ブログトップ
<   2005年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧
氏家松島温泉乙女の湯 超すべすべ湯 ~栃木さくら市~ 
c0055515_2350565.jpgさくら市は平成17年3月28日に氏家町・喜連川町が合併して誕生した新しい市だ。
このさくら市の氏家松島温泉は、旧氏家町に位置する源泉掛け流し温泉として、
これまで何度行こうとして行けずにいたことだろう。。。
よーやく今回行くことができた。

c0055515_23522248.jpg氏家松島温泉乙女の湯
県道48号線沿いにあった。

県道すぐ脇、というよりはちょっと奥の田んぼの中に大きな、目立つ看板が立ってる。(ちなみにここは宿泊もできる)

田んぼの中の道を行くと、ほどなく到着。

行ったのは夜の8時近くだったけど、
けっこうな人がいた。

16時以降は大人一人500円(通常は800円)。


お金を支払うと、ロッカーの鍵を渡される。
男女別のお風呂は、タイル張りの内湯と露天風呂からなる。

c0055515_23515987.jpg内湯は5m四方くらいの正方形。
湯口からお湯がどばどば。
排水口もあったけど、
吸ってなさそうだったんで掛け流しだろう。


露天はおそらく楕円形の細長い湯船を、
中央の壁にて男女を仕切っている、
そんなレイアウト。


c0055515_23533010.jpg
けっこう広い。
がんばれば10人くらいは入れるだろう。
(ついでに露天の庭もひろい)


ビックリしたのが、ここはカランもシャワーも温泉。
最初気づかず、石鹸で体を洗い流しても流してもなんかぬるぬるしてるなぁ~。
そんな風にのんびり思っていたが、
実はそれは温泉のせいだった。

温泉はものすごくぬるぬる(そしてちょっとつるつる入ってる)していた。
コレが、とても気持ちがいい。思わず体を触ってしまう。
※最近行った山梨のはやぶさ温泉よりさらにぬるぬるが強いように感じた。

この日は夜になっても蒸している日で暑かったけど、
露天の温泉は温めでちょうどよかった(長湯ができる♪)。


露天に入ったときは4人の先客がいて、しばらく入れ替わり立ち代り
常に5人程度の人が入っている状態だった。

この露天風呂。
中に座るのにちょうどよい岩があってこれがなんとも心地良い。

ちなみに石鹸以外のアメニティは無いんで注意!
そのため、シャンプーが無いため髪を洗うべきか迷った。
でも、温泉がぬるぬるのアルカリ泉。
天然のリンス!・・・ということで洗うことにした。
実際、結果オーライ。
石鹸はあまり泡立たなかったけど、無事、しっかり?洗うことができた。
リンスも効いてた。

おそるべし氏家松島温泉。

温泉成分はコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-08-31 00:03 | ★温泉のページ
日光湯元温泉 温泉寺の源泉地帯 ~栃木日光市~
c0055515_22294347.jpg湯の湖の湖畔に広がる日光湯元温泉。
今回は、その魅力的なにごり湯の硫黄泉の湧く、温泉寺に行ってみた。
日光湯元の温泉は、そのほとんどがこの温泉寺から湧くと聞いている。
こういった泉源を見るのって、なんだか心躍るのだ★


温泉寺は、日光湯元温泉の中心のやや北側にある。
ただ、まぁほぼ中心といっても良いかも知れない。
駐車場のすぐ近くだし。
c0055515_2230881.jpg温泉寺の大きな石灯籠の並ぶ参道を歩くと、
右手に泉源地帯へと続く木道がある。

泉源地帯は湿地帯になっているようだ。
葦が茂っていた。

浴衣を着た宿泊客に混じりながら木道を歩く。
「いいな~、この人らこれから泊まりで温泉三昧・・」

今日の宿がないときは、ちと、そんな人らがうらやましか。

さて、気を取り直して辺りを見ると、奥の左手側にもくもくと白い湯気が!!!
ちょっと歩く足取りも軽くなるのだ~。

c0055515_2231014.jpg
湯気の元まで行くと、
なんだか小さな小屋?のようなものが。

どうやら、そのなかから温泉が湧いているようだ。

なかを覗いてみる。
ものすごい熱気。
そして湯気。


c0055515_22333589.jpg
よ~く目を凝らすと小屋の中は
温泉で一杯で、しかも底から
ぼこぼこ音を立てて
自噴していた。
これ、スゴぃな~~~。
ぽこぽこではない。ぼこぼこだ。
湧いているのはけっこうな量ではないかな?



c0055515_22394042.jpg
この小屋の周りからも、
少量だけど温泉がぽこぽこ。
手を触れると熱い。
でもすぐに手がスベスベに。
いいな~。
それに、このただようほのかな硫黄のかほり。

すばらしいところだった。



ちなみに各小屋には源泉の所有者?を意味しているのか、
旅館の名前が書かれてあった。(釜屋だとか板屋だとか)
c0055515_2244742.jpg


⇒昨年入った日光湯元温泉湯元ヒルサイド・イン
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-08-26 22:44 | ★温泉のページ
日光湯元温泉 ゆのホテル 湯元ヒルサイド・イン ~栃木日光市~
日光山温泉寺のすぐ近くにあるゆのホテル湯元ヒルサイド・インに日帰り入浴した。
以下、2004年8月来訪時の様子です。(写真がどこかに行ってしまった・・・・)

★★★★★

日光湯元温泉の東北端に位置する、ちょっと大きめなペンション。
温泉寺の東200mほどのところにあり近くには足湯もある。
湯元温泉そのものがそうだが、とても静かでのんびりした環境だ。
c0055515_2344079.jpg
どこか
「日帰りできるところないかな~」
と物色してたら、
ここは日帰りが可能のようだった。
早速行ってみた。(日帰りは一人800円)

たまたま夕食時であり、宿泊の人はご飯のためお風呂を独占することができた。

~~
貸切露天風呂前は畳がしかれ、小さめのいすがしつらえてある休みどころ。
そこから下への階段を下りると男湯。
下りずにそのまま廊下を進むと女湯だ。なかなか良い感じ♪


まず貸しきり露天。1.5m四方ほどの湯船と脱衣スペースからなる。

お湯に手を触れると・・・熱っ!
源泉の温度が高いためか、湯船に入った温泉が湯の一番上にたまっていたようだ。
かき混ぜてみるとちょうど良い感じの温度になった。


やや白濁といった温泉は、かき混ぜたことによって湯の花が混ざり白さを増した。
ミルクのような湯に早変わり。


お湯は思いのほかマイルドな感じ。


貸しきり露天をあがったあとは男湯へ。清潔に手入れされた脱衣所が気持ちがいい。

内湯は木枠に縁取られたタイル張りの浴槽。
これが大人3~4人ほどの大きさだろうか。なかなかいい雰囲気。
外の露天は2m四方の東屋風の屋根付きのもの。
残念ながら眺望はきかないが、こちらもなかなか良い雰囲気。


まずは露天。

一番上の層が熱いのは貸切と同じ。
かき混ぜて(ここの宿はどの浴槽にもかき混ぜ棒?が常備されている)入るとやはりちょうどいい★

貸しきり露天よりは大きいので、ややぬるめで入りやすい。
誰も入ってくることのない湯船に身を沈めほっとすると時間を忘れてしまいそうだ。
というか、あまりの気持ちよさにうとうとして。。。忘れた。


内湯も例によってかき混ぜて入るが、こちらは露天よりさらにぬるめ。
でも外気と室内の差があるため、逆にむしろこの差はありがたかった。
室内のためより硫黄のかほりが際立つので、硫黄泉ジャンキーとしてはこの内湯はスバラシイ★

ちなみに、洗い場のカランも、すべて硫黄のためか真っ黒だった。
結局1時間半入っていたが、掛け流しのミルク色の温泉は、とっても気持ちよか・・だった。

温泉成分はコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-08-26 22:24 | ★温泉のページ
日光★中禅寺湖展望台と半月山展望台ドライブ ~栃木日光市~
c0055515_21481956.jpg今市の蕎麦で食欲を満たしたあとは、もうひとつの目的を求めてクルマを走らす。
もうひとつの目的。それは、
涼!

だって、下界は暑いんだモノ。もううんざり。そろそろなんとかなんないかな?
夏は嫌いではないものの、必要以上に暑いのは萎える。。。

日光の上のほうまで行けば、さすがに涼しいんではないか?
とにかく、涼を求め、先へと進んだ。


さて、車は順調にいろは坂へと差し掛かる。
いくつかカーブを登って窓を開けると、なんとそこには求めていたモノが!!

涼しいっ!

クーラーを止め窓全開。この辺りから日もかくれていた。
c0055515_223344.jpgクルマは明智平を過ぎ、中禅寺湖畔に。思いのほか空いていた。

華厳の滝はパスして奥日光方面へ。
・・・とそのとき、半月山展望台との文字が目に入った。

そういえば、ここはまだ行ってなかったなぁ。
ということで、向かってみた。

展望台までの道は、思っていたより急な上り坂、それに距離もある。
ワインディングをしばらく走ると、展望台があった。
そこは「中禅寺湖展望台」。湖畔からココまで5分強くらい。
かなり登ってきている。


クルマを降りて外に出ると、そこは想像してたよりキレイだった。
c0055515_2235645.jpg
そして、なにより涼しい。
天国のようだ♪

ここは、その文字通り、
中禅寺湖が一望できる
ところだった。

しばらく、
大量に飛んでた
トンボたちと、
ぼぉ~っとしてた。


どれくらいしてたんだろう。
たぶん長いこといたはずだ。

・・・ぽつ、ぽつ。
雨が落ちてきてしまった。

仕方なくクルマをさらに先の半月山展望台へ走らせた。
すぐに着いた展望台は土砂降りの雨に煙ってた。
まるでなんも見えない。
クルマもいない。
c0055515_2244314.jpg
ちょっと待ってみたけど、
雨はやむつもりなどサラサラないよーで、
鳴る雷はひじょーに近く。

クルマの中とは言え、怖気づきまして・・・はい。
退散しました。残念。。。


c0055515_225938.jpg

そうやって川のような道を湖畔まで戻ってくると、
下は雨は上がっていて、中禅寺湖はあくまでも穏やかだった。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-08-26 22:12 | ★オデカケのページ
純手打ち今市の蕎麦 水無湧水庵★いよいよ ~栃木今市市~
c0055515_0315023.jpg長かったんだか、短かったんだか、よく分からない待ち時間を経て店内へ。
さて、蕎麦を注文する段になり、男体おろしそば(700円)とざるそば(650円)で迷った。
ざるそばの大盛り(+100円)にしようかなと決めかけた。

でも、三合やら五合やら一升やら、
日本酒のようなそばが気になって仕方がない。


定員のおばさんに聞くと、三合はもりそば三枚です・・・とのこと。

ん~。

c0055515_0322147.jpgあの悪い癖
⇒もう終わっちゃう・・・
 という気持ちをあまり持つことなく
 好きなものを食べることに快感を覚える

・・・がのっしのっしと頭をもたげてしまった。

ということで、
結局三合(1600円)と男体おろしそば、
そして天ぷら盛り合わせ(400円)、
あとそばっがき(350円)を注文。

と、ここでおばさんよりストップが。

「三合をお一人で?すか?ん~それにそばっがきはけっこうボリュームありますよ」

・・・暴走気味だったらしい。
一人で食べようという奴はあまりいないようだ。

ということで、安全策をとりそばっがきは断腸の思いでキャンセル。

c0055515_033222.jpg
まずは天ぷらから運ばれてきた。

ナスやピーマン、マイタケなどの野菜天に
かきあげ。

ワタクシ、無類の野菜天好き。とってもうまそう。
(でも、とりあえずそばを見るまでは手をつけるのはやめといた)

そばが運ばれてくるまでの間、多少の間が。

自分たちの次に店内に案内された人たちが、先にそばを食べ始めてるのが見えた。
もしや大量なんで時間がかかってるんでは?
若干あせる。

c0055515_034694.jpg

運ばれてきたそばは、でかいざるにで~ん。

明らかにファミリーサイズでした(でもちょっとうれしかった)。

c0055515_039271.jpg早速、放たれた矢のように、そばを食べる。
ん~、そばの味が濃い!これはうまい!
量が多かったんで、食べきる見込みがつくまでは
スピードを上げ気味に食べる。
久々に本気。
ぱくぱく。

半分食べたところで、完食できる目処がついた。
ここからは、天ぷらをつまみつつ
のんびり食べることに。

しっかし、そばってなんでこんなにうまいんだろう。
c0055515_0394989.jpg
こちらは相方注文の男体おろしそば。
さっぱりでうまかった。

途中からたっぷりの大根おろしをいただき、楽しさ倍増♪

さすがに食べ終わった後は満腹だった。
でも、うまいものは、まだまだ行ける・・・
そして・・・今市の蕎麦、食えてよかった。
なんか今市って、やっぱ、すばらしい。

ちなみに、次回はざるの大盛りにしようと思います。

アクセスとアヒル君たち。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-08-25 00:45 |  ●蕎麦のページ
純手打ち今市の蕎麦 水無湧水庵★そばにありつくまで ~栃木今市市~
c0055515_0145123.jpg前に今市に行ったとき、蕎麦を食べることができなかったのが、か~なり心残りだった・・・。
なぜ失敗したか???それは今市のお蕎麦屋さんはみんな閉まるのが早かったから。
次に今市に行くときは、今度こそは蕎麦を食べる!
それをとうとう実現する日がやってきました。
リベンジ・・・です。

今回は行く前から、蕎麦屋さんを決めていた。
よくお邪魔させてもらっているブログ(右のリンクブログ幸せの味探しさん)に載っていた水無湧水庵。

ここのお蕎麦がなんともうまそうだったんで。。。
c0055515_0153911.jpg
水無湧水庵は、国道119号を日光方面に進み、
日光宇都宮道路の大沢インター近くを過ぎたあたりにある。
こないだ行った、今市の温泉森友の湯のちょっと手前あたり。

しかし、水無湧水庵・・・とは。
水が無いのに水が湧く・・・なんとも不思議なお名前。

水無とは、地図を見る限りちょうどこの湧水庵があるところの地名のようだ。

c0055515_016467.jpgお店にあった案内によると、水無そば組合という生産者団体があるらしい。

その人たちが純手打ちそばを出すお店として湧水庵を始めたのが平成11年のこと。

以来、安定してお蕎麦を出せるよう、4組の農家さんが専業でお蕎麦を供給しているそうだ。



休日の1時過ぎに湧水庵に到着すると、駐車場は満杯に近い。
お店の前には「満席です」の案内が。
そこに書いてある名前を見ると、およそ7組ほど待っているようだった。

ん~、すごい勢いだ。

しかも、湧くわくセットというセットは既に完売とのこと。
(ちなみにどんなセットだかは聞くのを忘れた・・・)

にしても、この日は暑かった。。。
道すがら、温度表示なんかも目に入るんだけど、
33度やら34度やら。。。1時過ぎの時間帯・・・かなりやばかった。
c0055515_0175787.jpg
店の裏手には、
小川が水の流れも涼しげに
流れていた。

これが店名の不思議のもう一つ、
湧水のほうだろう。


c0055515_0192948.jpg
実際手にとって見ると豊富な湧き水の恩恵か?
とても冷たくて気持ちがいい☆

そしてなんて綺麗な水なんだろう。

飲みたい・・・衝動に駆られたけど、とりあえずやめといた。


c0055515_0195794.jpg
奥には堀もあり鯉や鱒が泳いでいる。涼しそう・・・。

一瞬そこに入りたい・・・
という妄想がちらりと。



c0055515_0202830.jpg
杉木立の中、日陰で涼んでいると
大きいギンヤンマなんかも飛んでいる。
セミの声がかなりにぎやかに響いている。
この一帯だけ、風も心なしか涼しく天国だぁ。。。
んなわけで、腹がへってガス欠気味なのもあり、
ぼーっとしていたら、気がつくとあと一組だった。

感覚的にはあまり長く待った気はしなかったけど、
時間を見ると30分以上は待ったようだ。

いざ店内へ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-08-25 00:24 |  ●蕎麦のページ
柴又探訪 帝釈天参道~柴又駅 ~東京葛飾区~
c0055515_055735.jpg帝釈天のお参りを済ませ、柴又駅方面へ参道を再び歩く。
香ばしいにおいが、食欲をそそる。
とうとうこらえきれず、せんべいを買ってしまった。

c0055515_0552754.jpgc0055515_0553641.jpg
のりとゴマのせんべい(各60円)。
買ったのは金子屋さん。

せんべいをバリバリ食べ、
お腹は満足だぁ~。

しかし、
だいぶ日も傾いてきたんだけど、
相変わらず参道は賑やかだ。

c0055515_056167.jpgc0055515_0564039.jpg



c0055515_0585542.jpg
柴又駅は帝釈天からのんびり歩いても5分くらい。

途中、シロップ掛け放題200円なんてカキ氷があり、
ふらふらしてしまったが、なんとかこらえた。


さて、駅の看板の「柴又駅」の字は、なんか良いのです。

そして駅前はこれまたのんびりとした雰囲気に包まれていた。



c0055515_123275.jpg
この駅前には、有名な寅さんの銅像がある。

ちょっとカッコよすぎかな・・・と思えるその像は、
傾いた日を受けて、さらに二割増しくらい、よかった。


c0055515_17347.jpg
駅前にいた猫は、暑さに呆けていた。
近づいても、まったく動じる気配はなかった。

寅さんの銅像下にある、山田洋次監督のメッセージ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-08-24 01:06 | ★オデカケのページ
柴又探訪 柴又帝釈天★題経寺 ~東京葛飾区~
c0055515_23141435.jpg珈琲屋のソフトを食べ終わるころに、
帝釈天の参道入り口に到着。

もう夕方、しかも4時をまわってしばらく経つというのに、スゴイ人手だ。
にぎやかな参道を帝釈天へと向かう。
c0055515_23143186.jpg
右から左からなんだか香ばしいにおいやら、
甘いにおいやら、食欲をそそるにおいが
ぷんぷん。

ん~まずい展開だ。。。



c0055515_23151634.jpg
そんなこんなで帝釈天の入り口に。

参道入り口からここまで、
意外と短いものだ。

入り口前の店先では、猫が
ぐでっ・・・っと
してた。

・・・暑いらしい。

実際かなり日が斜めなのに暑い。

カキ氷を食べてる人もけっこう多かった。

c0055515_23154070.jpg

帝釈天の境内。

本堂はそんなに大きくはないけど、
とても立派だ。
たくさんの人がお参りしてた。

しかし、見事な松だなぁ。

それほど境内は広くないけど、
なんだか・・・
こんなに人がいるのがウソみたい。

c0055515_23175223.jpg
こちらは、寅さんの産湯?

井戸水らしく、さすがにめちゃくちゃ冷たい・・
とまではいかないけど、
手に取ると冷たく気持ちがよかった。
飲んだ。
うまかった。
さすが産湯!!!?
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-08-22 23:23 | ★オデカケのページ
柴又探訪 焙煎★珈琲屋のソフト ~東京葛飾区~
c0055515_1123321.jpg暑すぎてやる気がでない。日中はどうしても動くのが億劫に・・・。
そんな日も三時を回るころになると日が斜めになり、
昼間の暑さも、ようやく手を抜き始めた。

というわけで、ぶらりと柴又に行ってきた。


京成金町線の終点、金町駅から柴又方面へ。

金町線沿いの柴又街道を南の方角へ。直線道路が長く続く。
こないだの葛飾の花火大会の会場近くだ。
金町浄水場の横を通り、やがて、柴又駅が視界に入ってくることろには・・・
やっぱり暑い・・・暑すぎる。。。

そんなときにメシアが!!!
c0055515_11225181.jpg
珈琲屋という、
かなり珈琲にこだわりのありそうなお店。

そこの珈琲ソフトクリームである。

350円とちとお高いなぁ。
けど、買った。食った。うまかった。
幸せ~。


ちょっと店先にディスプレイされてた写真より小さかったけど・・・
でも、香りの良い珈琲の味がそのままパックされたかのように珈琲の味濃く、
巷の珈琲味のソフトとは一線を画すものだった。さっぱりしてたし。
わずかな酸味がさっぱり感をうんでるのかな?
これ、珈琲も飲んだらうまいんだろうな・・・・ぁ。
(あ、でもワシ、珈琲苦手なんだ・・・)

何で買ったのかは置いといて、とりあえず、珈琲を普段飲まない人でもOK!!!

さらに歩いて帝釈天へ。。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-08-20 11:25 | ★オデカケのページ
正徳寺温泉初花 うなぎ屋さんの琥珀色温泉 ~山梨山梨市~
ほったらかし温泉の近くにも侮れない温泉が二つ。
そのひとつが、岩下温泉。そしてもうひとつがこの正徳寺温泉だ。
(ん~写真が。一枚もないっ・・・)

ところで、この温泉、と~っても分かりにくいところにある。

c0055515_11462887.jpgとりあえず、国道からわき道に入っていくんだけど、
確か肝心要の国道からわき道に入っていくところの看板がない・・・。
初めて行ったときは何度通り過ぎたか・・・。

曲がるのは・・・国道140号沿いの山梨小学校のところの信号を
甲府方面向かって左にはいる(JAフルーツ山梨の支所脇の看板を目印に入る)。
そうすると、あまり大きくない看板が目に入るはずなんで、そこを右に曲がり、
これまたとーっても細い道を不安を感じつつ道なりに行くとある。

唐突にけっこう大き目の施設が目に入るので、多少びっくりする。
ちょっとした旅館のような外観だ。


なんでも、もともとはウナギの料亭だったらしい。
そのウナギを飼う池のミネラル分が多かったらしく、
主人がもしやと思い掘ってみたら温泉がドバドバ涌いてきたんだとか。。
なんともうらやましい話である。

日帰りは大人600円。

c0055515_18272747.gif

鍵つきの脱衣所から風呂場に行くと、
源泉浴槽(36度)と高温浴槽(42度)、そして露天風呂(38度)。
さらに寝湯(38度)と湯(38度)と鉱泉浴槽(25度)とバリエーションにとんだ浴槽が並ぶ!!

暑いときにいったけど、ここはぬるい浴槽が多いんで、快適★

そのほかサウナまである。

特に露天風呂は広く大人10人が入ってもらくらく~。
そしてほとんどが掛け流しだ。

詳細な成分は、このときは分析表の掲示がみあたらず不明。
たぶんアルカリ性単純泉で、琥珀色(ウーロン茶色)でヌルヌルとした浴用感が特徴。
ただ、温泉に浸かっているときはぬるぬるしてるんだけど、
あがるとこれが、実にさっぱり。

ん~なかなかに侮れまへん。

ちなみに、ご飯は食べなかったけど料理も充実していて、
うなぎのメニューもあった。次回は食べてみたい。

肝心の所在地はコチラ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-08-20 11:15 | ★温泉のページ