうだったような)
ブナの林に囲まれた浴室には、玄関ロビーからエレベーターで移動。
まっすぐ長めの廊下をてくてく歩いてたどり着きます。

c0055515_094856.jpg

高い天井と大きな窓で開放的な浴室。
二つの浴槽があり、小さめの浴槽には乳白色の単純硫黄泉。
大き目の浴槽には、赤茶色の湯花舞う緑と茶色を混ぜたような茶緑の重曹泉。
浴槽の縁や湯口はしっかりと赤茶色にそまってます。
柔らか・マイルドといった印象の湯で、味は妙乃湯の金の湯に似た苦い湯。

c0055515_010354.jpg
c0055515_0101070.jpg

浴室外には名前の通り、ぶな林に囲まれた屋根付露天風呂。
3m弱くらいの正方形の湯船には、内湯と同じ乳白色の単純硫黄泉。
底は見えるうす濁りで、大き目の白い湯花浮かぶ湯は、
酸っぱさよりどちらかというと卵臭の勝った湯でキシスベの湯。

見事なぶな林に囲まれてぼーっとすると、とても穏やかな気分になります。
まぁ湯船に浸かってしまうと、少し目隠しで眺望はスポイルされてしまいますが・・・(^^;

施設だけでなく温泉も存分に楽しめる、やっぱりまた、足が向きそうな湯でした。

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-11-16 00:10 | ★温泉のページ
乳頭温泉郷湯巡り 妙乃湯温泉  ~秋田仙北市~
c0055515_0263471.jpgテンションの高いおっさん一行と出合った蟹場で、やはり長湯(をしてしてしまった)あと、
向かった先は妙乃湯温泉。
乳頭温泉郷の中でもっともモダンで、洗練されたイメージを持っていた妙乃湯温泉は、
実際に行ってみると、まさにそのイメージどおり。乳頭温泉郷では異彩を放つ存在。
洗い場なども仕切りがあったりと使い勝手よく、清潔感ももちろん申し分なし。


c0055515_0264624.jpg実は今回の乳頭温泉郷湯めぐりで
一番混んでたは、ココ、妙乃湯です。
玄関入って目に入った「ズラっ」と並んだ靴の列。
ん~やばいかも。

そういえば、
フロントで受付をしてくれた宿の人は、
久方ぶりの若い女性。


いや~今回の湯治旅・・・、
ひじょーに対象年齢高めでして(当然といえば当然ですが)。。。
女性というと「おばぁさんしかいないんだなぁ、この世は」と
幾分この世を儚みかけていたので。

朝からの3湯ハシゴで湯疲れしかけた二人は、パワーをもらいます(ベホイミくらい♪)。

c0055515_0301590.gif

パワーみなぎる状態の二人を迎えてくれたのは、妙乃湯温泉の誇る二つの源泉、
「金の湯」と「銀の湯」。
c0055515_0314330.jpg
浴室入ってすぐの昭和20年代から使用の木の浴槽を満たすのは、透明な単純温泉の「銀の湯」。
c0055515_0315143.jpg
明るい窓を隔ててある寝湯を満たすのは、明るい茶褐色(=オレンジ色)の「金の湯」。

c0055515_032377.jpg
そしてその奥にある先達川沿いの混浴露天妙見の湯には同じく「金の湯」。
c0055515_0321566.jpg
もう一つの混浴露天風呂には「銀の湯」、とけっこう多彩です。



「金の湯」は酸性-カルシウム・マグネシウム・硫酸塩泉で
「銀の湯」は単純温泉。
金の湯はかなりのにごり具合で10センチも見えないほど。口に含んだときの味や
色などから群馬県の伊香保温泉の同じく「黄金の湯」を想起します。
銀の湯は透明で少しキシスベ感を感じる湯。こちらはちょっと温めの湯。

濃いオレンジのにごり湯に浸かりながら、これまた濃い青い空を眺め、
先達川の瀬音を聞きながら、やっぱりぼぉ~っとしていると、どこかへ飛んでいってしまいそう。

妙乃湯の露天からの眺めも湯も、これまでの乳頭温泉郷のどこともカブらない、
すばらしいものでした。

c0055515_1135161.jpgc0055515_1135719.jpgc0055515_114490.jpg


詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-11-09 00:43 | ★温泉のページ
乳頭温泉郷湯巡り 黒湯温泉混浴露天 ~秋田仙北市~
c0055515_012822.jpg黒湯温泉の渋い内湯をあがった後は、もうひとつの湯小屋へ。
左手の湯畑にさよならして、茅葺の湯治棟の間を上り最初来た受付前まで戻る。
その奥にあるのが、黒湯温泉のもうひとつの湯小屋。混浴露天はこの先です。

c0055515_011187.jpg
c0055515_0111848.jpgc0055515_0112449.jpg


入ってすぐに脱衣所があり、その隣に混浴内風呂、さらにその奥は打たせ湯。
混浴内風呂は、男女別のものより少し小ぶりといった大きさ。
奥の打たせ湯は、屋根だけの場所に二筋の湯が少しゆるめに落ちています。
混浴露天風呂は脱衣所から外に出たところ。

c0055515_0123052.jpg

こちら側の各混浴浴槽は、先に入った内風呂より濃い白いにごり湯がたっぷりでした。
内風呂の湯は透明感のある湯に青白い色がついた、といった印象。
それに対して、こちらの湯は透明度30センチもないようなにごり湯。
源泉が違う(内風呂と混浴風呂とも近くの湯畑から引湯)からか?加水の有無からか?

c0055515_0203277.jpg杉の板を拭いた屋根ののった露天は、
大きくはないものの、浸かっていると・・・
なぜか自然の中に放り出されたような、
そんな感覚に襲われます。

先ほどよりさらに強い硫黄の香りに包まれながら、ミルクのような湯につかる。
ゴツゴツとした岩やススキのある荒涼とした野を眺めていると、
やはり黒湯ワールドにトリップ。

ここは、どこか別の世界に「ふっ」とつれてかれるような、そんな不思議な温泉でした。
乳頭温泉郷の中で唯一冬季休業、お坊さんのような受付の人、布団だけの簡素な湯治部の部屋。
そこにあるのは良質の湯(のみといったら言い過ぎかな?)。他はいらない。
といった感じの非常にストイックな世界であるような・・・・

ちなみに、黒湯は鶴の湯に対して亀の湯と言われていたころもあるようです。
c0055515_0191559.jpgc0055515_0192388.jpgc0055515_0192848.jpgc0055515_0193540.jpg


詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-10-31 00:21 | ★温泉のページ
乳頭温泉郷湯巡り 黒湯温泉内湯  ~秋田仙北市~
c0055515_2154712.jpg八年前の夏。
初めて黒湯を訪れたとき。
名前のまんま、「黒い湯なんだろう」。ちょっと思っていた自分。
でも、日帰り客で大賑わいの様子に、それを確かめることなく踵を返したのでした。
・・・・・・・・・まぁ、今思うと大きく間違っていたわけで・・・。

c0055515_216189.jpg

あれから足掛け八年。
車を止めた駐車場から坂を下ると、見えてくる萱葺きの湯治棟。
建物脇、遠くの湯畑など、そこかしこから湯煙の立ち上る様子は、すばらしい鄙びワールド。
朝早くの黒湯は、静かな佇まいを見せていました。。。と思ったら団体客ご一行様に遭遇。
「朝早くからご苦労様です・・・」
ところが、ほどなく水が引くかのように人気がなくなり、黒湯は再び静けさを取り戻したのでした。
「ほっ」

黒湯で日帰り入浴できるのは、受付右手の混浴露天風呂のある湯小屋。
それともう一つ。湯治部の建物の間を抜けた先、湯畑隣の男女別内湯のある湯小屋。
こちらの湯小屋前には、打たせ湯もあります。まずは男女別内湯へ。

c0055515_21143829.jpg

こげ茶の壁・床・浴槽の内湯は、ちょろちょろと注ぐ湯の音のみ響くしぃんとした世界。
ささにごりの黒い湯青白い湯は、硫黄の香りが静かに漂うキシスベの湯。
湯も素晴らしいんですが、なんといってもこのゆったりとした雰囲気。完全に呑まれました。
この雰囲気でこの湯に浸かってしまうと、自分がどこにいるのか見失いかけます。

c0055515_2162490.jpgc0055515_21632100.jpgc0055515_2163933.jpg

c0055515_21325142.jpgc0055515_2133681.jpgc0055515_21331578.jpg

ガラガラガラっ。
次の湯浴み客がやってきたところで、無情にも現実に引き戻され、・・・混浴露天へ向かいました。

[PR]
by eratomoeratomo | 2006-10-25 21:36 | ★温泉のページ
八幡平後生掛温泉 湯治村に宿泊その2 ~秋田鹿角市~
c0055515_2215766.jpg後生掛自然研究路を歩いた後、「温泉保養館」と呼ばれる
後生掛温泉の顔、大浴場に向かいました。これぞ待ちに待った瞬間!
男女別の大浴場は天井が高く広い木造の浴室です。

c0055515_21421190.jpg

入り口入って左手側に名物の「泥風呂」。こちらは全身温湿布作用があるとか。

その隣には「打たせの湯」。泥風呂に入ってた人はみんなここで泥を落としてました。

泥風呂の反対側にはかけ湯があって一段上がって「箱蒸し風呂」

木箱から顔だけ出して入るサウナ、といったもの。その奥には通常と同じ「サウナ風呂」

中央には大浴場のメイン浴槽「神経痛の湯」。これが一番大きな浴槽。少し熱めの湯。

その隣には気泡がボコボコ「火山風呂」。こちらは適温でなんといっても泡がデカイ。

そして浴室最奥部に「露天風呂」といったレイアウト。露天以外どれも木の浴槽です。

※後生掛温泉は浴室撮影禁止なのでパンフレットで雰囲気を。手前火山風呂で奥神経痛の湯。

これだけバラエティにとんだお風呂を備えた場所って珍しい。
しかもそのどれにも、うす~く白く濁ったすっぱい臭いの湯がドバドバ掛け流し。
ここはまさに温泉天国!

そしてなんといっても気持ちがよかったのが泥湯。
全浴槽中最もやわらかい浴感で、底には非常にキメの細かい泥がたっぷり。
これが他とは一風変わったすべすべ感(ざらスベ感?)をもたらしてくれます。
こういうの待ってたんだよなぁ。気持ちよすぎ~。
やや温めでじんわり暖めてくれることもあって、寝そうになるくらい快適さでした。

この後滞在中何度か入りましたが、特に泥湯と火山風呂は気持ち良すぎ。
この気持ちよさ。完全にクセになっていました。

オンドルの威力と詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-10-21 22:18 | ★温泉のページ
ふけの湯温泉 泉源地帯の豪快露天 ~秋田鹿角市~
c0055515_061124.jpg八幡平山頂を歩いて一汗掻いたのと、松川温泉の湯疲れも
いつの間にやらキオクのカナタへ。そろそろ温泉が恋しくなり・・・
向かった先は、八幡平山頂からアスピーテラインを10分ほど下った先。ふけの湯です。

c0055515_064633.jpg

c0055515_071349.jpgふけの湯の建物は、山間の分校を思わせるような渋さ。
でも、なんだかちょっと、こころ踊るような期待感が高まるのは
ひょっとすると自分だけ???
かと思うと、連れの悪友もいつもよりやや足早みたい。

ということで、日帰り料金の500円を支払うと
宿の人が「建物の内と外に温泉、ありますよ」と教えてくれます。
まずは内湯から。

ヒバの木で作られた浴室は、
高い天井の湯小屋でした。


c0055515_0102596.jpg木の浴槽、木の壁、木の床。
やや小ぶりの浴槽には、薄めに白濁した温泉を豊富に投入。

やや熱めの湯は少しキシスベ感があり、
立ち上るユデ卵臭に酸味渋味のある湯。

それにしても、木で出来たお風呂ってどうしてこんなにほっとするんだろう。
とても居心地のいい浴室でした。


c0055515_018552.jpgc0055515_0181412.jpg←そういえば、内湯の洗い場はちょっと面白い洗い場でした。

左の写真は、
宿の人の言うところの「内の露天」。
内湯からは一旦服着て移動します。
今回は内湯のあとすぐに「外の露天」へ向かったため入らずじまいでしたが、角の取れたほぼ正方形の湯船には、グレーと青と白をブレンドしたような濁り湯がたっぷりでした。


c0055515_025423.jpg

こちらは男性用露天風呂。内湯同様ヒバ造りの湯船に、産直の温泉がドバドバと。

c0055515_0303868.jpg宿の建物から外に出て、
前の駐車場から建物とは反対側が
この温泉の湧く泉源地帯になっています。
所によって湯煙がもうもうと上がっています。

←こんな感じで、堪えきれなかった?温泉が
 湧き出てきているところも。

ゴツゴツとした岩肌に潅木。
ススキも生える開けた景色の中に
混浴露天と、男女別の露天が点在。豪快です。


c0055515_030165.jpgc0055515_0334951.jpg

そしてこれが混浴露天。
大地の中にぽつんとある感じで、若干見世物感もありますが・・・・
まぁ、今さら隠し事も隠すものもないので。えぃっと!
そういう立地なんで眺めはすばらしい。開放感満点!

c0055515_037950.jpg

混浴露天もヒバ造りの浴槽。
上下二段になっていて、この日はなぜか上段は湯の投入がほとんどなくかなり温い状態。
下段側が適温となっていました。

硫黄臭をたっぷり感じつつ、適温のにごり湯に
いつまでも浸かっていられそう、浸かっていたい、浸かってしまった。早くも初日にピークか??
ということで、松川温泉での反省、生きず。。。

ふけの湯の露天の虜(内湯も)になりかけたところで、今日の宿泊地へ向かうため
余力を残しておくため、仕方なくふけの湯を後にしたのでした。
ふけの湯も松川も、次は湯巡りでなく一湯だけでのんびり~がいいかも。

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-10-18 01:11 | ★温泉のページ
松川温泉峡雲荘 白濁の湯満ちる露天風呂 ~岩手八幡平市~
c0055515_23245115.jpg西根温泉ゲンデルランドから八幡平樹海ラインに入り、いよいよ八幡平へ。
となると、途中にある松川温泉に寄らないわけにはいきません。


松川温泉には3軒の宿があり、どれも魅力的。
しかし、先のことを考えてしまうと全部にはいけず・・・ということで、かつてこの地を訪れた際、
一番ピンと来た!という記憶から峡雲荘に行く事にしました。

c0055515_2325774.jpgc0055515_23251551.jpg

峡雲荘は山の温泉宿、というイメージよりずっと洗練された、
モダンな雰囲気すら漂う和風旅館にリニューアルしていました。
館内も「これは泊まってゆっくりしてみたいなぁ」と思ういい雰囲気です。
エントランスで期待が高まりすぎ、若干興奮気味。

気さくなご主人に500円の入浴料を支払い浴室へ。
峡雲荘は男女別の内湯と、混浴露天、そして女性専用露天があります。

c0055515_23254028.jpg
c0055515_2326338.jpgc0055515_2326980.jpg

混浴露天は木々に囲まれた中にある自然石の巨石を配した岩風呂。
大き目の浴槽の中に巨大な岩が、でーんと。混浴の際には目隠しになりそう。
湯船からは、隣にある地熱発電所で湯気がモクモク上がっているのが見えます。
先客がいましたが、しばらくして貸切状態に。

特に絶景!というわけでもないんですが、そこそこのゆったり感と、
入りやすい位置を探しやすいのと、さわさわ風に揺れる葉の音が心地よく・・・

大き目の薄いレモン色の湯花たっぷりの酸っぱい湯は、少しツルキシする湯。
にごり具合は、濃いにごり湯というものではなくてそこそこのにごり具合。
そうは言っても湯口付近は、堆積したたくさんの湯花でレモン色になってます。
適温の湯はこの時分の陽気にはちょうどよく、のんび~り浸かりしばし時間を忘れ・・・。
「あぁ、イイ湯だぁ~~」

c0055515_23262966.jpg


露天からつながっている内湯は、木枠の石造りの湯。
湯はこちらの方が熱く、濃い感じ。加水の程度による差かもしれません。
快適さ・清潔さ・雰囲気を兼ね備えたなかなかの内湯で、露天に負けじとこちらも気に入りました。

c0055515_23264827.jpg

ここは泊まりでじっくり湯を楽しみたいです。

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-10-13 23:36 | ★温泉のページ
万座温泉万座亭 白鐵の湯  ~群馬嬬恋村~
c0055515_23163810.jpg草津白根山から割とカーブのキツイ道を少し下ったところ。
万座温泉の旅館街が広がっています。
少し遅い時間でしたが、万座亭は比較的遅い時間まで日帰りを受けてます。

c0055515_2317130.jpgc0055515_23171051.jpg

「おやっ?」
どうも自分の知っている万座亭とは印象が違っていて、
エントランスなんか、なんだかやけに洗練された雰囲気に・・・
それもそのはず、リニューアルしたばかりとのこと。
日帰り料金は昔より少し上がり(といっても大分前ですが)1000円でした。

c0055515_23174412.jpg
c0055515_23175467.jpgc0055515_231818100.jpg

内湯は昔ながらの天井の高いヒバ造りの湯小屋。
2mほどの正方形の木の湯船に、青みがかった乳白色の湯が満ちてます。
ん~、これはかなり濁ってる。
湯に浸かった自分の体はほとんど何も見えず。
にごり度合いは、かなり濃いぃ状態でした。

c0055515_23184057.jpg
c0055515_2318472.jpg

まだ新しい露天は、万座の露天自慢の他の施設に比べてしまうと
眺望はいまひとつですが、半身浴用に仕切りもあるこれまた正方形の広いもの。
1面は大体2m強はありそうで、ゆったり入れます。

酸性・硫黄、そして白濁と草津の湯と共通項が多い万座の湯は、
草津の湯から酸味と、溶かすようなツルスベ感をとって、
粉っぽい(濃い)感じのにごり度合いをさらに加えた、ような印象です。
刺激が少ない分、草津の湯よりマイルドで入りやすい印象。

c0055515_2319147.jpg


すぐ目の前の万座温泉ホテルと同料金、というのは・・・悩ましい。
ただ、とても綺麗な施設で、快適に温泉を楽しめます。

※露天が透明で内湯が濁っていましたが、宿の人に聞いたところ
 露天は湯を張り替えたばかりで内湯は少し加水しているためとのことでした。

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-09-21 23:07 | ★温泉のページ
草津温泉泉水館 草津十二湯君子の湯 ~群馬草津町~
c0055515_2134799.jpgいつぞやの草津湯巡りの際に見事フラレた泉水館
今回のリベンジ。宿に電話をかけてやっていることを確認。
女将さん曰く、「14時まで平気」ということで善は急げ!
10時直、一番風呂くらいの勢いで行ってきました。

c0055515_21342572.jpg


賑わう賽の河原通りに面した泉水館は、草津では数少ない自家源泉を持つ宿。
早く行き過ぎたため、まだお掃除が終わってませんでした(気合入りすぎ?)。

c0055515_21344351.jpg
c0055515_21345027.jpg

ほどなく待ち焦がれた君子の湯へ(日帰りは700円)。およそ二年越しの恋実る。
脱衣所は階段を降りて半地下になっています。このアプローチ、たまりません。

ガラガラっ。引き戸を開けると硫黄の臭い。
桧をふんだんに使った、天井高めの昔ながらの見事な湯小屋。
そこに二つの石造りの浴槽が並び、真ん中には「草津十二湯 君子の湯」と。
ぴゅろぴゅろと静かな音を立てて注がれる源泉は、やっぱり静かに浴槽からあふれて。

c0055515_213554.jpg
c0055515_21351664.jpg
c0055515_21352214.jpg
c0055515_21465457.jpg


あぁこういう雰囲気、待ってました~!

適温の浴槽は右手側が透明、左手側が白濁。透明度は60センチほど。
源泉が46度ちょっとと他に比べ低めなので、入りやすい。
レモンのようなすっぱさと、硫黄の臭い、そしてすぐに肌がツルツルしてくる湯。
他に比べると幾分マイルドな印象の湯は、草津十二湯の名に恥じないすばらしい湯でした。
リベンジしてよかったぁ~。

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-09-18 21:54 | ★温泉のページ