ブログトップ
乳頭温泉郷湯巡り 孫六温泉  ~秋田仙北市~
c0055515_2093074.jpg黒湯温泉から一番近く、というか隣にあるのが孫六温泉。
黒湯から孫六への道は、人一人分くらいの幅の下り坂。
5分ほど歩くと着く孫六温泉は、黒湯とは一味違った湯治場風情を感じます。

「少ししか歩いてないのに、なんかまた違う世界が・・・」
別の鄙びの世界。
なんて言うんだろう、こう、駆け出したくなるような気持ちがまたもや湧いてきます。

c0055515_194802.jpg

c0055515_20102128.jpg川底や川石が赤茶けた川を木橋で渡り、
受付で500円を支払うと
「たくさん入っていきなさいよ~」
というような言葉を宿のおばさんからもらい、
早速浴室へ。


孫六温泉には混浴内湯「石の湯」。
そしてその湯小屋の奥に二つの混浴露天。
さらに奥には打たせ湯があり、石の湯の隣には女性用の露天。
その他「唐子の湯」という男女別の内湯があります。

c0055515_19572710.jpg

この色、スゴイ・・・
少し湯花舞う湯は見事な青白い色。しかもこの湯、底から湧いている・・・!
石湯の名の通り、浴槽の中まである大きな石(=岩)と、底に一部敷かれた木の板の隙間から
この青白い色になる湯は静かに湧いているようです。わずかにキシスベの湯。
ところでなぜか来る人来る人内湯は素通りし露天へ。そのため贅沢にもこの湯は悪友とのほぼ貸切。
もしかしてうちらの人相風体、もしくは所作、やばかった?

c0055515_2025847.jpg
c0055515_20373.jpg

露天は川沿いでかなりワイルド。湯は透明の少し温めの湯。
唐子の湯は逆にけっこう熱めの透明の湯。
こちらは底が木の浴槽で、ぼわぁ~っとした薄暗さがとても落ち着く雰囲気。
浴槽の下は隣の女湯とつながっているようで、かつては混浴?
こちら側の湯は、少し印象が弱め。


湯上りにおいしい沢水(看板の下にあります)を飲みながら、
今入ってきた湯小屋をぽや~っと眺めると、地味に満足感が湧いてくる。
孫六温泉はそんなじんわりと効く温泉でした。

c0055515_2095356.jpgc0055515_20104473.jpgc0055515_20105168.jpg
c0055515_20112261.jpgc0055515_20113386.jpgc0055515_20114548.jpg




■孫六温泉

住所:秋田県仙北市田沢湖先達沢国有林

電話:0187-46-2224

公式HP:ないみたい

日帰り:400円(7時~17時)

ブログ:tabistyleさんの孫六温泉の記事

■石の湯
泉質:単純温泉 
源泉温度は46.0度。PHは7.1。
蒸発残留物総計は550mg。湧出量は不明(自然湧出)。
知覚試験は「無色透明、微弱な硫化水素臭とわずかな渋味があり中性である」

主成分は以下の通り
陽イオン:ナトリウムイオン102.1mg、カルシウムイオン47.2mg
    マグネシウムイオン2.0mg
   
陰イオン:炭酸水素イオン167.2mg、硫酸イオン110.2mg、塩化物イオン72.1mg


■唐子の湯
泉質:単純温泉 
源泉温度は49.9度。PHは7.4。
蒸発残留物総計は560mg。湧出量は不明(自然湧出)。
知覚試験は「無色透明、微弱な硫化水素臭とわずかな渋味があり中性である」

主成分は以下の通り
陽イオン:ナトリウムイオン102.1mg、カルシウムイオン52.9mg
    マグネシウムイオン2.3mg
   
陰イオン:炭酸水素イオン175.2mg、硫酸イオン81.1mg、塩化物イオン110.2mg


※掛け流し利用。石の湯は加水を確認
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-11-02 20:14 | ★温泉のページ