ブログトップ
<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
奥蓼科温泉 渋の湯ホテル   ~長野県茅野市~
c0055515_94954.jpg
c0055515_942035.jpg

奥蓼科温泉郷の最奥部。
茅野市街から麦草峠へと続く国道299号の一本南の道を
東へずぅ~っと進むと、どんつきにあるのが奥蓼科温泉。
二軒のお宿があり、そのうちの一軒がこちらの渋の湯ホテル。
27度のぬる湯を源泉とする温泉宿。

ホテル・・・とはいうものの、外観は
めちゃめちゃ鄙びな様相を呈しており、
「ムムム」
と行く足もひるむほど。

しかし、加熱浴槽にも入りたかったので、そのままトライすることに。
車を降りたとたん、鼻をつく硫黄臭。
いい温泉が待っているかもしれない。


800円の日帰り料金を支払い、
入浴方法の説明(加熱湯と源泉ままの湯があり、加熱湯が熱い場合は、
備え付けのバケツで源泉をすくって埋めてください)を受けた後、いざ浴室へ。


c0055515_943955.jpg
c0055515_945614.jpg


脱衣所から階段を数段降りる形の浴室は、
手前に丸い加熱浴槽。
奥に源泉掛け流しの長方形の浴槽。


c0055515_914666.jpg

まずは白い結晶の浮かぶ白濁の過熱湯へ。
思いのほか、けっこう熱め。
バケツで源泉を入れる入れる。


c0055515_9142373.jpg

そして体を温め源泉浴槽へ。
「ひょえっっ」
と声が出そうになるくらい、冷たく感じる。
こちらは透明な湯でいかにも新鮮そう。
かつての小学校のプールよりちょっと暖かい?くらいか。

加熱⇒源泉⇒加熱⇒源泉
これを繰り返したら、いつの間にか源泉も平気になっていた。

硫黄臭漂う源泉。
そして浴槽底に溜まる白砂のような析出物。
ツルンとする酸性泉らしい浴感。


c0055515_9152140.jpg

湯はなかなかのものだが、
なんせ浴室、そして特に脱衣所の清潔感がイマイチ。というか通り越してイマ三以上。
再訪するにはかなり難易度が高い。
せっかくの湯だし、800円と安くもないので、もう少しなんとかならんもんだろうか。

More
[PR]
by eratomoeratomo | 2010-07-31 09:15 | ★温泉のページ
大塚温泉 金井旅館  ~群馬県中之条町~
c0055515_0293147.jpg

以前から知ってはいたけれども。
田んぼの中に大量に涌くぬる湯。
それが大塚温泉の評判、というか前情報。
と同時にかなりの鄙び具合であるという話もチラホラ。
そのため、これまで二の足を踏んでいて、未踏の湯であった。

ちょうど七月。ムシムシジメジメで、熱い湯はどちらかというと敬遠したい時節柄。
どうやらこの大塚温泉に新館ができたという噂を聞きつけ・・・
ぬる湯ということもあり、行ってみることにした。


c0055515_029522.jpg

中之条の街中から北東方向へ5分ほど。
大塚温泉は、ホントに田んぼの中にある。
奥に旧館、手前に新館で、旧館側に古くからの混浴の内湯。
新館側に男女別の内湯と混浴の露天。

旧館にいた宿の人に日帰り料金300円を支払い、早速新館の浴室へ。
こちらの日帰りは、ぬる湯ということも有り2時間300円というシステム。
相当長湯する人がいるんだろうか・・・


新館の浴室は、まだ新しいこともあってなかなかに快適。
高い天井の浴室に、三つの浴槽。
浴槽の大きさと温度の相関が取れており、
大きい⇒温い
小さい⇒熱い。
といっても一番熱くて通常の温泉の温いくらい。

一番人気は源泉そのままのぬる湯。30度くらいか。
たくさんの人が湯につかって・・・というか、浴槽の縁に頭を並べて、ほとんど寝ていた。
みんな長湯をするのだろう。死んだように動かない。

c0055515_0301043.jpg

外には混浴の露天風呂。
これがけっこう大きくて小プールみたい。
そしてもんのすごく温い。30度はきっているのではないか。


湯の鮮度は内湯のぬる湯が一番よく、ここでは泡付が確認できた。
しばらく入っているとキシっとする浴感。
飲泉すると、ほぼ水っぽいが、ほのかに、あぁ温泉だ、と思える味わいが顔をのぞかす。

温まる、という湯ではないが、湯上りはさっぱり爽快。
これからの季節にはうってつけの湯だ。

More
[PR]
by eratomoeratomo | 2010-07-14 00:34 | ★温泉のページ
梅雨の晴れ間  ~SLみなかみ号~
c0055515_1356795.jpg


なかなか晴れ間の出ない梅雨時。
久しぶりの青空、モクモク雲。

「よっしゃぁ~」
と、SLみなかみ号を見物に。


c0055515_1401221.jpg
c0055515_1402188.jpg


夏本番の日差しに、気温。
日向のアジサイは茶色くくすみ、元気なのは日陰に陣取ったやつら。

ただ、利根川を駆け下りてくる風は、暑さを和らげ、
涼しげな川の音は、少しだけムシムシ感を忘れさせてくれた。
そして、大サービスの汽笛の音を残し、

「ガタンガタン」

鉄橋を豪快に渡り、
みなかみ号は目的地へ。。。


c0055515_14115100.jpg
c0055515_1412467.jpg

[PR]
by eratomoeratomo | 2010-07-10 14:01 | ★オデカケのページ
さよなら オグリキャップ
7月3日。
オグリキャップがこの世を去った。


現役時代のオグリの走りは、最後の一年しか知らない。


ビデオでは何度も見たことがあるが、
あのレース前の輪乗りの時間帯の高揚感の経験は、5回のみである。



初めてオグリを見たのは、初めて武豊とコンビを組んだ安田記念。
ここでオグリは休み明けをものともせず、レコード勝ちの勝利を収める。
続いて宝塚記念。
これまた初めてコンビを組んだ岡潤一郎の手綱の下、
オサイチジョージの二着に敗れる。
これは意外だった。
「どうして?」
という思いがいつまでも残った記憶がある。


この敗戦の後、オグリは足元に不安を発症し休養。
秋は天皇賞にぶっつけで臨む。

そして鞍上にはこれまた初めてコンビを組む、増沢末夫。
馬券を買う資格もないクソガキだったが、直感的に
「合わないんじゃない?」
そう思った。

輪乗りの映像を見ているときのドキドキ感は、
このときとこの後のジャパンカップは、
高揚感というよりむしろ、不安感が勝っていた。


そしてオグリは、敗戦を重ねる。
まったく伸びないのだ。

「オグリは終わった・・・」

多くのマスコミはそう書きたてた。


「有馬記念には出るんだろうか?」

これまで掲示板を外したことのないオグリは、
二戦連続で掲示板に乗ることが出来なかった。
ジャパンカップはズブズブの11着。
これまでの激闘の反動がでているように見えた。
燃え尽きているように見えた。
このまま引退してもおかしくなかった。


しかしファン投票1位の後押しの中、
オグリキャップは有馬記念に出走する。
鞍上には再び武豊が戻っていた。
差のない4番人気。

「何かが起こるんではないか?」
「でも、オグリは終わった」

時は、個人的には受験勉強のまさに追い込みの時期。
でも正直、それどころじゃなかった。
オグリのラストランを見るんだ。


輪乗りの映像。
このときのドキドキ感はかつてないものだった。
「これで最後、もう見ることはない」
「おつかれさま」
「無事に走りきれるか」
「何かを起こしてくれ」
身勝手なものである。


そんな中レースはスタートする。
テレビにかじりついた。
「無事に走ってくれ・・・」


オグリは、
無事どころか先頭でゴールしていた。


「奇跡が、起きた」


酔いもしてないのに
そんなことをクソ真面目に思ったのは
後にも先にもこのときだけだと思う。



もうあのときから20年が経つ。
あのレースを見ていたから今があり、
改めてオグリには感謝したい。
何しろ、当時の当方の成績はオグリの成績と揃って急降下だったので・・・



オグリキャップ、お疲れさま。
安らかに。
そして、ありがとう。
[PR]
by eratomoeratomo | 2010-07-10 00:13 | ★なんでもないページ
蓼科温泉 石遊の湯  ~長野県茅野市~
c0055515_2241972.jpg
車山高原から山を降りて、麦草峠へと続く国道299号より
「ええっ?、ここ?」
って思うような道を折れて、
田んぼ中の道を少し行くとあるのがこの石遊の湯。


石遊と書いて「いしやす」と読む。


500円の入浴料を支払い、奥にある男女別の浴舎へ。
日帰り専門施設で
風呂は内湯ナシ、露天のみのシンプルなもの。
洗い場は外にあるが、
しっかりと周囲・屋根に囲まれていて、
洗い場だけ中にあるようなレイアウト。珍しい。

浴槽は屋根付の石組み丸い露天風呂と、
もう一つ、完全な屋根ナシの露天風呂があり、
屋根ナシの露天風呂の方が温く、入りやすい温度だったが、
明らかに湯が鈍っていて、微塩素臭も感じたためすぐにパス。
ほぼ屋根付の露天風呂の方に入浴した。


残念ながらかけ流しではなく、塩素利用でもあるが、
地味に温まる湯。
やや浴感は乏しいが、それよりもなによりも循環が残念。

More
[PR]
by eratomoeratomo | 2010-07-07 22:41 | ★温泉のページ
野沢温泉のひるどき

c0055515_23552783.jpg


当ブログのタイトル写真が、野沢温泉観光協会のHPに掲載されました。
[PR]
by eratomoeratomo | 2010-07-06 23:56 | ★なんでもないページ
初夏の車山高原~蓼科  ~長野県茅野市~
c0055515_22235169.jpg


今回の宿泊先のペンションTOSSでは、
オーナーさんが毎朝ミニエコウォークということで、
ペンション周辺のガイド付き散策を開催。

参加してみると、やっぱり面白い。
知らないことがたくさんあるなぁ、、、、と感心した次第。
普通に歩いただけれは見落としてだあろう発見の数々。


c0055515_2224492.jpg
c0055515_22241536.jpg
c0055515_22242457.jpg
c0055515_22243268.jpg




c0055515_22245971.jpg
c0055515_22251379.jpg
c0055515_22252445.jpg

[PR]
by eratomoeratomo | 2010-07-01 22:27 | ★オデカケのページ