ブログトップ
<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
塩河原温泉渓山荘  ~群馬県川場村~
c0055515_23535421.jpg
川場村役場の近く、薄根川沿いにあるのが塩河原温泉渓山荘です。
入り口の看板が目立たないので、ともすると通り過ぎそうですが、
川に向かって少し道を下ったところ。落ち着いた佇まい。

日帰りの入浴料は800円。最近、ケチケチ行脚が続き、
500円を超えるとなんだか高・・・!という感覚に囚われてますが、ここはどうでしょう。
玄関脇のロビーは自然光を大きく取り入れた、心地よい明るいスペースとなってました。

c0055515_23542271.jpg

c0055515_23551596.jpg

c0055515_23553353.jpg

c0055515_23561723.jpg

お風呂は廊下の先、天井の高い浴舎にあります。
木枠で縁取られた平石敷きの正方形浴槽の内湯。
大きな窓で明るい内湯は、木の壁、平石の床で落ち着いた雰囲気。
内湯の外、数段下ったところにあるのが露天風呂。丸い形の岩風呂です。

c0055515_23563867.jpg

c0055515_23565283.jpg

c0055515_2357822.jpg

大きな庭石に囲まれ、眺望はあまりきかないものの、
控えめに聞こえてくる薄根川のせせらぎの音をバックに、
冬枯れの枝の先に広がる鉛色の空を眺めつつ、
ほどよい温度の湯に包まれることによる”ぬくい”感覚に、なんとも心地よくなってきます。

湯温が低いため、一部循環の湯使いではあるものの、
ツルスベの浴感はしっかりと残り、じわりとゆるやかに温まる湯。

源泉はタマゴ臭。
正直循環していると聞いてはいたので、
そこまで期待していなかったのですが、
それはよいほうに外れ、ゆっくりと浸かれる心地よい湯でした。

館内も「泊まるとどうかな?」と期待感を抱いてしまういい雰囲気です。
c0055515_23574730.jpg


詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2008-02-13 23:59 | ★温泉のページ
野沢温泉アルバム  ~長野県野沢温泉村~
c0055515_033322.jpg

スキーシーズン真盛りの野沢温泉を、ぶらぶらっと。
昨年よりはマシとのことですが、これでも雪は例年に比べ少なめ・・・とのことです。

温泉街から熊の手洗湯に向かいます・・・
[PR]
by eratomoeratomo | 2008-02-06 00:46 | ★温泉のページ
箱そば そばぜん  ~群馬県渋川市~
c0055515_0382920.jpg
草津や四万からの帰り道。
金島温泉富貴の湯もある通称日陰道を通って渋川市に入るとあるおそば屋さんがそばぜん。
「そういや、なんかいつも混んでる店だなぁ」
そんな印象を持っていたそばぜんに行ってみることに。
悪友情報によると量も多いとのことだったので。

そばぜんは名代箱そばというのが名物とのこと。
しかし、そばだけでなくうどん、そして各種定食まで、ひじょーにメニューが多い。
そして、なんとなく全般的にお安い印象の価格設定。
後ろの客が言ってたけど、「迷う」。この一言に尽きるのでは。

いろいろ目移りしそうになるも、ココは初志貫徹。「そば」を注文。
入り口脇には石臼製粉マシーンもあるし、打ちたてというアピールも見えるし(ただし手打ちかは不明)。
でも、隣の客のカキフライ定食やら、けんちんうどんなぞが隣の青芝攻撃を・・・
が、しかし。
結局、「囲みそば」1,575円(確か)と「きのこ天ぷら」735円(確か)を注文。

せっかくだし箱そばをと思ったんですが、どの程度の量なのかを聞いてみたところ、
「1.5人前程度です。お二人でお召し上がりでしたら、囲みそばもよいかと」
という店員さんのお言葉があり、素直にそれに従うことに。

c0055515_0385065.jpg

さて、先に運ばれてきたサラダをつまみつつ、薬味に
「スゴイ量だな」と若干の驚きの目線を落としていると・・・
運ばれてきた囲みそば。
見た目にも分かるスゴイ量。
普通のそばに、少々の韃靼そば、そしてうどんがのってます。

c0055515_03925.jpg

まずはうどんから。これがん~いい感じ。
そしておそば。
量を多く出す店にありがちな大味なそばではなくて、しっかりとしたお味。
少し甘めの印象のつゆにつけてツルツルっと。
「ん~これはいいねぇ」なんていいつつ、食べるペースは自然とあがったのでした。

c0055515_0391959.jpg

後から登場のきのこ天ぷら。
これもまた見た目にスゴイ量。
まいたけ、しめじ、えのきにピーマン、なす、かぼちゃの野菜天までついた、
ボリューム満点の一品。からっとあがってます。
えのきの天ぷらってあまりお目にかかったことがないですが、けっこう香ばしいもんでした。

ということで、満腹となった後メニューを物色して店を後に。
「次は何にしよう」と。

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2008-02-04 00:42 |  ●蕎麦のページ