ブログトップ
野地温泉 野地温泉ホテル  ~福島県福島市~
c0055515_22324992.jpg
野地温泉は高湯温泉と同じ福島市の温泉です。
とはいっても、距離的には大分ありますが・・・
野地温泉は土湯峠周辺に点在する温泉の一つ。
この土湯峠周辺には、鷲倉・新野地・幕川・赤湯といった魅力的な温泉があることから、
日帰り利用客も多いのでしょう。
今回の東北行き温泉行脚の中で、一番の混雑でした。

c0055515_2233683.jpg

野地温泉ホテルは、山奥の一軒宿温泉らしからぬきれいな造りのホテルです。
男女別の大浴場のほか、時間で男女交替となる湯がいくつかあります。

c0055515_22335188.jpg
c0055515_22332088.jpg

まず最初に向かったのは、ちょうど男湯タイムだった岩造りの露天風呂「鬼面の湯」。
開放感のある広い露天風呂を満たす白濁の湯。
おそらく42度くらいでしょう。適温の湯が気持ちよくじっくり入りすぎ、
気がつくと男女交替時間にあっという間になってました。

続いて男女別の大浴場、「剣の湯」に。
前面に大きなガラスのある明るい近代的で快適な浴室です。ここもたっぷりの白濁湯。

c0055515_2234570.jpg
c0055515_22345642.jpg

最後、男女交替が終わり、男湯となった「天狗の湯」へ。
ここは檜作りの長方形内湯の外に、八角形の浴槽の露天風呂がくっついた造り。
昔ながらの木造浴舎の風情を取り入れた、これまたいい雰囲気の湯です。

野地温泉の湯は、大き目のやや黄色がかった白色の湯花が大量に舞うキシスベの湯。
濃いぃとか重いとかといった湯ではない感じで、意外に入りやすい湯です。

この日は残念ながら、野地温泉の原点である「千寿の湯」に入れませんでした。
しかし、これだけの浴室があり、湯もしっかりとなると混雑もうなずけるところ。
さらに野地温泉ホテルは宿泊施設の日帰り利用でも、休憩まで出来てしまいます。
休みの日は恐ろしい混雑になりそうなので、平日にじっくりと来たいモンです。




■野地温泉 野地温泉ホテル

住所:福島県福島市土湯温泉町字野地1 

TEL:0242-64-3031

公式HP:http://www.nojionsen.com/welcome.stm

営業時間:10時~15時 800円 (土日祝日は14時まで)

訪問:2006.10


■野地温泉1号
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)
源泉温度は54.2度。PHは5.9。
成分総計は139mg。湧出量は毎分108リットル。
知覚試験は「無色透明・微硫化水素臭があり無味である」。
⇒かけ流し ただし加水あり。
 ★分析表がいくつかあり、上記は平成7年分析のもの。
[PR]
by eratomoeratomo | 2008-01-08 22:41 | ★温泉のページ