ブログトップ
松川温泉峡雲荘 白濁の湯満ちる露天風呂 ~岩手八幡平市~
c0055515_23245115.jpg西根温泉ゲンデルランドから八幡平樹海ラインに入り、いよいよ八幡平へ。
となると、途中にある松川温泉に寄らないわけにはいきません。


松川温泉には3軒の宿があり、どれも魅力的。
しかし、先のことを考えてしまうと全部にはいけず・・・ということで、かつてこの地を訪れた際、
一番ピンと来た!という記憶から峡雲荘に行く事にしました。

c0055515_2325774.jpgc0055515_23251551.jpg

峡雲荘は山の温泉宿、というイメージよりずっと洗練された、
モダンな雰囲気すら漂う和風旅館にリニューアルしていました。
館内も「これは泊まってゆっくりしてみたいなぁ」と思ういい雰囲気です。
エントランスで期待が高まりすぎ、若干興奮気味。

気さくなご主人に500円の入浴料を支払い浴室へ。
峡雲荘は男女別の内湯と、混浴露天、そして女性専用露天があります。

c0055515_23254028.jpg
c0055515_2326338.jpgc0055515_2326980.jpg

混浴露天は木々に囲まれた中にある自然石の巨石を配した岩風呂。
大き目の浴槽の中に巨大な岩が、でーんと。混浴の際には目隠しになりそう。
湯船からは、隣にある地熱発電所で湯気がモクモク上がっているのが見えます。
先客がいましたが、しばらくして貸切状態に。

特に絶景!というわけでもないんですが、そこそこのゆったり感と、
入りやすい位置を探しやすいのと、さわさわ風に揺れる葉の音が心地よく・・・

大き目の薄いレモン色の湯花たっぷりの酸っぱい湯は、少しツルキシする湯。
にごり具合は、濃いにごり湯というものではなくてそこそこのにごり具合。
そうは言っても湯口付近は、堆積したたくさんの湯花でレモン色になってます。
適温の湯はこの時分の陽気にはちょうどよく、のんび~り浸かりしばし時間を忘れ・・・。
「あぁ、イイ湯だぁ~~」

c0055515_23262966.jpg


露天からつながっている内湯は、木枠の石造りの湯。
湯はこちらの方が熱く、濃い感じ。加水の程度による差かもしれません。
快適さ・清潔さ・雰囲気を兼ね備えたなかなかの内湯で、露天に負けじとこちらも気に入りました。

c0055515_23264827.jpg

ここは泊まりでじっくり湯を楽しみたいです。





■松川温泉 峡雲荘

住所:岩手県八幡平市松川温泉

TEL:0195-78-2256 

公式HP:ないのかな


■松川温泉(新駒島の湯)
泉質:単純硫黄温泉(硫化水素型) 低張性弱酸性高温泉 
源泉温度は50.0度。PHは5.7。
蒸発残留物総計は58mg。湧出量は不明。
知覚試験は「微弱白濁にして強い硫化水素臭を有する」

主成分は以下の通り
陽イオン:ナトリウムイオン2.8mg、カルシウムイオン5.5mg
   マグネシウムイオン1.7mg
   
陰イオン:硫酸イオン10.0mg、塩素イオン2.8mg、炭酸水素イオン4.7mg

その他遊離硫化水素9.5mg

※掛け流し利用(ただし源泉温度高いため加水あり)
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-10-13 23:36 | ★温泉のページ