ブログトップ
カテゴリ:★なんでもないページ( 44 )
羽越線で頑張る国鉄列車 キハ40
c0055515_20485916.jpg

雪のあつみ温泉駅に進入する羽越線ドン行、キハ40.

2月の三連休。
鶴岡で開催の鶴岡冬まつり。
毎年恒例となっている「大山新酒・酒蔵まつり」に参戦。
こころゆくまで新酒を堪能してきたのである。


そのときにお世話になったのが老雄キハ40。

c0055515_20492151.jpg
c0055515_20493295.jpg

新潟色。

c0055515_20494019.jpg

羽前大山駅を酒田に向け出発。



c0055515_2050018.jpg
c0055515_2050939.jpg

あいにくの天気となり、猛吹雪の中疾駆する。


c0055515_20503896.jpg
c0055515_20504984.jpg

鶴岡駅のキハ40。

どこか懐かしい国鉄色も白に染まる。
まだまだ俺はやれる!

その姿は勇ましい限りであった。
[PR]
by eratomoeratomo | 2013-02-17 20:55 | ★なんでもないページ
ブロードアピール
c0055515_0235723.jpg

まさかこの名前を、今テレビで見ることがあるとは思いもしなかった。

今から12年前の東京競馬場、根岸ステークス。
ダート1200mのG3重賞(今は1400m)。
個人的には快速馬トモエリージェントが根本騎乗で勝ったり、
ワシントンカラーが連覇したりと、好きな重賞の一つ。
この地味な重賞に似合わない派手な勝ち方で、いまだに鮮烈な印象を残している馬がいる。

「あんたにとって一番の追い込み馬といったら何?」

と聞かれたら今でもこう即答するであろう。

ブロードアピール

と。


最後方から直線一気。
普通ならあり得ないところから届いてしまう。
爆発的な末脚。
当時録画していたビデオを何度も繰り返し再生し、
そのたびに毎回新鮮な鳥肌が立っていたっけ。
なんかうまくいかないことが多々あってもやもやしていても、
見たらスカッとする感じ。

追い込みと言うとかつてはマテリアルが一番かなと思っていた。
しかし、この馬の末脚を見てから、すっかりこちらが頭を支配しているのである。
そしてそれは今も変わっていない。


あの末脚を、マツコと有吉の番組で見るとはねぇ。
しかも何の気なしに。
19歳になったブロードアピールは、元気に母として存命ということで、
産駒の活躍を期待したい。でもちと母は偉大かな・・・

テレビを見ながら自然とニヤニヤしていた。
そしてもうそんなに前か、と怖くもなった。。。
自分にとってはつい最近の出来事のような気がしていたのである。
[PR]
by eratomoeratomo | 2013-02-07 00:41 | ★なんでもないページ
三田証券のとんでもない不正ロスカット事件 終わり
いい加減三田証券からはなんの公表もないので、
一連のやり取りを備忘録として記録し、
この件については、自分の中ではクローズすることとしたい。
菓子折りなんか送ってきても受け取れるわけがない。
そんなことではなく、三田証券は公式に事実を公表すべきなのだ。


明らかになっているのは、
三田証券が自分の資産を預けるに足る信頼できる証券会社ではないということ。
三田証券はこのような事態を起こしながら、公式に何の発表もせず、
のうのうと日々業務を続けている。

三田証券HPにはFX事業本部長の言葉としてこんなことが書いてある。
今後も、さらなるお客様満足度の向上を目指し、業界慣習にとらわれない運営を心掛けて行きたいと思います。
もし足りない部分などがございましたら、どんな些細なことでも結構でございますので、何なりとご指摘いただきますようお願い申し上げます。


こんなことを書くこと自体、まったくもってつまらないことと思いつつ、大人気なく書くが、
お客様満足度の向上を目指している気持ちは伝わらない。とにかく不満である。
伝えたと伝わったは全然違うのである。
些細なことではないはずの今回の不備を指摘しているが、何の手当てもない。
菓子折りでお客様満足度をあげようと言うのだろうか。
要は三田証券からすれば些細なこと以下なのだろう。自分は無傷だし。


よくFXは外貨預金より手数料が安く・・・なんて長所を訴えるむきもあるが、
いくらレバレッジを低く(たとえば1倍だって)していたとしても
このような不正ロスカットが起こればパァなのだ。
株価の下落に伴い塩漬けになった株式を、自分の意思と関係なく
勝手に決済されたら怒る人はいるだろう。決済されたって買いなおせばいいじゃん、
という話ではない(そういう人はいるだろうが、そうでない人も多いだろうという話)。




ぷうたろう様

平素は三田証券くりっく365をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
三田証券くりっく365コールセンターでございます。

ご質問ありがとうございます。
インラインにてご回答差し上げますので長文ご容赦ください。
以下にご回答申し上げます。

>①他社ではレート非提示によってロスカットが発生していません。
なぜ、貴社ではレート非提示でロスカットが発生したのでしょうか?
23社で発生していながら、なぜ貴社を含め2社でだけ発生したのですか?
その点について説明が不足していますので、詳細を求めます。
もし2社という情報が誤っていたとしても、全社で発生していないという事実より、
なぜ貴社ではそのような事態が発生したのか、説明をお願いします。

他社様の状況につきましてはわかりかねる点もございますが、
なぜ発生したかにつきましては下記のご質問にてご回答致します。

②レート非提示は通貨すべてにおいて発生したものと理解しています。
なぜ特定の通貨のみロスカットが発生したのでしょうか?

東京金融取引所のHPには下記記述がございます。
東京金融取引所では、19時52分に障害が発生したため、
取引所為替証拠金取引については、市場レートが非提示になっておりましたが、
20時26分に復旧しております。

しかしながら取引画面でもご確認いただけますが、
ロスカット発生時間が20時03分となっており、その間に断続的なレート配信が
行われていたということになります。
どの銘柄がどれぐらい断続的なレート配信を行っていたのかは不明ですが、
取引所とのやりとりでは

レート非提示通貨(英ポンド/円、カナダドル/円、ポーランドズロチ/円、
ノルウェークローネ/円、米ドル/カナダドル、ユーロ/英ポンド、中国人民元/
円)の
建玉を保有もしくはトリガ注文を発注していた顧客が存在し、
レート非提示の状態で相場報道要求(価格を取引所との通信において取りにいくこと)
を行った場合に今回の件の発生条件があるとの事です。

③レート非提示は、まさに非提示であり、0円というあり得ないレートを配信したものとは
異なると理解しています。0円というレートを配信したということと、レート非提示は
同一ではないという解釈でよいですか?違うのならば、その旨を、もしそうならば
なぜ0円というレートを提示しロスカットを発生させたのですか?

レート非提示の状況時に相場報道要求(価格を取引所との通信において取りにいくこと)
を行うと0円というレートが返ってくる仕様になっていたこと、
当社システムが0円というレートを受取ったことで障害が発生しております。

④当方は4月7日に電話で原状回復について他社でできていたということを
連絡いたしまして、その点について、調べる、回答するという応対を受けています。
調べた結果について、また回答するという応対について、確たる履行を受けていない
と考えますが、いかがでしょうか?取引所に責任をなすりつけているように見えます。

ぷうたろう様がおっしゃっている過去に原状回復を行ったケースと言うのは、
OTC業者様での対応ではございませんでしょうか?

4月10日に送付させていただきましたメールにて下記のご連絡を差し上げております。
Q ロスカットが執行される直前の状態に戻せないのか?
A お客様の建玉は東京金融取引所側で管理しており、
  取引所の合意無しにお客様のポジションを修正することはできません。
  弊社から取引所へポジション修正の依頼を行いましたが、
  ポジション修正は難しく、現段階では対応できないとの回答が来ております。

また、2009年にランド円の異常なレート配信があり、大事件になりましたが、
取引所がとった対応は当社がご提示させていただいている対応でございました。

また、貴社HPにて、ロスカットが発生していることを、公表することを要求します。
起こったことに対して、こういう形で対応を求めています、ということは事実であり、
それを公表せずに、「安心」をうたって、依然として新規口座開設を求めているのは、
道義的にみてもバランスを欠いていると映ります。

ご指摘ありがとうございます。
上席のものと対応について協議させていただきます。



ということで、OTC業者などという言葉を突然使い出したり、
電話で問い合わせをした内容について、
全般的な回答で代用してみたり(そもそも質問にすべて答えていない)、
最後のくだりの、「上席のものとの協議結果」について次に送られたメールでも、
そして今にいたっても報告はない。できもしないことは書かないでほしい。



ぷうたろう様

平素は三田証券くりっく365をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
三田証券くりっく365コールセンターでございます。

ご質問ありがとうございます。
インラインにて回答差し上げますので長文ご容赦いただけますようお願いいたします。

>23社で発生しているレート非提示について、貴社はロスカットを発生させましたが、
多くの会社では発生させずに済んでいます。ということは、くりっく365に
参加している証券会社のシステムの中では、品質が劣っていると言わざるをえません。
そのような状態にも関わらず、同業他社の状況を把握していないでは、
再び大切な資産を預託しようという気持ちを持つ方は少ないものと想定します。
問題がなかった事例も調査せずに、同様の回線障害が再度発生したらどうするのですか?

→すべてのくりっく365業者で今回の事象が発生しているわけではございませんので、
障害が発生したことに関して、品質が劣っているとおっしゃるのは当然かと存じます。
同様の回線障害が再度発生した場合について、ご心配をおかけしておりますが、
4/7(土)に0円レートを受信しないようシステム改修しており、再発防止対応しております。


>この説明では貴社のシステムで発生したものが他社で発生しなかった
ということの説明にはならないと受け取れます。
発生条件が取引所起因ということであれば、全社に影響が及ぶのではないですか?
相場報道要求を行う行わないに違いがあるのではないですか?

→説明不足で大変申し訳ございません。
弊社と他社様とのシステムの違いは、取引所からの0円レートを受信するかしな
いかでございます。

>⇒OTC業者との謎の用語を出されても当方は理解できませんが、
状況を調べて連絡するという対応のはずが連絡がありませんでした、
という姿勢の部分を確認しています。
他社ではできるが、貴社ではできないということが多すぎるように、
だれの目にも映るものと思います。

→重ね重ね大変申し訳ございません。
FXには取引所取引と、OTC(店頭取引)の形態がございます。
くりっく365は取引所取引であり、業界最大手の外為どっとコム様をはじめ、
日本ではOTC(店頭取引)の業者の方が多数ございます。
店頭取引の場合は、お客様の建玉を業者が管理しており、業者側で修正が可能ですが、
くりっく365では、東京金融取引所が管理しているため、
取引所の合意なしにお客様の建玉を修正できないのが現状でございます。

>いずれにせよ、再発防止にかかる取り組みが明示されない中で、
13日を期限とした建玉にかかる回答を求めるのは、
判断材料が足りないと言わざるを得ません。
いまのままでは再び回線障害が起こった場合、
ロスカットの危険があると思うしかないです。

しっかりとした再発防止の取り組みの提示と、
今回の障害にかかる周知徹底を求めます。

→取引所の回線障害につきましては、再発防止策の連絡を受けておりません。
そちらが明らかになり次第、お伝えさせていただきたく所存でございます。
また、今回の不正ロスカットへの対応に関しては、関係各署の指示を仰ぎながら、
当社としてできる限りのことをさせていただいているつもりでおりますが、
弊社が金融商品取引業者としての健全性を確保するためには、
新規お建直しの受付を無期限とする訳にもいかないと思っております。

以上、ご査収いただけますようよろしくお願い申し上げます。



この回答でわかったのは、

「くりっく365では、東京金融取引所が管理しているため、
取引所の合意なしにお客様の建玉を修正できないのが現状でございます。」

ということで、合意があれば修正できるということと、


「同様の回線障害が再度発生した場合について、ご心配をおかけしておりますが、
4/7(土)に0円レートを受信しないようシステム改修しており、再発防止対応しております。」

ということで、キックは取引所だったとしてもやっぱり三田証券の原因で、三田証券だけロスカットが発生するシステムだったことだ。


なので、三田証券は取引所の合意を得るよう努めるべきだが、
最終的に契約者に損失をかぶせたということになる。
かぶったのは菓子折り分ということ。受け取ってないからいくらくらいなのか分からないけど。

ついでの最後のくだり、
「取引所の回線障害につきましては、再発防止策の連絡を受けておりません。
そちらが明らかになり次第、お伝えさせていただきたく所存でございます。」
についてはいまだに何の音沙汰もありません。
状況くらい伝えればいいのに。
「ご心配をおかけしている・・ですが、いまだ再発防止策の連絡がありません。
弊社といたしましては継続して働きかけを・・・」くらい。


ということで、こうやって闇に葬られることになっちゃった。
[PR]
by eratomoeratomo | 2012-06-16 21:58 | ★なんでもないページ
三田証券のとんでもない不正ロスカット事件 続き
三田証券よりようやく連絡がきました。
その内容は、結局自社の保身に走る、責任逃れの内容となりました。

要するに文句があるなら、相談センターにでもなんでも言ってくれ、
という内容です。

23社でレート非提示があり、
そのうち三田証券を含む2社でのみロスカットが発生したにも関わらず、
このいいようですから、大した開き直りともいえます。

すべては取引所が0円のレートを提示したのが悪いと。
では、全社でロスカットが発生したのでしょうか?
していないという事実が、この三田証券の回答には
少しも踏まえられていません。



2012年4月10日19:49 :
ぷうたろうさま

平素は三田証券くりっく365をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
さて、2012年4月5日(木)19時52分に発生した、東京金融取引所の市場レート
非提示をきっかけとして、お客様口座においては、不正なロスカットや
不正なストップ注文が発動したため、多大なご迷惑をおかけしてしまい、
誠に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。

当システム障害について現在判明しております概要は以下の通りでございます

東京金融取引所の市場レート非提示の原因は、
BT(ブリティッシュ・テレコム)社が提供する、マーケットメイカーと
取引所の間を結ぶ回線に障害が発生したことによります。
BTジャパン株式会社からは、米国でのルーターの修正作業において、
ネットワークの輻輳(ふくそう:物が1か所に集中し混雑する様態)や
通信断が発生したとの報告を受けております。

上記接続障害中に、弊社がお客様にご提供しているシステムが、7通貨ペア
(ポンド円、加ドル円、ポーランド円、ノルウェー円、USドル加ドル、
ユーロポンド、人民元円)で価格0円のレートを受信したことにより、
お客様にご迷惑をおかけした次第でございます。
当システム障害発生後、上記不正取引に該当されたお客様へは、順次ご連絡
させていただき、以下の対応を取らせていただいております。

**********************************************************************
******
①ロスカットが執行される直前にお客様がお持ちになっていたのと同銘柄・同
数の
建玉を、お客様からご同意いただいたうえ、新たに建てさせていただきます。
②①の後に、ロスカット価格と比べてお客様にとって不利な約定価格となった
場合
は、その差額と売買手数料相当額およびその他のコストを補填させていただき
ます。

(例)100円で買ったものが、ロスカットの価格80円、現在の価格が90円であっ

場合、90円で買い直していただき、ロスカットの価格との差額10円及び売買手
数料
相当額等コストを弊社が負担いたします。70円で買い直していただいた場合は

売買手数料相当額等コストを補填させていただくに留まります。
**********************************************************************
******

当該対応は、お客様のご同意をいただいたうえで行っておりますが、
平成24年4月13日(金)午後7時迄に、返信メール又は電話でご同意の意思表示

いただかない場合、原則として、弊社はお客様からのご同意がなかったものと
して
判断をさせていただきたく存じます。
なお、対応が必要ないとおっしゃられたお客様に対しては、不正注文により発

した売買手数料相当額をお返しさせていただきます。
最後に、多数のお客様からいただいているご質問やご要望について、以下に
ご回答させていただきます。

Q ロスカットが執行される直前の状態に戻せないのか?
A お客様の建玉は東京金融取引所側で管理しており、取引所の合意無しに
お客様のポジションを修正することはできません。
弊社から取引所へポジション修正の依頼を行いましたが、ポジション修正は
難しく、現段階では対応できないとの回答が来ております。

Q 税金の取り扱いはどうなるのか?
A 不正ロスカットにかかる税務上の取り扱いについて、当社顧問税理士の
税理士法人渡邊リーゼンバーグ及びクリフィックス税理士法人に確認をいたし
ました。
上記ご説明させていただきました通り、お客様のポジションを不正ロスカット

行われる以前の状態に復活させることが困難なため、不正ロスカットにより
実現してしまった損益は、本年の雑所得・雑損失(申告分離課税)として認識
されることになります。
また、損失は確定申告することで3年間の繰越控除の対象となります。
最終確認は、お客様ご自身で税理士にご確認いただけますようお願いいたしま
す。

Q ロスカットの発動により実現した損金は補填してくれないのか?
A 弊社は登録を受けた金融商品取引業者として金融商品取引法をはじめとす

各種法令、諸規則を遵守して営業を行うことが義務付けられております。
損失補てんについては、金融商品取引業者としての中立性・公正性を損なう等

観点から金融商品取引法第39条に以下の規定がございます。
①事前の損失補てん、利益追加の申込み、約束の禁止
②事後の損失補てん、利益追加の申込み、約束の禁止
③事後の損失補てんの実行、利益追加の禁止
従って、今回の場合は弊社側の理由でロスカットを行ってしまいましたので、
弊社ができる範囲は、お客様のご同意を得て、新たにポジションを建て直し、
誤って決済されてしまった価格と新規建てした価格の差額を負担することのみ

ございます。

なお、同39条ではお客様が損失補てんを約束させたり、損失補てんを受ける
行為も禁止されております。
弊社の手続き等にご納得いただけないお客様は、外部の紛争解決機関である
特定非営利法人「証券・金融商品あっせん相談センター」(FINMACといいます
。)
をご利用いただくことができます。
FINMACは金融商品取引の勧誘や制度等に関する相談、苦情を受け付けているほ
か、
金融商品取引に関するお客様と金融商品取引業者等との紛争を解決するための
「あっせん」を受け付けています。

**********************************************************************
******
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)
東京事務所:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-13 第三証券会

大阪事務所:〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-5-5 大阪平和ビル
電話番号:0120-64-5005(フリ-ダイアル)
(月~金曜日9:00~17:00 祝祭日・年末年始を除く)
**********************************************************************
******

その他ご不明な点がございましたら、メールでご質問をお受けし、個別対応
させていただいております。また、コールセンター営業時間内でしたら、
お電話での対応を行っておりますので、ご利用いただければ幸いです。
以上、ご査収いただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

三田証券くりっく365コールセンター
8:00~19:00  フリーコール:0120-828-800
上記時間帯以外  03-3666-0300



これでは
市場レート非提示の原因はわかりましたが、
なぜ23社すべてでロスカットが発生せずに
三田証券で、ロスカットという状態に至ったのか、というところが説明されていません。

なぜ、三田証券ではレート非提示でロスカットが発生したのでしょうか?
23社で非提示発生していながら、なぜ?

もうひとつ。
レート非提示は通貨すべてにおいて発生したものと理解しています。
なぜ特定の通貨のみロスカットが発生したのでしょうか?

レート非提示と0円というあり得ないレートを配信したものとは
異なるのか同じなのか?ここも謎です。
0円というレートを配信したということと、レート非提示は
同じですか違うのですか?


全然回答できる情報がもらえてませんね。
そして、依然として公に公表せず、安心をうたって
依然新規口座開設を勧誘している姿勢が、
この会社のすべてかなと思われます。
[PR]
by eratomoeratomo | 2012-04-11 23:49 | ★なんでもないページ
4月5日発生 くりっく365不正ロスカットのその後
まったく周囲の状況が分からないので、
金融商品取引苦情相談窓口に電話したところ、

 ・23社で同様の被害が発生し当局も把握していること、
 ・基本的に全体では三田証券の対応と同じで動いていること、
 ・原状回復するのは技術的に難しいということ

を伝えられました。

表に出ていない割に23社で同様の被害がでているとのこと。


個人的には2010年の外為どっとコムの対応で原状回復に
近い対応をしていて前例があり、取引レコードデータが残っていれば、
原状回復が技術的に絶対無理ということは、考えにくいと思い、
三点目の話には正直非常に強い憤りを感じました。
私は補てんは求めていない。原状回復がほしいのです。

そもそも、含み損があったって、そう簡単にロスカットされないように
証拠金を入れていた取引者の立場からすれば、
含み損はあくまで含み損で確定損では決してない。

それに、今回の件が、いまだに回線障害としか表に出てなく
(それもごくごくわずかな情報で)、
強制ロスカットが発生し、多くの被害者がでているのを当局も把握していながら、
公式なお詫びも何にも出てなく、被害者だけでなく、
これから取引を始めようとする人も含め、全体に対して
「安心」を高らかにうたうくりっく365がそういった姿勢
(表向き回線障害という点だけオーソライズして、不正ロスカットが
大量に、しかも取引者に過失なく発生している事態を公表していない)
でよいのか?
ということを話させてもらいました。

何年か前のランド事件の時の姿勢を思い起こさせる対応です。
やはりか、という思いしか起きません。


どっちにしたって、
私たちだけが被害をこうむって、会社が無傷というのは
とてもじゃないですが承服できません。
三田証券からは、待てど暮らせど電話が来ないので、
こちらからかけると、電話対応についてホントあきれました。

同じ内容を繰り返すだけで
差額は埋めるからいいだろう、というハラが見え見えでした。
過去の障害対応事例を研究し、それを受けた検討結果の連絡を求めました。


いずれにせよ、最終的には口座解約します。
それぐらいしか手がないので
せめてもの抵抗はしたいと思います。
[PR]
by eratomoeratomo | 2012-04-10 00:46 | ★なんでもないページ
4月5日くりっく365で不正ロスカット発生 こんなことでいいのか
くりっく365のメリット、ということになっている
「健全」「透明」「安心」
いかに空々しく、うすっぺらいものか、
再確認させられる出来事が4月5日に発生している。しかも、残念なことに当事者になった。


4月5日こんなメールがくりっく365の三田証券から届いた。


2012/04/05 20:02:30発行
三田証券からのお知らせです。
-------------
ロスカットのお知らせ
-------------

2012/04/05 20:02:30時点で、くりっく365口座の証拠金有効比率が60%を下回りましたのでロスカットを発動しました。
-----------------------------------------
三田証券株式会社
FXコールセンター
0120-828-800
(平日7:00~23:00)
PC用URL
http://www.click365mita.com/
携帯電話用URL
http://www.click365mita.com/mb/



私のポジション、ポンド円は当日ロスカットするようなレート変動はなく、
証拠金有効比率が60%を切るような事態には断じてなかった。
もちろんこのメールの前にプレアラート通知も、アラート通知もない。

その後、さらにメールは続く



2012/04/05 20:03:43発行
三田証券からのお知らせです。
-------------
ロスカットのお知らせ
-------------

ロスカットが完了しました。

内容:
[市場]
くりっく365
[完了時刻]
2012/04/05 20:03:42

※詳細はお取引画面にてご確認ください。
-----------------------------------------
三田証券株式会社
FXコールセンター
0120-828-800
(平日7:00~23:00)
PC用URL
http://www.click365mita.com/
携帯電話用URL
http://www.click365mita.com/mb/




ロスカット約定単価は129.68円。
この状況での証拠金有効比率は700%近い692%程度だったものと推測され、
よもやロスカットなど生じるはずもない状況。

しかし、ポンドのポジションは含み損を抱えていたため、
その含み損を完全な「損」として強制的に、
自分の意思に関係なく、ロスカットの基準に該当したわけでもなく
確定させられることとなった。


仕事中だった自分はよもやこのような事態が起こると思ってなく、
この事態に気がついたのは翌朝の次のメールを見てからだった。



ぷうたろう様

平素は三田証券くりっく365をご愛顧いただき、ありがとうございます。
さて、取引画面からお知らせさせていただいております通り、
本日、19時52分から20時26分までの間、東京金融取引所の価格配信が非提示に
なりましたことから、
通常であればロスカットの対象ではないお客様の建玉がロスカットされてしま
いました。
現在、原因の究明に努めております。事情が判明し次第、ご報告申し上げます


また、お客様の個別状況などの詳細を確認中でございますが、
本来ロスカットされるべきでない建玉については、以下の対応を取らせていた
だきたく思います。

①ロスカットが執行される直前にお客様がお持ちになっていたのと同銘柄・同
数の建玉を、お客様からご同意頂いたうえ、新たに建てさせていただきます。
②①の後に、ロスカット価格と比べてお客様にとって不利な約定価格となった
場合は、その差額と売買手数料相当額およびその他のコストを補填させていた
だきます。

いずれにしても、お客様とご連絡が取れた段階でご判断を仰ぐ形にさせていた
だければと思っておりますので、改めてご連絡させていただきたく存じます。
基本的にはこちらからご連絡させていただきますが、お手すきの時にお電話か
返信メールをいただければ幸いでございます。
ご査収いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

三田証券くりっく365コールセンター
8:00~19:00  フリーコール:0120-828-800
上記時間帯以外  03-3666-0300





要するに
不正ロスカットで確定した損益は仕方ないので、
うちとしては新たにポジションを作って、そのポジションのレートと、
ロスカット時点のレートに乖離があれば、手数料とともに
埋め合わせるところだけ対応します」


という非常に虫のいい話だ。
こんなの容認できるわけがない。


その後、メールの返信にて原因と対処について詳細説明を求めたところ、

4月6日午後三田証券コールセンター(0336660300)より
連絡が入り、やはり同内容の説明を受けた。
このコールセンターの何者だかすら名を名乗らない男性は
特段の詳細な説明をするわけでもなく、新規の建玉を建てさせてくれと繰り返すばかり。
当然容認できないという回答をするしかなく、
また社内で対応を検討して連絡するとのこと。
その後今に至るまで音沙汰なし。


それと、どうもこの情報はほとんど外に出ていないようで、
あまりにも大切な資金を預かる企業としては、信用の置けないものであったため、
情報を公開することとした。
こういう事実があるということを、
少しでも多くの方が目にし、今後の投資判断に役立てていただきたく思う。

これからも相手先企業の対応について
キオクに残すために、ここにつづっていきたい。
このまま黙っているつもりもないが、
とにかく憤懣やるかたない。

無念である。
[PR]
by eratomoeratomo | 2012-04-07 00:26 | ★なんでもないページ
原発関連情報は、すべて疑いの目を向けるのが正しい
うそばっかりです。

もうホントうんざりです。
もう少しまともな国だと、少なくとも震災前は信じてました。
でも、あれ以降、日に日に「まともじゃないね」
そういう思いが募るのが普通かと。
広範な地域の放射能汚染はほとんどが晩発性なのに、「ただちに」だけを連呼したり。
くっだらない。馬鹿にするのもいい加減にしてください。

枝野さんや岡田さんが現地入りしたときの
服装が一番の証拠じゃないですか。
ただちに影響がないなら、なんであんなにビビッてんの。


いよいよ機が熟したと見たか。
公然とうそついてました、と
敵はゲロっちゃうことにしたようです。


メルトダウンしてました。やっぱりね。

もちろんしてない、なんて微塵も信じてませんよ、そんなの。

どうせ、言う機会を見計らってたんですし。

新聞やテレビだけじゃないんですよ。今の時代。情報源は。

とりあえず、震災当初、テレビに出て安全って言ってた、原発関連の学者さんたち、

出てきて説明してください。なんであんなことを言ってたのかを。

安全だって信じて行動してる人がいたとしたら、それこそ風評被害っていうんじゃないんですか。

不毛な「安全」っていう風評をメディア使って流してたんじゃないですか。

そもそも当初から海外のほうが情報が早かったですよ。

だから国内の状況と比較すれば、国内の情報はいい加減な情報だって判断するでしょ。

対応も全然違うし。

安全かどうかわからなければ、当然最大限危険サイドを想定しませんか。普通。
安全かどうかわからなかったら、とりあえず避けておく。
結果、安全だったってわかっても、避けてた分には全然問題ないですよ。
結果、やっぱり危険だったってわかった場合、避けておかなきゃアウトじゃないですか。
そして、最近、「やっぱり・・・って」言い始めだしてますよね。メルトダウンとか。

それとも、想定外って言いますか。



風評被害・・・

いい加減正しい言葉の意味を見つめなおしましょうよ。

国民を守るはずの立場の人たちが、

国民の判断に責任転嫁するために、あらかじめ撒き餌ながしてどうすんですか。

「国は正しい情報流してるのに、国民が馬鹿だからだめなんです」、って言いたいってことですよね。

安全だか安全じゃないんだかわからないんだったら、手を出さないのは普通です。

風評=うわさでもなんでもない。

安全だって証明してないんだもの。

あなたたちが出してる情報じゃ、安全だって判断できないんだよ、っていうことですよ。

放射線量、発表してる数値、ちゃんと人間がメインで生活する高さで計ってませんよね。

ちなみに私の住んでる市の計測値、地上20mです。

僕らは鳥じゃないんですよ。

そんなところで計ったって、地面からの影響なんて、計れないじゃないですか。

それを知って、「計測値は信用できない、鵜呑みにできないよな」って思うこと。

これを風評って一言で切って捨てていいんですか。

信用すると馬鹿見ますね。

ホント、うんざりです。

この上、賠償金まで、国民の財布から出そうとするんですか?
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-05-27 23:34 | ★なんでもないページ
電気料金値上げ容認は国民が自らの賠償金を自らが補償するのと一緒
とうとうこういう話になりました。
国民が負担せよと。
また、しょうがない、に期待ですか。
日本国民は怒らないから大丈夫ってことですか?

国民はいつから加害者になりましたか?
自分で自分の賠償金を捻出するのって、
あほらしいったらありゃしない。
東電管内の人、少なくとも計画停電で被害くらってますけど。
国民の負担は最初っからする話じゃなくて
東電にあらかたケツふかせてからするってもんでしょう。
給料手ついてますか?
賞与どれくらいありましたっけ?
人にものを頼むときって自分は痛まないけど…という姿勢で
行けますか?
反対だぁーって話じゃなくて姿勢としておかしいでしょ
という話にしかならないですよ。

やれることは皆やりました。でもこれだけ足りないんです。

少なくともそういう状態じゃないでしょう。
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-05-04 18:15 | ★なんでもないページ
国民をバカにしていたずらに被曝させたという事実
今日のニュースでSPEEDIの予測結果について、
ようやく意図的に公開しなかったことが報道されてました。

この中で原子力安全委員会は、
国民が放射線線からの被曝をさけるため、
どう行動するか決める材料となる重要な情報を
国民がパニックになるからと「勝手に斟酌して」
公開しなかったことを認めていました。

要するに、
国民は予測結果を出したってパニックになるだけだから、
私達でその点配慮して、国民の行動の選択肢を広げずに
一律被曝してもらうことにしました。
と聞こえます。

被曝よりパニックを恐れたって、そういうことでしょう 。
たってこれ、津波警報とか台風情報を出さないのと一緒ですよ。
パニックしなくたって被曝したらダメじゃないですか。

SPEEDI はそもそもまさに今回のようなケースを想定して、
巨額の税金を投じて作ったシステムで、
国の防災計画にも直ちに情報を連携するって
記載があるはずです。

ていうか、このネタを今さら普通のことのように報道する
姿勢自体如何なものかと思います。
このシステムの存在なんて当初から分かっていたはずだし、
一度だけ3月23日に予測結果も出ています。
この情報隠しという異常事態について、これまで触れなさすぎです。

放射能への安全基準もそうですが、
これまで決められていたことを、守らない運用が目につき、
それが国民目線でなされていない気がします。
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-05-03 22:22 | ★なんでもないページ
余震でわかった原発の地震耐性 覚えておかなければならない「原子力発電所は安全です」の感度の違い
4月7日23時32分ごろ、最大規模となる余震が被災地を中心に発生した。
この地震で、現在事故を起こしている福島第一原発以外の原発についても、
危なっかしい状況が露呈したように思います。



東北電力東通原発
 →7日の余震で外部からの電力供給が一部遮断。
  要は停電状態に陥り、いきなり最後の手段、
  非常用ディーゼル発電機による冷却に切り替える
  事態に。

 →翌8日午前3時半、外部電源1回線が復旧。
  しかし、1回線のみなので?この外部電源と、
  非常用発電機による電力供給を併用して冷却を
  継続していたところ、午後1時55分ごろこの発電機に
  燃料漏れがあるのを作業員が見つけ、午後2時6分に
  運転停止。運転停止後の午後2時59分に残りの
  外部電源2回線が復旧。
 
 →非常用発電機は3台あるが、燃料漏れが見つかった
  1台以外の2台は点検中で、すぐには稼動できない
  状況にあった。要するに一時的にだが、3台全滅状態だった。


東北電力女川原発
 →5回線ある外部電源のうち、工事停止中の1回線を除いた
  4回線のうち、3回線が余震により遮断。その後工事停止中の
  1回線と1回線を回復して、3回線で電力を供給する状況に
  なったが、すぐに1回線に不具合が見つかり、2回線での
  運用となった。  ※詳細な時間は発表がない・・・

 →8日午後2時1分にもう1回線復旧と発表があるので、
  そこまでは2回線だった模様。

 →さらに・・・
  1号機の非常用電源2台のうち、1台は4月1日の時点で
  使用できない状況にある(壊れている)ことが判明し、
  余震で停電という事態を迎えた翌日の8日にそのことが
  発表された。
  ⇒要するに1台のみの状態で余震を迎えていた。

六ヶ所再処理事業所
 →外部電源が遮断し、非常用ディーゼル発電機による
  電力供給。8日午前9時44分に外部電源が復旧。






「原子力発電所は安全です」

こういう声に支配され、推進されてきた原子力発電。

プロがこういうんだから・・・

知識のない我々一般庶民は、ややもすると鵜呑みにしてしまいがちであり、
正直当方もその1人であったのは間違いない。
この点については、今回の事故や、その後の状況を見ると、
大いに反省しなければならないと思っています。
それに、反省できる機会が残されたことにも感謝しなければならないとも。
その無知ゆえに死んでたかもしれないのですから・・・


今回の余震では、東通・女川・六ヶ所、いずれも
原子力関連施設は外部電力の喪失状態に遭遇。
非常用電源に頼る事態となりました。
しかもその非常用電源も、一部でトラブルを抱える事態に。

停電したらもう自家発電しかない。
これじゃ、普通の一般家庭と困窮度は一緒です。
原子力発電所って、そんなに簡単に電力を失ってしまうのか?
原発なんだから何本か電力喪失したって大丈夫なように
なってるんじゃ・・・と思うのは甘かったということのようです。


こないだの地震で各原発について、
結果として、冷却機能喪失には至らなかったので、
運営者サイドからすれば

「ほら原発は安全でしたよね・・・」

という立場なんでしょうが、

「やっぱり原発は安全なんだよなぁ」

と我々が思えるかどうか。
私は思えませんでした。
いきなり、非常用電源1台に頼る・・・とか、
外部電源が1回線だけしかない状態になる、とか
そもそも非常用電源が1台だけしか動かない状態だった・・・とか、
地震で最悪な事故が起きた直後にしては、かなりお粗末な状態に映りました。
もっと何重もバリアがあるんじゃないの?

原発に安全神話があるんだとしたら、
少なくとも私の中には、もうありません。
[PR]
by eratomoeratomo | 2011-04-10 23:34 | ★なんでもないページ