ブログトップ
奥鬼怒温泉郷 日光澤温泉  ~栃木県日光市~
c0055515_23533179.jpg15分。
今度は八丁湯から日光澤温泉までは、途中加仁湯の横をすり抜け、
これくらいの道のりでした。

c0055515_2354182.jpg
c0055515_23541760.jpg


分校のような建物(失礼)でもある日光澤温泉は、昭和の香りがプンプン。
館内の裸電球や、鐘を鳴らして宿の人に出てきてもらったり。
明らかに、八丁湯や加仁湯とは異質の雰囲気をかもし出しまくりです。

日帰りで利用可能なのは二つの混浴露天風呂。
このほか宿泊者用に内湯がありますが、こちらは日帰り利用は不可。

c0055515_2355073.jpg
c0055515_23555354.jpg

宿の正面向かって右手にある露天風呂は上下二段。
上にはほとんど囲いナシの男女兼用の脱衣所脇に、透明の湯を湛える長方形の露天風呂。

42度くらいの透明の湯は柔らかい湯。
軽いツルツル感もあり、重くなくて入り心地の良い湯。
パイプから勢いよく投入の源泉は、47度くらいだったものの、一定ではない印象。
時折熱くなることがあり。二つあるらしい湯口のうち一つは
熱くなりすぎないように?か、浴槽には入れられずにそのまま捨てられていました。
ん~もったいない。・・・でもやむなしか。二本入っていたらかなり熱そうなので・・・

コチラの浴槽は底が葉っぱの絵柄のついたカラータイルになっています。

c0055515_23563686.jpg

そのすぐ下。
階段を数段下ったところにある将棋の駒のような形の露天風呂には、
青味がかったミルクのような白濁の湯がはられています。

下の浴槽は割と浅め。温度は同じくらいで42度程度。
こちらははっきりとしたタマゴ臭があります。
けっこうな濁り具合の湯は、強烈な浴感は伴わないものの、
上の湯に比べるとズシンと効きそうな湯。長湯するなら上の湯といったところか。

c0055515_2357590.jpgc0055515_23571386.jpgc0055515_23572075.jpg

下は意外と眺望が効かず、上の湯の方が湯疲れしなそうな印象であったこともあり、
上の湯が気に入り、そこでぼーっとしていました。

ちなみに宿泊者用の内湯の窓(というか引き戸)が開いていて、中を見ることができました。
やや青味が買った透明の湯が目に付いて、かなり鮮度が高そうな湯が満たされている感じ。
いつか入ってみたいもんです。




■日光澤温泉

住所:栃木県日光市大字川俣

TEL:0288-96-0316

公式HP:ないみたい

営業時間:9時~18時 500円

訪問:2007.6

※源泉データは掲示が見当たらず不明・・・・
[PR]
by eratomoeratomo | 2007-07-09 00:04 | ★温泉のページ