ブログトップ
<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
羽越線で頑張る国鉄列車 キハ40
c0055515_20485916.jpg

雪のあつみ温泉駅に進入する羽越線ドン行、キハ40.

2月の三連休。
鶴岡で開催の鶴岡冬まつり。
毎年恒例となっている「大山新酒・酒蔵まつり」に参戦。
こころゆくまで新酒を堪能してきたのである。


そのときにお世話になったのが老雄キハ40。

c0055515_20492151.jpg
c0055515_20493295.jpg

新潟色。

c0055515_20494019.jpg

羽前大山駅を酒田に向け出発。



c0055515_2050018.jpg
c0055515_2050939.jpg

あいにくの天気となり、猛吹雪の中疾駆する。


c0055515_20503896.jpg
c0055515_20504984.jpg

鶴岡駅のキハ40。

どこか懐かしい国鉄色も白に染まる。
まだまだ俺はやれる!

その姿は勇ましい限りであった。
[PR]
by eratomoeratomo | 2013-02-17 20:55 | ★なんでもないページ
あつみ温泉 下の湯共同浴場  ~山形県鶴岡市~
c0055515_17481135.jpg

とにかく良く温まる湯。
数年前、あつみ温泉の正面湯を訪れた時の印象がそれだ。


c0055515_17482944.jpg

雪が時折強い風を伴い舞うこの日。
冷え切った体をあつみ温泉下の湯は、あたたかく迎え入れ、
そしてめでたく復活させてくれた。


ジワジワ。


足先まで血が巡るのがよ~っく分かる。
あぁこの感覚。
とにかくうれしいのである。
「生き返る」とはまさにこのことだろう。



c0055515_17491166.jpg
ちょい熱めの程よい湯加減。
透明のサラリとした湯。
特にこれといった特徴がないように一見思えるが、
その温まり感の持続力たるや、氷点下の外に出てから真価を発揮する。


素晴らしい湯のありがたさ。
夏もいいが、しばれる冬に味わいたいものである。


c0055515_17492530.jpg

[PR]
by eratomoeratomo | 2013-02-16 17:50 |  ■北海道・東北の温泉
奥信濃の地酒 水尾 辛口純米酒 一味  ~長野県飯山市~
c0055515_17352325.jpg
ひやで飲むとさらっとして旨い。
たぶん今頃は毎年恒例の蔵開きをしてるのではないか。

いつだったか。
蔵開きで酔っぱらった自分がもっと上のランクの酒と間違えたのがこの一味。
それ以来、これでいいのでは?と思ってもっぱら買ってしまう。
一升瓶で2,205円とリーズナブルながら、辛口爽快な飲み味。
本当は金紋錦の特別純米・純米吟醸に恋い焦がれながら。。。
でも、そんなことを口走るのが申し訳なく
頭を下げながら飲んでしまう・・・
気が付いたらいつもそこにいた。
そんなお酒。

かわいいやつめ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2013-02-16 17:35 | ★お酒のページ
ブロードアピール
c0055515_0235723.jpg

まさかこの名前を、今テレビで見ることがあるとは思いもしなかった。

今から12年前の東京競馬場、根岸ステークス。
ダート1200mのG3重賞(今は1400m)。
個人的には快速馬トモエリージェントが根本騎乗で勝ったり、
ワシントンカラーが連覇したりと、好きな重賞の一つ。
この地味な重賞に似合わない派手な勝ち方で、いまだに鮮烈な印象を残している馬がいる。

「あんたにとって一番の追い込み馬といったら何?」

と聞かれたら今でもこう即答するであろう。

ブロードアピール

と。


最後方から直線一気。
普通ならあり得ないところから届いてしまう。
爆発的な末脚。
当時録画していたビデオを何度も繰り返し再生し、
そのたびに毎回新鮮な鳥肌が立っていたっけ。
なんかうまくいかないことが多々あってもやもやしていても、
見たらスカッとする感じ。

追い込みと言うとかつてはマテリアルが一番かなと思っていた。
しかし、この馬の末脚を見てから、すっかりこちらが頭を支配しているのである。
そしてそれは今も変わっていない。


あの末脚を、マツコと有吉の番組で見るとはねぇ。
しかも何の気なしに。
19歳になったブロードアピールは、元気に母として存命ということで、
産駒の活躍を期待したい。でもちと母は偉大かな・・・

テレビを見ながら自然とニヤニヤしていた。
そしてもうそんなに前か、と怖くもなった。。。
自分にとってはつい最近の出来事のような気がしていたのである。
[PR]
by eratomoeratomo | 2013-02-07 00:41 | ★なんでもないページ
新宿で逡巡 DSC-RX100
c0055515_20101064.jpg


いい加減迷いたくないんだが迷ってしまうのがこのカメラ。
新宿の西口。量販店の店先にあったそいつのお値段は45,000円なり。
むーカカクコムの最安値より安い!千円くらい安い!
でもいざそいつを目の前にすると逡巡する。

FINEPIX FX30 → POWERSHOT S95

どちらもまだ手元にあり現役。
こいつらはとてもいい相棒である。

新しいアイツも、評判がよく、きっとイイヤツなんだろう。
でも、いざアイツを目にすると、どうしても前に進めない。
どうしてもどうしてもアイツじゃなくて、
ソニーとの相性を考えると前に進めないのである。
我ながら歯がゆい。

来週、冬の東北に行く。
そこで新しい相棒の必要かどうか、考えることにしよう。
[PR]
by eratomoeratomo | 2013-02-03 20:18 | ★オデカケのページ