ブログトップ
<   2005年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
日光湯元温泉日光山温泉寺 源泉産直の湯  ~栃木日光市~
c0055515_2251471.jpg紅葉シーズン終了後の日光湯元は、閑散としていました。
そこで今日がチャンス!とばかりに、源泉すぐ脇の日光山温泉寺に行ってきました。


10時から受付開始の日帰り入浴は500円。ちと高め。。
玄関入って右奥にある「薬師の湯」という名の浴室は、
下半分が石壁、上半分が木の壁で出来た天井の高いつくり。

c0055515_22512165.jpgc0055515_22513278.jpgc0055515_22514381.jpg

寒いため湯気は出てましたが、熱気のこもらない快適な湯小屋です。
(→草津温泉などの共同湯と似たつくりです)

この日一番風呂で貸切!もうこのシチュエーションだけで幸せの絶頂です♪

c0055515_2252481.jpgお寺のおばさんが、
「今日は湯船熱いから、適度にうめて入ってくださいね!」と
アドバイスをくれたが、そこはぷうたろう。
そのまま入りました。

あっ・・・

「つ」が言えないくらい熱かったです。。。


■施設
 1.5m四方の木の浴槽です。あまり大勢の人が入るのは困りものです。深さもちょうどよくなんといっても木の浴槽。まっすぐな板がピタっと敷き詰められた木の浴槽って気持ちがいいです。コンクリの浴室の床は析出物でところどころ黄色になってました。広くはないですがとても落ち着く、雰囲気のある浴室でした。

■混雑
 朝イチ&シーズンオフ突入直後ということもあって、入っていた間はずっと貸切でした。混雑しているようだときついかも。空いているときにのんびり入りたいですね。
c0055515_22534883.jpg
■湯
 透明度30センチほどの湯は、かなり緑がかった白濁湯です(エメラルドグリーン系)。湯船に掛け流される源泉の量がハンパなく、最初はかなり熱かったです。
 ただその湯は新鮮そのもの。間違いないです。つるすべ、キシキシどちらでもない印象の湯は、それでも湯上りしっとりの硫黄の香りの強いいい湯でした。


ちなみにあまりに熱くて、源泉を湯船に入れず外に出す管を
つけっぱなしにしてしまいました。こぼれる温泉が・・・
c0055515_22543978.jpg

あぁもったいない。。。もって帰りてぇ~。

まだまだ修行が必要です。

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-11-30 22:55 | ★温泉のページ
冬支度 
c0055515_0422492.jpg日光湯元温泉はすっかり冬支度。

木々はすっかり葉を落とし、落ちた葉すら残りわずか、でした。

まもなくこの景色も白に彩られるのでしょうね。
c0055515_0424355.jpg
c0055515_044526.jpg

日光駅前まで下ってきて見つけた日光最後?の紅葉です。
c0055515_045243.jpg

[PR]
by eratomoeratomo | 2005-11-30 00:45 | ★オデカケのページ
マーチ号をレンタル マーチ号で行く日光★
c0055515_033731.jpg週末マーチ号を借りて日光に行ってきました。
今までレンタカーを何度か借りる機会があっても、なぜか縁がなかったマーチ。
でもずーっと、どんなクルマなのか興味があったため、今回はマーチ君指名です。

今回のパートナーのマーチ号は、シルバーのマーチ号です。
c0055515_011748.jpg

このマーチ号、乗ってみてびっくりする扱われ方のヒドサ・・・。
今までけっこうひどい目にあってきたようです。。。
まぁ、せめて自分らだけでもちゃんと扱おう、そう思うしかありませんね。

そんなマーチ号ではあったものの、走りはきびきびしたもの。
16年式のマーチ号は1年余りで既に6万2千キロ走っていましたが、
その軽快な感覚は、自分のクルマにはないもので(軽いのって良い)、
市街地走行での加速は十分なものでした。

c0055515_03653.jpg乗る前に噂で聞いていた
1速から2速にシフトが変わる際のショックは
確かにけっこう大きめ。

もう一つの評判の電動パワステの違和感は、
少なくとも特別気になるようなものではないな、
というのが正直なところでした。

それよりも乗ってすぐに感じたのが視界の広さ。
運転席からマワリが見やすいんです。

夏に乗ったヴィッツでは気になった右前のピラーもマーチは気になりません。

あと、ライトの上のでっぱり。
これが運転席からちらっと見え、車幅感覚を掴むのに一役買ってました。
それと、なんだかこれが目みたいでかわいいのです。
c0055515_02911.jpgそれとブレーキ。思っていたより効きます。
やっぱりクルマが軽いってのは
いろんなとこに効きますね。

ブレーキはものすごくよく効く・・・というよりは、
最初から最後まで効きがつかみやすい、
というのが良いかもしれません。


市街地以外の走り、特に日光名物いろは坂
(ここを試したかった)。
こちらもATのオーバードライブボタンオフで
概ね快調♪

さすがに坂のきついトコは
文字通りキツイんですが・・・。

コーナーのロールは大きめで、これが若干気になるものの
2速ホールドならもっと快調。大体の坂を加速してきます。個人的にはこれでOKです。

燃費は450.8kmで25.2リットルなので、リッター17.9キロ。
踏むところでは踏んだのと、借りた当初、目いっぱい満タンではなかったっぽいので、
18は超えそうです。高速使用はナシのため、これは思いのほか好成績でした。

好みの問題ですが、夏に乗ったヴィッツ号より自分に合いそうです。

こんなことも・・・
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-11-30 00:07 | ★さめのページ
晩秋の湯巡り(群馬草津編) 
c0055515_23404399.jpgやはりどうしても温泉に行きたいっ!!
欲望を抑えきることができず、行って来ました。群馬の湯巡り。草津は久々です。

今回行った温泉
 ①半出来温泉(嬬恋村)~②こぶしの湯(草津町)~③恵の湯(草津町)~④草津館(草津町)
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-11-28 01:00 | ★温泉のページ
草津温泉草津館 源泉二つに浸かる贅沢♪ ~群馬草津町~ 
c0055515_0225719.jpg賽の河原方面から湯畑へ、再び戻ってきました。
この湯畑のホントまん前にあるのが草津館。共同湯白旗の湯のすぐ隣のロケーション。
草津温泉には数少ない、自家源泉を持つ宿です。


今回の湯めぐりのラストはここ、草津館にしました。
c0055515_0293711.jpg

相変わらず大混雑の共同湯、白旗の湯、そして雑踏の湯畑。
白旗の湯のすぐ裏手の草津館は、それがうそのような落ち着いた佇まいです。

引き戸を開けるといい雰囲気のエントランス。そのすぐ右手が浴室とのこと。
女将さん(たぶん)がとても気持ちのいい応対をしてくれ、宿の湯にも期待感が高まります。


c0055515_0232910.jpg草津館は、自家源泉の「若乃湯」と、
すぐ隣の共同湯と同じ「白旗」の二源泉を楽しめます。
浴室は新しくはないものの
しっかりとメンテがされている様子がうかがえます。
この浴室には小さめの浴槽と大き目の浴槽の二つがあり、
それぞれ大風呂と小風呂というようでした。

大風呂を満たすのは自家源泉の若乃湯。
一方の小風呂の方は白旗の湯。

若乃湯はやや白みがかったエメラルドグリーン色。
浴槽がちょっと緑に色づいていることもありますが、
これはかなり綺麗な色です。
飲んだらうまそう・・・!?・・・そんな風に感じる色。


一方の白旗の湯は、若乃湯に比べるとやっぱり白い。
こうして、改めて隣で比べると良く分かります。そしてにごり具合も強め。


ここに先客もなく貸切で入れるなんて・・・!幸せすぎ♪長湯決定の瞬間です。

c0055515_0234995.jpgc0055515_024046.jpgc0055515_0253855.jpg


■施設
 脱衣所も浴室も清潔感は申し分なし。やや湯気のこもる浴室ではあるものの、気になるほどでもないです。カランは三つ。シャワーはひとつ。ちなみに男湯のほうがせまいらしく、女湯だったもうひとつの浴室ののほうが広いとのこと。

 浴槽は大風呂が3×2mくらい。小風呂は2m×1.5mくらいか。かけ流しの浴槽はいずれも同じくちょうど良い深さで、大風呂には座れるように台が置かれています。この浴槽、長い歴史を刻んでそうな石風呂で、その表面がざらざらしていて、その感触が自分の好みにも合い、なんとも気持ちが良いものでした。

 滔滔と源泉が湯船に注がれる以外(換気扇の音はあり)には、音がほとんどしない。湯畑のすぐ近くとは思えない静かな環境が驚きでした。


■混雑
 日曜日13時ころだったものの、終始貸切状態。悦楽状態だったので、もぉ誰も来ないで・・・と心が狭くなります。日帰りをアピールしているわけではないので、こんなもんなのかも知れないですね。無料の共同湯もたくさんありますし。


■湯
c0055515_026371.jpg 若乃湯はエメラルドグリーン+白の薄いにごり湯。透明度は浴槽の底はけっこう見える、といった程度。白い湯花が浮かびます。この湯もしっかり草津の湯で、すっぱさ、皮膚が溶ける感じのつるすべ、そして手の指のしわしわがはっきり。ただ、白旗よりはマイルドだなぁと僕は感じました。熱すぎるということもないので、いい源泉です。
 これは気に入りました。

 すぐ裏手が源泉でまさに産直。新鮮そのものです。

 一方の白旗の湯。分析表をみると、若乃湯と白旗はけっこう似ているわけですが、酸味の強い湯は刺激も若干強いように感じます。こちらの方がにごり具合は強いので、浴槽の底はうっすら見えるといった状態。それと若乃湯に比べると湯花が細かいです。
 あと、肌触りに関してつるすべ感もあるんだけれども、若干コチラのほうが弱いキシキシ感(引っかかり)をも感じました。こちらも人気の源泉だけあってやはり良い湯です。産直ですし。


こうしてすぐ近くで二つの源泉を比べるのって、楽しいです。しかもにごり湯同士。
今回若乃湯源泉はかなり気に入りました。

白旗をちょっとマイルドにして、色にエメラルドグリーンを入れた、
簡単に言ってしまえばそんな感じを受けました。


それにしてもいつの間にか、とても長い時間がたっていました。
疲れも時間も何もいろんなことを忘れてしまうような湯、といったら言い過ぎ??でしょうか。


ちなみに若乃湯源泉は宿の中庭から沸いています(もちろん自噴)。

c0055515_0265940.jpgc0055515_027843.jpgc0055515_0271936.jpgc0055515_0273189.jpg




詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-11-28 00:33 | ★温泉のページ
草津温泉 温泉街散策とそばきち再訪  ~群馬草津町~
c0055515_2327142.jpgこぶしの湯、恵の湯と共同湯をハシゴしたあと、温泉街へと戻ってきました。
恵の湯から温泉街まではそれなりの距離があります。
しかしそこは草津の湯で暖まった体。意外にも距離が短く感じられました。
こんなこともあるんだ、と、我ながらびっくり★

・・・ただ、途中の白嶺の湯はスルーしました。ん~、あるまじき・・・行為です。

温泉街は依然としてたくさんの人で賑わっていました。
こうやって多くの人で活気のある様子を見ると、
なんだか自分もわけもなく楽しくなる、そんな街なのかも。

c0055515_23273197.jpgc0055515_23274213.jpgc0055515_23275689.jpg


c0055515_23283230.jpgc0055515_23284588.jpgc0055515_23285637.jpg


湯畑をぐるっと回って、饅頭通りを抜けて賽の河原方面へ。
相変わらずの長寿店の饅頭配りは、それを上回る人手に
珍しくちょっとおいついていない状態でした。。。


ボリューム満点の天ぷらそばが食べたくなり、今回もそばきちに行ってしまいました。
いつもよりお客さん、少ないな~・・・と思ったら、なんのことはない。
ちと昼には早い時間だった、ということだけでした。

c0055515_23302587.jpgc0055515_23303286.jpgc0055515_23304072.jpg
今回の草津の最後の湯。それのもう一方の候補、泉水館にはフラレました。

ここにはいついけるんだろう。。。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-11-27 23:31 | ★温泉のページ
草津温泉共同湯 恵の湯  ~群馬草津町~
c0055515_159597.jpgこぶしの湯からあがった後、温泉街方面へ歩いて戻る途中、
まっすぐ戻らずに先ほど通った恵の湯、睦の湯の前を通って戻ることにしました。

こぶしの湯から恵の湯の道中は、ホントかるい上り坂。
温まったからだが、さらに温まり小雪のちらつく中でも寒さ知らず。
温泉の効果を実感する瞬間です。。

c0055515_1591764.jpgこのあたりは温泉街の東の端。
中心部からは遠いため、
ここまでくるとほとんど観光客の姿は見られません。
恵の湯の前まで来ると、こぶしの湯に向かうときにいた地元の人たちは今まさに上がるところ。

ちょうどいいタイミングだったので、
こちらの湯に浸かっていくことにしました。


恵の湯はこぶしの湯に比べると年季が入った感じの建物。
屋根にある湯気抜きからは、時折白い湯気が立ち上ってます。
c0055515_1593219.jpg
ここの湯船はこぶしの湯の湯船の二倍はありそうな湯船。
草津の共同湯の中でも広いほうだと思いました。
やはり高い天井で、しっかり湯気抜きされていて、
熱気がこもってなく快適。


■施設
 湯船は3m×1.5mくらいのサイズ。長方形のコンクリの湯船には源泉がこぶしの湯より多めにドバドバかけ流されています。ちょうど良い深さの浴槽に足を延ばして手を広げて浸かるのがなんとも心地よいです。
 浴室の床には析出物が少しついてます。が、脱衣所も含め全体的に清潔感に申し分なく、ここもやはり地元の人たちに大事にされているのでしょう。

■混雑
 先客がいたもののすぐにあがってしまい貸しきり状態。ただ、あがるときにまた人が来たので、コンスタントに地元の人たちが利用しているようでした。
c0055515_159479.jpg
■湯
 ここも万代鉱源泉でした。注入湯量は多いものの湯船が広いためか、こちらも温度はちょうどよく、酸味の強いつるすべの源泉を堪能することが出来ました。特有の綿のような湯花もそこここにあります。




手も足もかなりしわしわになり、そろそろ・・・というころにあがりました。ぽかぽかです。
これだから草津はたまらない。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-11-25 02:02 | ★温泉のページ
草津温泉共同湯 こぶしの湯   ~群馬草津町~
c0055515_171214100.jpg半出来温泉で体を温めた後、
向かったのは今回のメイン目的地、草津温泉です。

さすがに草津は標高が高い!
晴れていた天気が一転、動きの早い雲が太陽を隠し、小雪がちらついてきました。
ん~帰り、大丈夫・・・??

湯畑を通って車を止めた後、ここからは歩きで温泉街を周ります。
それにしても草津温泉はいつ来ても人が多い。
周辺の山々の紅葉シーズンは終わったというのに、
湯畑周辺は朝早くから多くの人でにぎわっていました。


c0055515_17131885.jpg今回は今まで行ったことがない共同湯をめぐった後、
草津ではあまりない自家源泉を持つ宿
草津館か泉水館のどちらかで〆よう、
そんな計画を立てていたので、
とりあえず目当ての共同湯に向かうことに。

湯畑周辺は人が多かったので、空いてそうな東側の共同湯をめぐることにしました。

  写真は睦の湯

巽の湯~睦の湯~恵の湯と歩いていき、恵の湯から行こうか・・・と思っていたのですが、
地元の人でにぎわっている様子。ならば、一番端のこぶしの湯まで行ってしまおう。
ということでこぶしの湯へ向かいました。
さすがにこのあたりまで来ると、地元の人以外はまったくいない状態です。

c0055515_17241472.jpg
こぶしの湯は、温泉街中心部から国道292号線を六合村方面に行ったかなり温泉街の外れの、道路沿いにあります。
建物は草津温泉の共同湯の中では比較的新しいものです。

ちょうど地元の人が上がったところで、
「今誰も入っていないから入っていきな。気持ちいいよ~」ということで早速中へ。

浴室はこじんまりしたものですが、前面に大きな窓が取られ明るい浴室です。
ここの特徴は、なんといってもその前面の窓の外にある小庭。
外から見ると露天でもありそうな感じ。

浴室の雰囲気はかなり良くすばらしい共同湯でした。

c0055515_17242698.jpg■施設
 コンクリに木製の木枠の浴槽は4人も入るといっぱいの大きさ。1×1.5mくらいか。天井の高い草津温泉の共同湯に良くある建物で、湯気がこもらず快適。掃除もしっかりされているようで地元の人が大切にしているのが分かります。
 湯船に浸かると豪快にあふれる湯がひじょーーーにもったいない・・・。

■混雑
 タイミングが良かったのか、貸切状態でした。

■湯
 浴槽の温度は40度ちょっと位のちょうど良い状態。ただ、湯口は他の共同湯と同様バルブなので、これはそのときの状態次第。ちなみに湯口の湯はかなり熱い。強い酸味のある湯は、入ってすぐにつるすべになり、おそらく万代鉱源泉だと思います。
 入ってしばらくすると・・・手がふやけてしわしわに。


こぶしの湯は草津の共同湯の中でも後発のようです。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-11-23 17:27 | ★温泉のページ
40000キロ到達。
c0055515_16541531.jpg3月にやってきた”さめ”号ことR34スカイラインが、先週末40000キロに到達しました。

とりあえず、ここまでは順調に推移です。

これまた先週末交換したオイル効果?か、草津への行程はなかなかの快走を見せてくれました。
クルマとしてはまだまだこれから・・・ってトコですね。
c0055515_16543795.jpg

それにしても、このクルマ、街中であんま見かけません。
正直、やっぱこんなに売れてなかったんだなぁ~と思い知らされます。。。
まぁそれはそれでいいとして、
これからも無事に温泉へと、それだけでなくいろんなトコにつれてってほしいもんです。

・・・・が。

悪い虫が頭をもたげてきました。

このクルマ、免許とって以来久々二台目のAT車なんですが、最近左足が。。。


それよりも大きな問題が・・・!
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-11-23 16:55 | ★さめのページ
半出来温泉登喜和荘② 解放感満点露天風呂 ~群馬嬬恋村~
c0055515_23543875.jpg内風呂から露天へと続くドアを開けると・・・、
露天風呂は田んぼの中の先、川沿いにある。
これ、結構距離がある。おそらく周囲からは丸見えであろう。

c0055515_2356571.jpg幸い?人家などが近くにあるわけではないので
(視界にはあるが詳細を確認できないレベル)、
まぁ男児の場合大きな問題はなかろうが、
女性の場合は気になるだろう。
※ちなみに露天風呂は混浴。

で、やや間抜けな姿で露天への道?を急ぐ。
ん~、寒い寒い、かなり寒い。

c0055515_2357475.jpgc0055515_23581986.jpg


川沿いの露天はやはり木の浴槽。目当ての味噌ダル浴槽は一番奥だ。

助けてぇ~とばかりに湯船に足を差し入れると、これが温い。

c0055515_002946.jpg露天風呂は味噌樽浴槽が一番あったかくて、
そこから下流にゆくにつれ
かなり温度が違った状態になってた。

源泉直入の味噌樽浴槽は暖かいんだけどなぁ。。。




c0055515_013261.jpg■施設
 脱衣所などは多少足の裏が気になる・・ような感じで、浴室もややくたびれ(鄙び)ているが、汚い!というところまではないってないのでそれほど気にならなかった。

 浴槽は内湯・露天とも木の浴槽。宿の主人が木の浴槽、好きだとのこと。

 内湯は3m弱×1mくらいの木の浴槽で、深さもちょうど良く心地よい浴槽だった。源泉掛け流しの浴槽は源泉温度があまり高くないこともあって、40度程度でとても入りやすい。

 露天もやはり3m×1mくらいの木の浴槽。露天は奥から一人用の味噌樽二つ、浅めのスペース(これは味噌樽に入るためだと思う。寝湯としてもいけそう)、そして一番広いスペースの三つに仕切られていて、奥のほうから手前に掛けて温くなる。真冬は一番手前は厳しいだろう。

 まさに解放感満点で、これぞ露天風呂といったものだ。前には吾妻川とそこにかかるつり橋を望め眺めも良く、すばらしい露天風呂だ。

 ただ、女性がここに入るのはかなり勇気がいるものと思われる・・・。

c0055515_044420.jpg■混雑
 8時半くらいだったこともあり、貸切だった。
 上がるときに人がやってきた程度。
 日中に訪問したらどうなるのだろう。
 スキーの時期とかは一定混むのだろうか。

■湯
 細かい茶色の湯花が舞う湯は、肌触りとしては特にキシキシもつるすべも感じなかったが、よく暖まる湯だ。細かい泡付もある(露天のほうが良くついた感がある。気のせいか??)寒中の露天風呂で40度程度であっても汗がじとっと出てくる感じ。飲んでみると濃い目の塩味がする。


 結局味噌樽浴槽がちょうど良い湯加減。こういう瞬間を求めてまた来てしまうだろう。
夜、星を眺めてはいるのもいいかもしれない。

詳細データはコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-11-23 00:16 | ★温泉のページ