ブログトップ
奥鬼怒温泉郷 加仁湯  ~栃木県日光市~
c0055515_011779.jpg7~8分。
ちょうど八丁湯と日光澤温泉の中間といったところにあるのが、加仁湯。
えっちらおっちら林道を歩いていると、周りの景色からするとやけに
近代的な鉄筋の建物が目に入ってきて、それが加仁湯でした。

アクセス手段が歩き、もしくは宿の送迎バスしかないところというイメージからすると
ちょっと「あれっ?」という印象ではあります。

c0055515_23394429.jpg
c0055515_23395281.jpg
加仁湯の温泉は、玄関からずーっと奥にいったところにありました。

一番手前、露天風呂に向かう途中の階下に男女別の内湯が。
そして、小さく四つに仕切られた浴槽が並ぶロマンの湯という露天風呂。
その奥には第二露天風呂。その反対側には貸切露天風呂。
一番奥が宿の紹介写真で出てくる一番メジャーなメインの混浴露天風呂。
★この他女性専用露天あり。
それにしても、こんなにたくさんの浴槽があるとは思っていませんでした。
湯量の豊富さがうかがえます。
ただ、お風呂までのアプローチがなんとも雰囲気がないのが少々残念。

c0055515_2349231.jpg
c0055515_23491636.jpg
上、第二露天。下、ロマンの湯


c0055515_23495967.jpg
c0055515_2350842.jpg
c0055515_23501693.jpg

混浴露天風呂はけっこう大きめ。
巨石を周囲に配して底はコンクリという湯船には少し青味がかった乳白色の湯。
これこそイメージどおりの加仁湯。

湯は少し熱めで45度弱。
浴槽底から熱い湯を投入というもの。
硫黄臭にわずかに酸っぱさを感じる臭い漂う湯は、
弱めのキシキシ感と弱めのスベスベ感が混在する浴感。

露天からの眺めは、鬼怒川と緑と自然がたくさんですが、
少し目線を落とすと雑然とした人工物も目に入る・・・といったもの。
大自然の中の秘湯、のイメージを持って向かいすぎると少々拍子抜けか。
正直、何を求めて行くのか、で印象は変わる。といったところでしょう。
湯はしっかりしているけれども、自分にはイマイチでした。



■加仁湯

住所:栃木県日光市川俣871

TEL:0288-96-0311

公式HP:http://www.naf.co.jp/kaniyu/

営業時間:9時~15時 500円

訪問:2007.6

■奥鬼怒温泉(黄金の湯、崖の湯、奥鬼怒4号、岩の湯l混合泉)
泉質:含硫黄・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素型)(中性低張性高温泉)
源泉温度は53.8度。PHは6.3。
成分総計は1561mg。湧出量は毎分184.6リットル。
知覚試験は「無色透明で微塩味および硫化水素臭を有する」
[PR]
by eratomoeratomo | 2007-07-12 00:03 | ★温泉のページ