ブログトップ
中山平温泉啄秀 名湯「うなぎ湯」 ~宮城県大崎市~
「うなぎ湯」で有名な啄秀。
いつかは・・・と思っていたこの中山平のうなぎ湯にようやく行ってきました。
ここは有名なため、前を通るたびに素通り、・・・ということが続いてたので。

c0055515_21483247.jpg

日帰り用の入り口は宿の二階です。今回は某雑誌のパスポートにより無料!
ありがとうございます。(⇒快く受け入れていただきました)
二階の入り口から入ると、少し迷路のような感じの館内。
良い雰囲気一歩手前、という惜しい雰囲気の?館内です。昼間だからでしょうか。

c0055515_2215478.jpg

さて、この日は残念な事に鶴亀の湯が利用できなかったので、
長生の湯(ココは男女別内風呂と混浴露天)と芍薬の湯に入ってきました。

長生の湯の庭園風露天風呂は割りと大きめで、湯は鈍り気味。あとお掃除は??ん~
湯の鈍りは源泉温度が100度!と高いため、投入が少なくなることから
ある程度は仕方がないのかもしれませんが。
とはいうものの、ここで大勢の人を迎えるのは少し厳しい印象。

c0055515_2294463.jpg

一方二階の芍薬の湯の石風呂がいい雰囲気。
光の加減からかコチラの湯の方は、わずかに緑、といった露天に比べ
けっこう緑色に見えます。

そういえば、近くの同じ中山平の仙庄館の湯も緑でした。

湯はうなぎ湯からイメージするほどのツルツルではないですが、
そこそこのスベスベ感があり、緑色にささ濁りで、硫黄味でやや甘めの湯。
いい湯には違いありません。





■中山平温泉 名湯・秘湯うなぎ湯の宿啄秀

住所:宮城県大崎市鳴子温泉星沼20-9

TEL:0229-87-2216

公式HP:http://www.takuhide.co.jp/

営業時間:10時30分~14時 800円

訪問:2006.10

■新1号源泉
泉質:含硫黄・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 
源泉温度は100度。PHは8.9。
成分総計は1196.9mg。湧出量は不明。
知覚試験は「褐色で少々濁りあり硫化水素臭を発し、甘みを有しアルカリ性である」

★かけ流し
[PR]
by eratomoeratomo | 2007-09-14 22:10 | ★温泉のページ