ブログトップ
<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
そば屋岡寮   ~新潟県南魚沼市~
c0055515_2322399.jpg
もうすぐ八海山のロープウェイに・・・
という、眼前に未だ残雪で白い八海山の姿を臨む場所にあるおそば屋さん。
それがココ、そば屋岡寮です。
店内の座敷からも、窓一杯に八海山が見えます。

c0055515_23244222.jpg

地元の銘酒、八海山の八海醸造が経営母体でもあるこのおそば屋さん。
車でなかったらなぁ・・・八海山を飲みつつ石臼挽き手打ちのそばを~
なんて夢のコラボも楽しめるんだけど。
残念ながら、自分はココには車でしか来れそうにありません。

ということで、初回である今回は、
十割そば(700円)と田舎そば(650円)、そして山菜の天ぷら(650円)を注文。
田舎そばは一体?と思ったら、ふのりをつなぎに使用しているとのこと。
なお、今回は揃って大盛りを注文です(プラス200円)。

c0055515_23245856.jpg
c0055515_23251076.jpg

ほどなくして出てきたおそば。
田舎そばの方が十割より若干太め。
そして「おおっ」と声が出るような、なんともコシの強いそば。
十割そばはそばの香りも強く、なんと言ってもモチっとした食感がすばらしいぃ。
両方ともキャラが立っていて、どちらも自分好み。
そばの味を堪能できる、正直な無骨なおそばでした。

c0055515_23252544.jpg

山菜の天ぷらは、まさに採れたて旬の山菜がズラリ。
カリッと揚げたてサクサク。幸せのサインが出まくりです。つけ汁が別なのもGOO。

c0055515_23254462.jpg

ちなみにここはつゆがデフォルトで二種類出てくるようです。
ちょいと甘めの田舎風と、それよりは辛目の江戸前の二つ。
田舎風は少しそばの味に負ける気がしたので、個人的には江戸前の方が好みでした。

ロケーションといい、そばといい、酒といい、また来るであろうそば屋が一つ、
増えました。


ここに車から開放された随伴者として来れる日を。
願い続けるでしょう。

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2008-04-29 23:32 |  ●蕎麦のページ
南紀熊野ヨレヨレ旅② 南紀白浜 ~和歌山県白浜町~
c0055515_22525082.jpg
宝来寿司の太刀魚三昧で、でっぷりお腹が出た後は。
白浜温泉の湯にのんびりと浸かりたい・・・・・・
がしかし、時間の関係でアウト。
ざぁ~っと白浜の名勝めぐりをしただけで
あっという間に時間が過ぎる過ぎる。次回はも少しのんびりとした行程にせんと・・・。

c0055515_22591867.jpg
c0055515_22593985.jpg

白浜温泉を一望できる平草原から、スタートし、断崖絶壁の三段壁。
むぅ、少し想像よりは小さ目かなという印象。
しかし、どーんどーんと打ち寄せる波の勢いがよろしいこと。

c0055515_2259507.jpg

続いてすぐ隣の千畳敷。いやー、どうやって造った(できた)んだろうな、これ。
というような、肌色の岩盤が続いてます。それにしても風が強い。

c0055515_230773.jpg
c0055515_2305573.jpg

さらに、白浜温泉街のすぐ横の浜、白良浜。
まさにこれぞ白浜。ホント白い浜辺。
海の色と砂の色と、見ていて、足跡つけて、気持ちのいい浜です。

c0055515_231139.jpg

なーんてやってると、温泉に入ることはおろか、
最後の目玉、円月島を見る時間もなくなりました。
この日は冬の鉛色の空でもあったので、やむなくパス。

目の前の白浜温泉の湯気に名残惜しさを覚えつつ、
一路十津川温泉へ車を飛ばします。
[PR]
by eratomoeratomo | 2008-04-24 23:02 | ★オデカケのページ
'08春 桜の季節 普願寺の桜並木  ~長野県須坂市~
c0055515_22345283.jpg
須坂と言えば・・・
臥竜公園が桜の名所として有名ですが。
須坂のまた別の名所でもある豪商の館、田中本家のすぐお隣。
浄土真宗の普願寺の参道は、満開の桜で一杯です。
⇒昨年の桜はこんな感じ

c0055515_22351216.jpg

臥竜公園の桜も確かに綺麗ですが、
すこぉし、そう、のんびりと。静かに。まったりと。

そんな気分で桜を眺めたいときは、うってつけの場所なのでした。
c0055515_22352841.jpg
c0055515_22353527.jpg
c0055515_2235436.jpg

[PR]
by eratomoeratomo | 2008-04-22 22:36 | ★オデカケのページ
南紀熊野ヨレヨレ旅① 宝来寿司のひとはめ寿司 ~和歌山県田辺市~
c0055515_2212978.jpg
ひとはめ寿司。
といってもメインで食べたのは自分ではありませんが・・・

今の自分の棲家からは遠き紀伊の国。
夜明け前に出発して着いたのは12時前でした。
お昼時腹が減りすぎて、先にマーチ号にガソリンを食べてもらった後、行ったのが・・・
この宝来寿司さんです。田辺市の市街地にあるお寿司屋さん。

c0055515_22143428.jpg

これがひとはめ寿司(525円)。
ひとはめとはワカメと同類の海藻で、田辺湾特産の海藻として重宝されてきたそうです。
お店のHPにも紹介があるとおり、確かに味はワカメチックではありますが、
香りが高いなぁという印象。ん~いいです。
中に入ってるお魚はしめ鯖です。さっぱりしてて、あっという間、サクサク食べていました。

c0055515_22145163.jpg

こちらは太刀魚丼。
てっきり刺身が来るのかな?なんて思ってたら軽くあぶった太刀魚が乗ってました。
こちらもとっても軽くてやっぱりサクサク。これもいとうまし。

と・・・悪い癖。
ここでまた欲が出てきて、「太刀魚天丼!」なんて文字が気になって仕方がないっ。
「え~いっ」頼んでしまえぇ。
太刀魚はあっさりしてるし軽いから大丈夫。
まぁここでしか食べられないし。と言いきかせたつもり。

c0055515_2215314.jpg

どーん。
コチラが出てきた太刀魚天丼。
ドカっとボリューム感のある太刀魚天に、シャキシャキの葱。
天ぷらはあくまでも揚げたてそのまんま。つゆは下に、というスタイル。
そして一口食べると、これがうまい!
葱のシャキシャキ感と、太刀魚のあっさり加減、そして天ぷらの重さとつゆの味。

あーいいところだー。出だし好調!

※幸せの味、太刀魚天丼は確か900円くらい・・・

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2008-04-15 22:36 | ★オデカケのページ
金本残念 2000本安打ならず! 三浦初勝利!!
c0055515_126118.jpg
セリーグを代表するバッター、金本が2000本安打まであと一つ。

甲子園で決まるかと思ったこの大記録到達が、
なんと横浜スタジアムで目の前で見られるかもしれない!
そんなチャンスがまわってきました。

これは行かずにはいられないでしょう。

職場の後輩(⇒阪神ファン)がチケットを取ってくれ、何年ぶりか忘れたくらい久々の球場入りに。
c0055515_1261221.jpg

そんなわけで昨日の雨も無事上がり、仕事も無事上がり、いつか来た横浜スタジアム。
今日の横浜先発は三浦。
一回表、金本の第一打席。ランナーが居る場面で・・・
c0055515_1253836.jpg
んー、空振り三振。おっつ、三浦も気合が入ってるねぇ。

続いて三回表。阪神一点リード、新井の併殺打のあと、ランナー三塁で・・・
c0055515_1291780.jpg
んー、今度は見逃し三振。。。三浦も踏ん張る。金本判定にイマイチ納得いかないみたい。

さらに六回表。同点に追いつかれている場面で、先頭バッターとして打席に・・・
c0055515_134663.jpg
んー、バットに当てたものの、センターフライ。当たりは良かったけど・・・センター金城に追いつかれる。

最後は九回表。一点勝ち越された状態のまま先頭バッターとして打席に・・・
c0055515_1354674.jpg
んー、代わったマットホワイトに、あぁ空振りの三振。

残念ながら本日での2000本安打はならず・・・明日以降に持ち越しに。
目の前で見てみたかったけど、こればっかりは仕方なし。
まー、毎日球場に足を運ぶようにしないと見れないんだよーってことでしょう。

それにしても阪神ファンの応援はスゴイ。。。反対側にも関わらず、球場全体を
揺るがすかのような応援はさすがの一言。アウェイとは思えませぬな。

ということで試合は横浜勝利。完投は逃したものの、三浦も勝てて良かった良かった。
よくやったぞぉ三浦。しり上がりに調子を上げるところなんかは、さすが。

そんなわけで、先輩権限で一塁側席にしたし、試合は勝ったし横浜ファンとしては満足★
隣の後輩(⇒阪神ファン)は、肩の角度がガクッと鋭角に下がったことはいうまでもありません。
ま、うちはまだ3勝だからさ・・・たまにはねぇ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2008-04-12 01:45 | ★オデカケのページ
プチヴェールいたがきのフルーツロールケーキ ~宮城県仙台市~
c0055515_2263127.jpg
メロン、マンゴー、オレンジ、いちごなど、7種類のフレッシュフルーツを包み込んだロールケーキ。
これは果物屋さんが作ったフルーツロールケーキ。

生クリームは甘さ控えめ。
それはフルーツを邪魔することなく、
フルーツのみずみずしい酸っぱさ、そして甘みを味わえます。

ん~うまいっっつ。これは。
「ま、太ってもいっか、やむなし」そんな気分になっちゃうのがやばい。

2000円(確か)と少々お高いので、少し迷いましたが、
もしどこかで次に出会ったらゴーサインであります。

Petit Vert いたがき
[PR]
by eratomoeratomo | 2008-04-08 22:08 | ★ゴチソウのページ
'08春 桜の季節 国営武蔵丘陵森林公園 ~埼玉県東松山市~
c0055515_21434248.jpg
嫌がらせ?

のような時ならぬ豪雨に、関東地方は見舞われ、
「あと少ぉし!」と粘っていた桜たちも、潔く散ってしまいました。
通勤のときに通る桜並木も葉桜になる間もなく、路面を花びらを落としていました。

と、その前の週末。
東松山にある森林公園に咲いた、桜の花たちです。

c0055515_21435540.jpg
c0055515_2144458.jpg
c0055515_21441568.jpg
c0055515_21442532.jpg

園内のサイクリングロードは全長17キロだとか。
もしかして小学校の頃、ここに遠足に来て以来?
広大な園内に咲く桜の下、とりわけのんび~りとした雰囲気の中、しばしの午睡をむさぼる。。。
そんな時間はとっとと過ぎちゃいますが。

おまけ。
c0055515_21465372.jpg

[PR]
by eratomoeratomo | 2008-04-08 21:47 | ★オデカケのページ
伊香保温泉観山荘  ~群馬県渋川市~
c0055515_14213826.jpg
ここも菅平からのスキー帰りに無理やり寄った?温泉。
伊香保温泉はかつて温泉偽装事件という、よろしくない話題で注目を浴びた温泉。
とはいえ、やはり上州群馬の名湯であることには変わりなく、
まともな湯使いをしている施設もたくさんあるところです。

今回は坂道を登る元気なく予算もなく、伊香保では比較的安い料金で
日帰りを受け付けている観山荘に立ち寄り訪問することに。
伊香保の共同湯、石段の湯のすぐ下の立地で、公共の無料駐車場からのアクセスも良し。
お宿の人の感じもよく、日帰りにも積極的なのかな。

c0055515_14221037.jpg

玄関入ってずーっと奥に向かい、階段下がっても少し進むと着くのが男女別浴室。
露天風呂があるわけではないものの、長方形横広のやや広めの浴槽に、黄金の湯。
それは床をも染めてます。

42度を切る位の適温の湯、
すこぉし緑がかった黄土色の湯は底が見えないくらいの濁り。

c0055515_1422452.jpg

湯口は湯船の湯は、伊香保露天近くの飲泉所の湯に比べ、
金気臭は飛んでいるようで地味な印象に様変わりしてるのが残念。
とはいうものの、ほとんど貸切状態で
じわっと温まる伊香保の湯をのんびーりと堪能できました。

風呂上りに使ったタオルが染まったのと、ポカポカ感の持続に
「あ~、やっぱ伊香保の湯だわ・・・」

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2008-04-05 14:23 | ★温泉のページ
十文字屋の磐梯かつ丼  ~福島県会津若松市~
c0055515_2201091.jpg
温泉は沼尻温泉が最後だったけど、ゴハンを忘れるトコでした。
このかつ丼は、忘れもしない・・・強烈なインパクト。

「すごいから」と説明ともつかぬ説明を受け、
悪友の指示に従うままに入った十文字屋という名のお店。
多分そうでもなければ、
偶然には入らんだろうと思われるそのお店では、
どうも取材の真っ最中でした。どこかの地方紙なのかな。
ライトに照らし出された先にあるのは、おそらくここに来た目的であろう「かつ丼」。

c0055515_221101.jpg

ということで注文を待つ楽しみもなく、お目当てのかつ丼に早々にご対面してしまったのでした。
まー、いうまでもなくでかい。ゴハンは見えませぬ。
ちなみにここのお店、ラーメンとかもでかい。

正式な名称は「磐梯かつ丼」
1000円のかつ丼は、目の前で見るとひときわスゴイボリューム。
久々に真剣に「これ食えるかな」と不安を感じる逸品。

ものすごいうまいかつ丼ではありませんが、
コストパフォーマンスを考えると納得。

しかし、ここからの帰り道。
このかつ丼の幻影に、
胃や腸といった消化器から立ち上ってくる香りとイメージに、
付きまとわれることになったのでした。

すべてをかき消すかのようなかつ丼とともに、東北湯巡り旅行は終了。
またいつかの再訪を誓い。

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2008-04-01 22:05 | ★ゴチソウのページ