ブログトップ
草津温泉泉水館 草津十二湯君子の湯 ~群馬草津町~
c0055515_2134799.jpgいつぞやの草津湯巡りの際に見事フラレた泉水館
今回のリベンジ。宿に電話をかけてやっていることを確認。
女将さん曰く、「14時まで平気」ということで善は急げ!
10時直、一番風呂くらいの勢いで行ってきました。

c0055515_21342572.jpg


賑わう賽の河原通りに面した泉水館は、草津では数少ない自家源泉を持つ宿。
早く行き過ぎたため、まだお掃除が終わってませんでした(気合入りすぎ?)。

c0055515_21344351.jpg
c0055515_21345027.jpg

ほどなく待ち焦がれた君子の湯へ(日帰りは700円)。およそ二年越しの恋実る。
脱衣所は階段を降りて半地下になっています。このアプローチ、たまりません。

ガラガラっ。引き戸を開けると硫黄の臭い。
桧をふんだんに使った、天井高めの昔ながらの見事な湯小屋。
そこに二つの石造りの浴槽が並び、真ん中には「草津十二湯 君子の湯」と。
ぴゅろぴゅろと静かな音を立てて注がれる源泉は、やっぱり静かに浴槽からあふれて。

c0055515_213554.jpg
c0055515_21351664.jpg
c0055515_21352214.jpg
c0055515_21465457.jpg


あぁこういう雰囲気、待ってました~!

適温の浴槽は右手側が透明、左手側が白濁。透明度は60センチほど。
源泉が46度ちょっとと他に比べ低めなので、入りやすい。
レモンのようなすっぱさと、硫黄の臭い、そしてすぐに肌がツルツルしてくる湯。
他に比べると幾分マイルドな印象の湯は、草津十二湯の名に恥じないすばらしい湯でした。
リベンジしてよかったぁ~。





■草津温泉泉水館

住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津478

TEL:0279-88-216 

公式HP:ないみたい


■君子の湯源泉
泉質:酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)
源泉温度は46.8度。PHは2.2。
蒸発残留物総計は1260mg。湧出量は不明(自噴)。
知覚試験は「無色透明、硫化水素臭あり」

主成分は以下の通り
陽イオン:ナトリウムイオン60.2mg、カルシウムイオン65.0mg
   アルミニウムイオン40.2mg、カリウムイオン32.7mg、マグネシウムイオン28.7mg
   鉄2イオン10.9mg、水素イオン7.77mg、マンガンイオン1.34mg
   
陰イオン:硫酸イオン513mg、塩素イオン309mg、ヒドロ硫酸イオン99.3mg

その他:遊離硫化水素3.0mg

※掛け流し利用
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-09-18 21:54 | ★温泉のページ