ブログトップ
<   2005年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
層雲峡温泉 層雲閣グランドホテル② ~北海道上川町~   北海道中記③
c0055515_22235328.jpg温めだったにもかかわらず、思いのほかあったまった体は、
じんわり汗が・・・。でもちょっと心地よい。

露天風呂はマルモ大浴場から離れたところにある。
そのため、一旦服を着て移動。のぉ~暑いっっす。
でも、これが温泉効果。
そう思うことにしてそそくさと移動。

露天風呂は別館?の五階にあり
フロント前を一旦横切ってからエレベータであがる。

露天のある浴室は、「宝石の湯」という小ぶりの内湯二つと
その外に広がる露天風呂からなる。
c0055515_22242345.jpgc0055515_22243254.jpg
露天はかなり大きなものとやや小さめののものと二つ。
(写真の左が大きめの露天。右が小さめの露天)

・・・実は小さ目・・・とは書いたけど、十分デカイ。
普通で言えば、小さいほうが大きめ!という露天のサイズだ。
泳ぎたくなるような衝動が多少湧き上がりかける。


c0055515_22292788.jpg巨石を配した露天風呂はなかなかよい感じ。

湯温は、大き目のほうが温め。
小さめのほうが熱めになっていた。

まぁただ、感覚的に露天のほうが
マルモ大浴場より温泉はちょっと薄めカナ。

マルモ大浴場で見られた
グレーの細かい湯花はたくさんだったけど。

小さな露天のほうは、
なぜかどこからともなく塩素のかほりが漂ってきたので、
あまり近づかなかった。残念。



c0055515_22294080.jpg

露天に入っている間、
弱い雨がぱらぱらっと落ちてきたりと
不安定な天候だった。

ただ、ちょっと寒さを感じる陽気は
逆に温まっていた体には、
なんとも心地よかった。

ん~てか、ちらほら人はいたものの
ほっとんど貸切!!
すばらしく贅沢なひとときだった。



c0055515_2232478.jpg

こちらは宝石の湯。
なぜかマルモ大浴場にはあれだけあった湯花は、
この浴槽を満たす湯には
ほとんどなかった。


ちなみに露天も加水はしているものの
掛け流しとのことだった。

温泉成分はコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-09-29 22:39 | ★温泉のページ
層雲峡温泉 層雲閣グランドホテル① ~北海道上川町~   北海道中記③
c0055515_102173.jpg当麻鍾乳洞のあと、訪れたのが層雲峡温泉。
けっこう何度も層雲峡には来ているんだけど、
実は、温泉にはこれまで入ったことがなかった。

c0055515_104173.jpg今回は、念願の温泉に入ることができた。


で、選んだのが層雲閣グランドホテル。
ここは層雲峡温泉の端にある老舗ホテルらしい。
館内には野口雨情が昭和二年に訪れた際の詩なんかも掲示されている。


c0055515_163022.jpg日帰りは12時からで1000円。ちょっと高いかな・・。
ここのお風呂は、マルモ大浴場(大理石浴場)と
露天風呂(宝石の湯という内湯つき)。

温泉街の外れにあるためかすいていた。
大浴場は先客ZERO。貸切♪


c0055515_164886.jpgかなり広い大浴場は
熱めと温めの浴槽の二つに分かれている。
ただ、この日は二つの浴槽に差はあまり感じなかった。

男湯は二階からのアプローチとなっていて、
この二階部分にもお風呂があり、
さらに階下に温冷の二つの大きな湯船がある。

ここまで大きなお風呂にはあまりお目にかかったことがない。

浴室の床は多分、ウリの大理石なんだろう。


c0055515_17750.jpgc0055515_171866.jpg
浴槽はタイル張りの非常に大きなもの。
一体何人入れるんだろう・・・そんな印象。
天井も高くお風呂も広く快適だった。
しかも貸切★
ただ、ところどころにちょっと疲れた感じは受ける。
でも決して手入れが行き届いてなくて汚い印象というものではないけど。
温泉は掛け流しとなっているようだった。


これだけ大きな浴槽で掛け流し・・・・。
ちょ~っと胡散臭いものの
加水しているとの断りがあったため納得。

c0055515_173484.jpgそのためか浴感はやはり薄い。
けれども、軽いつるすべ感があり
気持ちがいい湯だ。
グレーの細かい湯花がたくさん
(消しゴムのカスのよう)。

それほど熱い湯ではなかったのに汗がじんわり。。
とてもあたたまる湯だった。

続いて露天へ⇒
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-09-29 01:16 | ★温泉のページ
当麻鍾乳洞 マカロニ!? ~北海道当麻町~ 北海道中記②
c0055515_021614.jpg北海道初日、天気があまり芳しくないんで、
空港でレンタカーを借りるとクルマを当麻鍾乳洞~層雲峡へと走らせることにした。

c0055515_023529.jpgこの当麻鍾乳洞は
北海道の天然記念物に指定されているそうな。

昭和32年に発見されたこの鍾乳洞は、
1億5千万年前
ジュラ紀に端を発しているんだとか。

おっそろしく長いこった・・・。

よく整備された駐車場にはそのせいか、
恐竜さんの像なんかも置いてあったりした。


c0055515_041376.jpgさて。
入り口で500円の大人料金を支払いいざ中へ。

暗い洞内は、
スポットごとにライトアップされている。
あちらこちらに「天岩戸」やら「幸福の間」などと
それっぽい名前がついていた。


ここの鍾乳石の特徴は、
「不純物が少ないため結晶度が極めてよい状態にある」
ことのようだ。

確かにそういわれて見ると、色がとても白い。
マカロニ鍾乳石とか、どっかに書いてあったっけ。

↓この写真の鍾乳石なんかはまさにそんな感じ。
c0055515_064388.jpgc0055515_065376.jpg



鍾乳洞は意外に奥深く、ところどころ
天井が低かったり妙に狭かったりして、
なかなかにアドベンチャー。
c0055515_0104818.jpg炭鉱っぽい雰囲気をかもし出しているところもあったりと
けっこう童心に帰ってしまった。

おまけ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-09-28 00:13 | ★オデカケのページ
ぷうたろう 北海道にユク    北海道中記①
c0055515_23363475.jpg
c0055515_23404657.jpgぷうたろうは夏のばかんす・・・北海道に行ってきました。
んなわけで・・・とうとう金欠です。
出張中に思いのほか派手に飲んでしまい・・・今回の旅行で万策尽きた。。。

とりあえず富良野・美瑛に滞在してました。
天気はまずまず。初日のみ雨降りであとは晴れでした。

c0055515_2342076.jpg旭川空港に着いた僕がまず目にしたのは・・・
14度!という温度計!
半そで一枚の場違いな奴が
そこにはいたのでした。


旭川~層雲峡~美瑛~富良野~美瑛~富良野~十勝岳~美瑛~富良野・・・と
あのあたりをウロウロしてきました。次回は初日の雨模様について綴ります。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-09-27 23:43 | ★オデカケのページ
いでぼく=井出種畜牧場のアイスミルク ~静岡富士宮市~ 
c0055515_0132816.jpg勝手ながら、富士ミルクファームでやや不完全燃焼だったため、
やはりジェラートの評判を聞いていたいでぼく(井出種畜牧場)へハシゴ。。

実は当初はいでぼくの方に行きたかったんだけど、
場所がわからずミルクファームに行った
という流れもあって、今度は自然と気合が入る。

皮肉にもミルクファームで地図をゲット。
とりあえず位置を確認し向かう。
でも地図が大雑把なためなかなか場所がわからない・・・・・。

c0055515_0135397.jpg※実際、ミルクファームの方面から行くと
 看板等でてなくてかなり難解な道中となった。
 反対からだとけっこう簡単にいけるらしい・・・・。
 確かに夕方だったにもかかわらず
 けっこうな人がいた。

ようやくたどり着いたところで、
ダブルコーンを注文(350円)。
上に乗っけたのは、定番のミルクと
ジャージー牛のジャージーアイス。

c0055515_014830.jpg出会いました♪
これは牛乳の味濃ゆいジェラートだった。
溶けるのが早く食べるのに多少苦労はしたけど、満足。
なんとか気持ちを落ち着けることに成功!
うまかった!

あと、ココは牛乳も飲めます。
・・・牛乳も飲みてぇ~と思ったけど、
すでに濃厚ソフトを二個食べたため大事をとって断念。
ちなみに連れが果敢にもチャレンジ。
かなりうまかったようだ。

しかし・・・
その結果、彼は朝霧高原の道の駅で20分ほどトイレの住人となりました。


c0055515_0131572.jpg


※ちなみに東名の海老名サービスエリアでも食べることができるらしい。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-09-26 23:59 | ★ゴチソウのページ
白糸の滝 富士の雪解け水 日本の滝百選 ~静岡富士宮市~
c0055515_2351380.jpg富士の白糸の滝にはこれまでいったことがない。
近くにある田貫湖にはいったことがあるけど、
確かそのときは駐車場が混んでてうんざりして行かなかったよ~な・・・。


白糸の滝には国道139号上井出インターからクルマで5分ほど。
滝の入り口にはたくさんの土産物店が並ぶ。多少いらん感じがするが・・・

クルマを手前のタダ駐車場に止め、滝までは歩くこと5分ちょい。
c0055515_23511967.jpg
途中には音止の滝という名前とは逆の、
それこそけっこう豪快な滝がある。

この滝、ホント水量豊富ですごい勢いだ。
滝つぼから距離があるにもかかわらず、空気がひんやり


ちなみに滝の名の由来は・・・、
幸若舞や浄瑠璃など中世・近世芸能の題材となった
曽我物語の曽我兄弟が鎌倉時代に親のあだ討ちの
相談をした際、滝の音で声がさえぎられたため、
それを嘆いて神に念じたところ、
一瞬滝の音が止んだ
と言う伝説に由来しているとのこと。



c0055515_23514413.jpgさて、
その豪快な滝を尻目に
メインの白糸の滝へ。

途中視界が開けるところから
遠くに見える滝はけっこうな大きさ。
とくに横幅の広い滝のようだ。


階段を下りて滝に近づくにつれ、空気がひんやりとしてくる。

しぶきを上げる滝からはかなりのマイナスイオンがでてそう。。。


c0055515_2352770.jpgc0055515_23531724.jpg


滝は想像してた以上にワイドで、落差もけっこうあり
水もきれいで、なにより涼しくてなんだか気持ちがいい。
(残暑のこの日もここだけは別天地だった)

細く確かに白い糸のように流れる水は、
やさしい、やわらかい印象。


c0055515_2353379.jpg
滝つぼをくるっと囲み、そこにしぶきが絶えず舞い上がる。

そこはしばらくぼぉ~っとしてしまう、そんな癒しの空間でした。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-09-21 23:58 | ★オデカケのページ
富士ミルクランド
c0055515_0102479.jpg富士ミルクランドは、白糸の滝近くの朝霧高原にある牧場併設の施設。
名前の通りミルクはもちろん、
ジェラートやチーズやら、乳製品の王国らしい。

奥のほうでは牛さんや山羊さんたち
触れ合える広場もあるようで、ファミリーにはよいんではないだろうか。

c0055515_0104871.jpgあいにく野郎4人連れだったため、
牛さんたちとの触れ合いは
絵的に気持ちが悪いため却下。
お目当てのソフトクリームへ直行した。

ここのソフトクリームは、350円。
ミルクファームということもあり、濃い目のソフトを期待!

ゲットしたソフトは、確かに濃い目のソフトだった。
でもそれは、”卵”濃い目のソフトだった&コーンが多少しょぼかった。
んなわけで、少々肩透かし。。。
牛乳の濃いぃのを期待したんだけどなぁ。。。
(ちなみに決してまずいわけではなくたまたまこのときの気分と異なったということ)
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-09-21 00:06 | ★ゴチソウのページ
佐野川温泉 大きな源泉露天風呂のある一軒宿 ~山梨南部町~
c0055515_231454100.jpg佐野川温泉は、県道から細い川沿いの道を行ったところにある一軒宿。
しか~し。
その入り口の道筋の雰囲気からは想像がつきにくい混み具合。
大人気施設なのか激混みだった。


玄関入って左手にある浴室は、キレイでまだ新しいようだ♪
天井も高く広々としていて気持ちよく、ゆっくりできそう。

タイル張りの内湯は加熱浴槽と源泉浴槽。
加熱浴槽のほうが若干広いけど、
いずれにしても両浴槽ともかなりの広さ。そこに温泉が掛け流されている。

c0055515_23184085.jpg源泉浴槽は、けっこうぬるめ。
30度ちょっとではないだろうか・・・。
残暑厳しい時期には、この温さが気持ちいい。
いつまでも入っていられそうだ。


この佐野川温泉は単純硫黄泉。

温泉はつるすべ感がある。
ただし似た浴感の梅ヶ島温泉ほどではないように思う。

逆に、炭酸が多いのか、入っていると体に細かい泡がけっこうついた。
この泡つき、同じ山梨の韮崎旭温泉には負けるものの、けっこうなものだった。
なんだか泡がシュワシュワ・・・気持ちがいい。


露天も内湯同様加熱浴槽と源泉浴槽。
こちらは源泉浴槽のほうが広い。

内も外も湯口近くが大人気。
やっぱり近くは泡のつき方が全然違った。

c0055515_23185830.jpg浴槽が大きいためだろうか。
湯口から離れたところの湯は多少鈍り気味。
なので湯口近くが大人気なのも分かる。

ちなみに加熱浴槽は、
入ってて鮮度がやっぱり源泉浴槽より一段落ちる感じだった。
ただ源泉浴槽は、けっこう湯温が低い。
特に露天は、
30度の陽気の日の夕方でも多少の涼しさを感じた。
秋以降はつらいだろうな・・・。そんな風に思う。

温泉に浸かっていた手を鼻にかざすと
おなじみのあの卵臭=硫黄臭がけっこう強い。
飲むとまさに硫黄泉独特の味。


この日は佐野川と梅ヶ島をハシゴしたけど、
佐野川の方がにおいは強い。味は梅ヶ島のほうが濃かった。

ちょっと混雑しているけれど、
掛け流しの温冷両方につかれる貴重な良い温泉だった。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-09-19 23:10 | ★温泉のページ
そば処金時  名物かつ皿 ~静岡富士市~
c0055515_23443746.jpg金時は富士駅前の商店街にあるそば屋さん。
とはいうものの、
どちらかというと定食系のメニューが多い。
(桜海老のメニューも多い)

出張先の地元の人から、
かつ皿の話を聞いて、今日の夕飯にしてみた。
なんでもこれ目当てに食べに来る人もいるんだとか。


かつ皿は単品で頼むと900円。
お蕎麦やサラダがセットになった
かつ皿セットで頼むと1000円。

ボリューム的には断然かつ皿セットが
ハイコストパフォーマンスだ。
(ちなみにかつ皿単品のご飯なし・・・なんてのも注文可)


出てきたかつ皿は、そうだなぁ。。。
一言で言うと卵とじしていないカツ。

要はカツ丼をどんぶりでなく皿に盛り付けたイメージ。
ご飯の上に、カツを乗せ、
卵とじされていない状態のタレ?(たまねぎ抜き)をかけた感じ。

蕎麦は普通。かつ皿は
超!うまい、感動!とまでは言わないけど、
ボリューム満天。満足。


ちなみにこのお店、焼酎安いです。
中々・・・350円等基本的に焼酎は350円だった。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-09-12 23:44 |  ●蕎麦のページ
うつろぎの手打ち蕎麦 梅ヶ島温泉道中記 ~静岡静岡市~
c0055515_13105071.jpg梅ヶ島温泉の南。
梅ヶ島に向かう途中で有東木方面へと
右に分岐する細い道へと分け入る。

有東木地区は、山葵栽培発祥の地なんだとか。
確かに、車窓には急斜面に張り付くようにして、
わさび田と茶畑が相当数点在している。

きっと谷を流れる水は、
山葵作りに欠かせない、きれいな水なんだろう。


「うつろぎ」は分岐から
クルマを五分ほど走らせるとある食事処。
蕎麦や定食、そして特産品などを直売している施設。

どうやら、有東木地区を散策する際の
拠点となるような施設に・・・というところらしい。


さて、お腹をすかせたぷうたろうは、
早速目当ての手打ち蕎麦を食べました。

このお店の裏手には、
実は綺麗な水がすごい勢いで流れている。

そのせいか、そこはヒンヤリ気持ちがいい。


それを眺めながら食べた蕎麦は、
香り味ともに、蕎麦蕎麦蕎麦!色濃い。
ややばらばらっ・・・とした食感とともに
好きな蕎麦だった☆

からっと上がった天ぷらもつけて、
もり天、しめて650円なり!

ハイコストパフォーマンス♪
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-09-11 13:10 |  ●蕎麦のページ