ブログトップ
小赤沢温泉 楽養館 赤茶の湯  ~長野栄村~
c0055515_0231334.jpg逆巻温泉に続いて秋山郷の温泉第二弾。
実はついこないだ、3月に問い合わせなしで訪問し、現場で冬季休業中が発覚。
赤い湯をすぐ”目の前”にして立ち去らざるを得ない・・・という悲しい出来事が。
今回は満を持しての訪問。今度は開いてます!

c0055515_0233650.jpgc0055515_024970.jpg
500円Or300円のいずれか?という前評判の入浴料金は300円。
食堂のある棟とは別の浴舎に渡り廊下を渡って向かいます。
高い天井の浴舎は木をふんだんに使った雰囲気のある造り。

c0055515_0243891.jpg
おおっ、これはすごい赤茶。ものすごい濁り湯です。

浴室は、L字型の温泉浴槽と、圧注浴用が各一つずつ。
そして打たせ湯もあり。圧注浴と打たせ湯は温泉利用ではありません。
露天風呂はなく内湯のみではあるものの、高い天井と三面に取られた窓により
明るくせせこましい印象はありません。カランとシャワーは4つで、シャンプー等も完備。

c0055515_0245894.jpgc0055515_025756.jpg
c0055515_0253161.jpg
L字型の浴槽は元がどうだったのか
うかがい知れないほど、析出物に染まってます。
そして、ちょうどL字型の曲がり角のところを仕切りが
スパッと渡されていて、広めの方が全身浴・半身浴用。
奥の狭目で浅めの方が寝湯用。
目当ての赤い湯は、この日はどちらと言えば茶色。
湯面には細かい析出物が浮いてます。
c0055515_0361964.jpg

塩ビのパイプから時折勢い良くゴボッゴボッと温泉は投入。
間欠泉みたいな勢いです。湯はキシキシ感があり温めなんだけど、じわっと汗が出てくる印象。
ほてり感は割りと少なめで、湯から上がると割と早く寒くなるものの、ひとたび服を着るとポカポカ。
ちなみにタオルは間違いなく染まるので要注意。湯船の底はざらざらで、パリパリの堆積物が。
かなり濃い塩味に鉄味の混ざった強烈な味の湯で、金気臭もします。

訪問時は4月の週末、14時~15時の時間帯。
途中地元の方らしき人が一人来たくらいで、ほとんど貸切状態で最高でした。





■小赤沢温泉 楽養館

住所: 長野県下水内郡栄村堺小赤沢

電話:0257-67-2297

営業時間:10時~20時 300円 冬季休業が今まではなかったっぽいが今年はあった?

公式HP:ないみたい?

関連ブログ:まるちさんのブログ@洵さんのブログ

訪問:2007.4

■小赤沢温泉源泉
泉質:含鉄(2)-ナトリウム・カルシウム-塩化物強塩温泉
源泉温度は45度。PHは不明。
成分総計は23350mg。湧出量は不明。
知覚試験は不明。鉄(2)イオンは32.7mg。

★掛け流し、加水、加温なし。
[PR]
by eratomoeratomo | 2007-04-27 00:39 | ★温泉のページ