ブログトップ
志賀高原熊の湯温泉熊の湯ホテル みどりの湯と言えば・・・ ~長野山ノ内町~
c0055515_013111.jpgみどり色の湯。
一口に緑と言っても、さまざまな緑がありますが、
国見温泉石塚旅館の湯は、見事な蛍光ペンのような鮮やかなみどり色でした)
みどり色の湯と言えば、これまで自分の中で思い浮かべてたのはココ。

c0055515_0131825.jpg志賀高原は熊の湯の、熊の湯温泉ホテルです。
今秋、ようやくの初訪問です。

新しくはなく、かといってものすごく古い!
とまでは行かない熊の湯ホテル。
緑の湯の待つ男女別の浴舎はフロントから左手。
少し廊下を進んだ先の、館内の端っこにあります。

c0055515_0133256.jpg

内湯は檜造り。
高い天井、木の床、壁、そして湯船。
3.5m×2mくらいはありそうな湯船には、キレイな黄緑の湯がたっぷり。
国見温泉に比べるとこちらの方が茶色がかった葉っぱのような色。
露天はコンクリの浴槽。露天より内湯の方が湯の鮮度は高そう。

c0055515_0134840.jpg
c0055515_014133.jpgc0055515_0141020.jpgc0055515_0142088.jpg

ツルツルする黄緑色の湯には、白い湯の花がたくさん、ふわっと舞っています。
酸味・苦味・そしてタマゴ味が薄めにブレンドされているような湯は、あたりがマイルド。

ほどよい深さに適温の湯。
木の湯船の温もりが心地よいみどりの湯でした。

入浴料1000円はちと高いのかな?ともはじめは思いましたが、
最後はまた来るなぁ~。そんな気になってました。

c0055515_0145414.jpgc0055515_015483.jpg





■熊の湯温泉 熊の湯ホテル

住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏7148番地

TEL:0269-34-2311

公式HP:http://www.kumanoyu.co.jp/hotel/
関連ブログ:まるちさんのブログ

営業時間:12時~16時 1000円

訪問:2006.10

■熊の湯源泉
泉質:含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
源泉温度は63度。PHは7.4。
成分総計は1279mg。湧出量は毎分75リットル(掘削動力酔揚湯)。
知覚試験は「黄緑色を呈し、強硫黄味・苦味・強硫化水素臭を有す」

★掛け流し利用、加水あり
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-12-02 00:17 | ★温泉のページ