ブログトップ
深沢温泉むら湯 濃い赤茶濁りの湯  ~福島県只見町~
c0055515_22505934.jpg赤茶色のにごり湯。
とくれば、今年の春に行った秋山郷の小赤沢温泉が思い出されるのですが。
でもこの南会津地方にも赤茶色の湯はありました(ここから近くの古町温泉もそうです)。
深沢温泉のむら湯は、その湯の色のインパクトが強く、前々から行ってみたいと思っていた湯。

c0055515_2251202.jpg

この日の南会津は非常に暑く。
駐車場に置いた車の中はあっという間に蒸し風呂、という状態。
車の外に出た途端、どこからともなくやってきたブンブン飛び交うアブを避けつつ、
むら湯の建物に向かいます。

このむら湯の建物はとても立派。
そして中に入るとひんやり~。。。外とは別天地。久々の冷房キンキン状態。
電子ちゃんには申し訳ないが、炎天下から逃避してくるとこの冷気はとても快感なんです。

c0055515_2251347.jpg

館内は清潔感があって好印象(入浴料は600円)。
露天はないものの浴室は天井高く前面に大きな窓が取られ、明るくて眺め良し。
開けた窓から入る気持ちいい風を感じつつ、会津の山並みと田んぼを堪能。
そして、畳五枚分くらいの内湯には透明度5センチもないくらいの、見事な赤茶色の湯がたっぷり。

c0055515_22515079.jpg

金気臭漂うしょっぱい濃いぃ湯は、割とはっきりとしたキシキシ感があります。
湯口46度、浴槽43度と真夏に入るにはちと熱かったですが、
割合さっぱりした湯で、気に入りました。




■深沢温泉 むら湯

住所:福島県南会津郡只見町大字長浜50

TEL:0241-84-2888

公式HP:多分ココhttp://www.yurari.co.jp/murayu/info-murayu.htm

営業時間:9時~21時 600円 

訪問:2007.8

■深沢温泉
泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(中性等張性高温泉)
源泉温度は46.9度。PHは7.0。
成分総計は8929mg。湧出量は毎分188リットル(動力揚湯)。
知覚試験は「無色透明、金気味、塩味、微硫化水素臭を有し、すぐに黄褐色に着色する」

※内湯は掛け流し・加水のみ。
[PR]
by eratomoeratomo | 2007-08-24 22:54 | ★温泉のページ