ブログトップ
カテゴリ:★温泉のページ( 321 )
下諏訪温泉 菅野温泉  ~長野県下諏訪町~
c0055515_222726.jpg
諏訪大社秋宮の近くにある共同湯。
下諏訪温泉には多くの共同湯があるが、
そのうちのひとつがこの菅野温泉で、
矢木温泉以来の下諏訪再訪である。

4月も下旬というのに、
吐く息も白い・・・というくらい冷え込んだこの日。
温泉に駆け込みたい、衝動がやってきたのである。


c0055515_2221976.jpg
c0055515_2222932.jpg

路地に目立たない看板がちょこっと出ていて、
トンネルのようなアプローチを経て、
重厚な昔ながらの番台、下駄箱、木の床の脱衣所。
まさに昭和・・・
自動販売機で220円。
チケットを番台のおばちゃんに渡す。


c0055515_2224810.jpg

タイル張りの楕円形の浴槽は結構大きめ。
そして高い天井が気持ちいい。
光も入って明るい浴室。
古くはあるが、汚くはない。

そしてなによりお湯、お湯。
これが真ん中の湯口からドンドコ出ていて、
見た目にも気持ちのよいかけ流し。

c0055515_223522.jpg

↑ふりがな注目!


c0055515_2231774.jpg

透明でさらりとした湯は、
毛穴血管が広がり、体の中から温まる。
4月にしては寒い陽気を跳ね返すパワーをもらうことができるのである。

泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉(アルカリ性低張性高温泉)
PH:8.7
泉温:56度
蒸発残留物:1,112mg
知覚的試験:ほとんど無色透明、苦味・塩味・わずかに硫化水素臭有す

訪問:2013.04
[PR]
by eratomoeratomo | 2013-05-06 22:04 | ★温泉のページ
春の雪見風呂 木賊温泉露天風呂  ~福島県南会津町~
c0055515_2213578.jpg
この週末の東日本は大荒れ?ともいえる天気。
明け方から積もり始めた雪は、一面を銀世界に染める。


c0055515_22132476.jpg
c0055515_22134031.jpg

勢いを増す雪は
しんしんと、あたりの音を吸い込み、
木賊の郷を静寂が包み込む。

いやーこんなときは温泉でしょ。

前夜しこたま飲んだ酒がわずかに残ってるかも?
という中、嬉々として朝風呂に向かう。

行きの道中はまだ路面をうっすらと覆っていた雪は・・・

c0055515_22135644.jpg


「あぁいい湯だ。」

ほのかな硫黄の香り。
夜の間にこんこんと湧いた新鮮な源泉により、
透明度をました木賊温泉の柔らかな湯は、
冷えた体をじんわりぽかぽかと温めてくれる。
目に映る景色に大粒の雪。
いやー素晴らしい景色だ!
極楽極楽!

c0055515_22141847.jpg
c0055515_22143431.jpg


時を忘れるくらい・・・浸かって、
帰り道の上り坂。
道は白さを増し、
いつの間にやら一歩一歩踏み出す足元が、
少し沈むくらいになっていた。


c0055515_22144972.jpg

春に雪見風呂。
これはきっとなにかのご褒美!

c0055515_2215293.jpg

[PR]
by eratomoeratomo | 2013-04-21 22:16 | ★温泉のページ
真冬の白骨温泉 つり橋の宿 山水観湯川荘  ~長野県松本市~
c0055515_22383767.jpg
c0055515_22384877.jpg

2月の白骨温泉はどこを見ても一面の雪景色。


今回の宿白船荘新宅旅館を予約したときに「チェーンがないとちょっと・・・」と言われ、
素直に松本駅からの送迎バスによる白骨温泉入りを選んだのでした。
いや~「急坂がけっこうある」と言われて4駆でもない車で行く度胸はありません。


白骨温泉は、宿泊者に限り湯めぐり企画ということで、
企画に参加しているいつくかの宿の日帰り入浴が可能になっています。
今回もそれを利用して通常だと日帰りできないこのお宿、山水観湯川荘に行ってきました。

でも外を見ないで決めたことを後悔することに。。。

c0055515_2239371.jpg
c0055515_22391851.jpg
c0055515_2239329.jpg

新宅旅館は比較的山の上、高台にあるんですが、湯川荘はその逆、川のそば。
大分下ってさらにつり橋を渡って、という意外とハードな道のり。
しかもこの日外は雪も舞い、道路は溶ける暇もない雪が積もったままカチコチに凍っています。

宿で長靴を借りて遅々として進まない歩みをえっちらおっちら。大分一仕事をした感じで
坂道を下り続けようやくたどり着いたのでした。。。すれ違う人もほとんどなく・・・


でも結論から言うと苦労した甲斐があった。良かったです。

c0055515_2240436.jpg
c0055515_22401920.jpg
c0055515_22403399.jpg

湯川荘の湯は自噴で源泉かけ流し。
手前が温めで湯口のある奥が熱め。
白濁した湯はやわらかく肌にまとわりつく感じ。とろんとしたような。
とても気持ちのよい入り心地のいい湯です。
それにしてもすごい堆積物。ここのお風呂の歴史が積もってます。
この浴槽はなんともとは、木曽のサワラ材によるものだそうで、
とても木とは思えず石かと思ってましたが、40年以上の歴史がそう変えたようです。いやーびっくり。

宿の人もとても親切に対応いただき、非常に気持ちの良い湯浴みになりました。
こちらの宿はこのほか貸切の露天が3つもあるようですが、内湯で十分でした。

c0055515_22405054.jpg

帰り道は雪が強くなっていて、しかも当然ながらずっと坂道で少し気が滅入りました。
が、湯を思い出してそれはムリヤリ頭の奥へ押しやりなかったことに。
いやいやそれも風情風情と。

2011.02
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-08-24 22:47 | ★温泉のページ
やわらかな湯 浅間温泉坂本の湯旅館  ~長野県松本市~
c0055515_2163299.jpg

信州松本の奥座敷浅間温泉。
そのナカでも松本から行くと
いちば~ん奥に位置する宿のひとつがこの坂本の湯。
いくつかある共同湯や他の日帰り湯、すぐ手前の人気の枇杷の湯もチラッと考えたけど、
どうやら循環らしいということで、かけ流しにこだわったこちらに行くことにした。

c0055515_216407.jpg

内湯のみで日帰り600円。
少し強気なのかな?という印象もあったけれど、
湯に浸かると納得。とてもいい湯使い。

清潔な脱衣所・浴室、そして程よい大きさの檜のお風呂。
木の浴槽のやさしい感触、ほのかに立ち上る硫黄のにおい。
熱すぎもせず温すぎもせず適度なころあい。
そして柔らから湯がなんとも心地よい。
時間を忘れて寝てしまいそうな・・・


c0055515_2165292.jpg

露天もないし、内湯だけだし、
言ってみれば地味だけれども、
お客さんが割りと切れ間なくやってくる。
そのやってくる様も地味にひとり・・・ふたり。
こちらの湯にはまってしまった方々なのかな?
なんてことを思いながら・・・
また浅間温泉にきたら、
ここの湯に浸かっているであろう自分を想像していた。

「いや、たぶんそうなる」



泉質:アルカリ性単純温泉 PH8.9 源泉温度49.7度 訪問日:2011.3
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-07-29 21:10 | ★温泉のページ
渋い公衆浴場 下諏訪温泉矢木温泉  ~長野県下諏訪町~
c0055515_22132321.jpg
下諏訪温泉と書いておきながら矢木温泉、と書のは矛盾かしら。

まだしっかりと肌寒い3月の半ば過ぎ。
下諏訪の町に入りちと湯が恋しくなったそのときに。
国道20号の道路っぱた、赤い字の「矢木温泉」という文字が目に飛び込んでくる。

「おやっ、こんなところに温泉が」
と思った頃にはしっかり通り過ぎてしまい、
その日は一度スルー。でも翌日もう一度その前を通ったとき、
気がついたら駐車場に滑り込んでいた。


c0055515_22133660.jpg
c0055515_2213459.jpg

予想通りの鄙び度合い。
でも、料金が安すぎる・・・220円とは。

浴室は少しむわっとする湿度の高さで、湯はほどほどよりちょっと熱いくらい。
41度~42度くらいだろうか。
慣れてしまえば長湯できそうだし、そんなに強烈そうな印象もない。
そう思って入っていると・・・
5分もすると、体が温い温い。
気がついたらダラッダラの汗にまみれている。
なんとも温まる湯だった。

毎日こうして湯に浸かり、しっかりと汗をかく。
タイルが少しはげてたりしてるけどいいじゃない、
湯はいいしなんたって安いんだから。


訪問日:2011.3
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-07-28 22:13 | ★温泉のページ
たまにはのんびり草津温泉 共同湯地蔵の湯  ~群馬県草津町~
c0055515_23253027.jpg
4月週末の草津温泉は、いつもより大分人が少な目。
震災の影響による自粛ムードの真っ只中だったのか。
どんな理由だか判然としないものの、このあとGWには人出が回復していたということなので一安心。
普段の週末からすると、不思議な光景に思えたのだった。

人出が少ない、もしくは少なそうな時間に草津にいると、必ず行くのがこの地蔵の湯。
「どこかひとつに行くとしたら」
必ず行くのはここだろう。

c0055515_23254039.jpg
c0055515_23254847.jpg

この日は週末の昼間にもかかわらず、
そろそろあがらないと疲れるな・・・というくらいのタイミングにならないと、
他の湯浴み客がやってこなかったのだった。

c0055515_2326261.jpg
c0055515_23261493.jpg

高い天井の湯気抜きの隙間から、淡い光が差し込む。
湯には白い細かな湯花がゆっくりと舞う。
指先は見る見るうちにふやける。


湯に浸かればやや厳しい温を感じ、外に出ればひんやりとした涼を感じる。
ものすごく火照るわけでもなく、ぴりぴり強烈すぎる刺激に攻められるわけでもない。
草津の中でも比較的丸い印象の地蔵源泉。
貸切の湯小屋の中で、時間の流れはとってものんびりと。
なんとも居心地のいい至福の時間。

やっぱりこの湯にはまた来てしまう。



かつての地蔵1
かつての地蔵2
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-07-26 23:27 | ★温泉のページ
川沿いの極楽 木賊温泉共同浴場岩風呂  ~福島県南会津町~
c0055515_22564129.jpg

湯の花温泉から木賊温泉へつながる道が整備され、
尾根ひとつはさんで隣同士だった両温泉は、すっかりお手軽に行き来できるようになった。

お湯は性格が湯の花と違うので、これはありがたい。
「今日は木賊」「明日は湯の花」
こんなことができるなんて、温泉JUNKYにはとっても贅沢なものだ。


c0055515_2257055.jpg
c0055515_22571117.jpg

木賊温泉の名物、共同浴場でもある混浴の岩風呂は、足元湧出の素晴らしき温泉遺産。
川沿いに作られた湯小屋の中、巨石の元の岩風呂は、
足元からゆらゆらと源泉が湧き出る、鮮度抜群の珠玉の浴槽。

湯の花ほどではないけど、普通の感覚からするとちょっと熱めの湯は、
アルカリの硫黄泉らしく、やわらかい肌触り。
しばらく湯に浸かって火照った体を
川を駆け下りてくる涼しい風で、冷ますことができる特典付。
足を突っ込んでみたら、その水の冷たいこと冷たいこと。


c0055515_22572735.jpg

ちょっと、この階段を下りるのは・・・と最初だけちびっと躊躇する。
でも、この方面にきたら、またハシゴせずにはいられない、
素晴らしい湯で、湯の花・木賊とこんなに近くにあることがうれしいのだ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-07-25 22:59 | ★温泉のページ
激熱の伝導その2 湯の花温泉天神湯 ~福島県南会津町~
c0055515_23503147.jpg


石湯で散々な?目にあったあと、比較的穏やかな弘法の湯で一服。
人並みよりチョイ熱くらいの湯温で一安心することができました。


ただ、そこは湯の花温泉。
なかなか止まらない本気の滝汗。
しばし時間を置いて、麦酒で水分補給をした後にうかがったのがこちらの天神湯。
湯の花温泉のメインともいえる一番太い道路わきに、
ともすると気づかずに過ぎそうなくらい存在感を誇示することなくひっそりとあるのが天神湯なのです。

ガラガラ

っと引き戸を開けると、これまたなんとも熱そうな緊張感みなぎる湯が、
浴槽の縁から滔々とあふれ出ているではありませんか。
しかも湯口には、しっかりとあの黄色のケロリン桶がかぶさっています。


c0055515_23512167.jpg


「これは、湯があまりに熱いから、桶で外に逃がしているのだな」

どう考えてもそうとしか受け取れない光景。
これで湯が熱くないわけがありません。



c0055515_23513758.jpg


軽く触れると期待通りの熱湯。
ふと風呂の脇を見やると、水をなみなみたたえた桶と水道の蛇口が。
これ幸いと湯船に桶の水を入れさせてもらい、
空になった桶に水を入れようと蛇口をひねると、

「あれ?」

というくらい水が出ません。どうもポタポタ滴り落ちるくらいしか出ないみたい。
見ると「水道を止めないで」と注意書き。「止まってるじゃん・・・」


川沿いの素晴らしいロケーションに、透き通る新鮮な湯。
弱アルカリの単純温泉らしい柔らかな湯は、体を芯から暖めるパワフルな湯。
すごい疲れた~という感じではありませんが、とにかく噴出す滝汗に
「あぁいい湯に浸かった」と心地よい若干の疲労感と、外気に触れる爽快さを感じます。
やっぱり温泉はこうでないと。
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-07-06 23:54 | ★温泉のページ
激熱の伝導 湯の花温泉石湯  ~福島県南会津町~
c0055515_0221881.jpg

こんなにも行っていなかったのだろうか?

久々に来訪した湯の花温泉。
目に映る景色はなんら変わらないかのように見えたけれども。
気がついたら、お隣の木賊温泉への道はキレイになっているし、
平成の大合併で旧舘岩村は南会津町になっていました。




で、石湯です。
湯の花温泉には4箇所の共同湯があります。
そのナカで素朴さで言ったらNO.1なのがこの「石湯」でしょう。


c0055515_0224217.jpg

文字通り川っぺりにある素朴な湯小屋の扉をひとたび開けると、
そこには大きな石をくりぬいた浴槽がひとつ。
まるで目隠しも何もない、ザ混浴とも言うべき光景が飛び込んできます。



c0055515_0225924.jpg

そのひとつだけの浴槽を満たしている湯は、とてつもなく透明で、
その透き通り具合が湯の熱さを想起させて、怖いくらいの緊張感。

「野沢で鍛えているから大丈夫だよ」

そんな甘い考えが吹き飛ぶほどの激熱ぶり。
かけ湯するのも一苦労。確実に肌は赤くなります。
野沢の大湯の熱いほうの最強版とタメはれます。
浴感は・・・・よくわかりません。
浴槽の中では身じろぎすると痛いのですから。。。

何年か前のキオクは、より厳しいものへと
今回上書き更新されたのでした。

それにしても熱いなーここ。

最後に入ってきたおばあちゃんが、三十路男児のややだらしない裸体をみても
まったく動揺しなかったのが印象的でした。
おばあちゃんは普通の顔して、ここに入っちゃうんでしょうか。。。
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-07-05 00:23 | ★温泉のページ
地蔵源泉に会いたくて・・・ 草津温泉高砂館
c0055515_923289.jpg
c0055515_924159.jpg
c0055515_925212.jpg

4年ぶり?
考えてみるとそれくらい行っていなかったみたいです。高砂館。

その間、何度も地蔵源泉には入っていたものの、
共同湯はどこかせわしなく落ち着かないもの。
あの、新鮮な地蔵がびっちり緊張感たっぷりで迎えてくれる、
高砂館の、貸切風呂、「小風呂」。

あいつに会いたくて。


念願かない、営業を再開した高砂館に行ってきました。



c0055515_931913.jpg
c0055515_933037.jpg


震災後、少し元気がない様子だった草津温泉も、
五月に入ると活気を取り戻しつつある様子。

旧草津街道脇には見事な桜並木。
木の電柱もあるような、ノスタルジーな街道に咲く満開の桜。

ふもとから草津に上る車も次から次へ。
やっぱりこうでなくちゃ。
日本全体でどんよりどよーんと沈んでたら、いつまで経っても・・・


c0055515_953643.jpg
c0055515_954449.jpg


湯畑の周りも人がいっぱい。
そういえば、今回の湯畑、湯花がかなり溜まってました。
そして、しばらくぶりにじっくり歩くと、けっこう店が変わってるものです。


c0055515_963062.jpg


そして会いたかった地蔵源泉。
ひとつが劇熱。野沢バリ。
あと二つは適温。
澄んだ地蔵源泉。
そこからはなんともいえない緊張感が伝わります。
そして舞い上がる湯花。
湯もみじゃないけど、たっぷりにごらせて、
地蔵源泉を堪能する時間。少しきびしめに肌を刺す。
そんな酸性泉らしい荒々しさ、いいじゃないの、と。


c0055515_984577.jpg
c0055515_985545.jpg


営業再開後の高砂館は、夕食はありません。
女将さんは恐縮してましたが、大丈夫、いいんです。
勝手にやらせてもらえれば★
あの夕食がないのはちょっとさびしいもんですが。

その代わり、ずどーんとくる朝食は健在でした。

数年ぶりということもあってボロ
やや年季が入り、
部屋が酸っぱかったり、洋式トイレに座るとドアが閉まらなかったりと
お茶目さもありますが、やっぱり地蔵源泉というものはいいもんです。
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-05-14 09:14 | ★温泉のページ