ブログトップ
はげの湯温泉旅館山翠 つかの間の九州⑤ ~熊本小国町~
c0055515_1942579.jpg黒川温泉から北に進路をとると、南小国町から小国町へ。
先の豪雨の爪あとが残る道を20分ちょっと程度進むと、はげの湯温泉に到着。
この小国町にもいくつかの温泉が点在していて、その中の一つがこの「はげの湯温泉」です。

小国富士と呼ばれる涌蓋山の麓の登山口にあるはげの湯温泉は、
そこかしこから温泉の湯煙が立ち上る、いかにも!と期待させる温泉地。
そこの最奥にあるのが、旅館山翠。宿の建物はまだ新しそうな印象。
フロントで日帰り料金500円を支払い、早速宿裏手一帯に広がる温泉へ。

c0055515_19323277.jpg


上へ上へと続く坂道沿いに洞窟風呂・岩風呂・男性用露天・女性用露天・家族風呂・
打たせ湯等々、いくつもの湯船が点在。そして一番上に評判の混浴露天があるというレイアウト。

c0055515_19324478.jpg

こちらは洞窟風呂。洞窟はありますが、奥行きはほとんどありません。岩風呂といった趣。

c0055515_19333432.jpg
c0055515_19334140.jpg

男性用内湯からは、打たせ湯(上)にいけるようになっていて、
この内湯浴槽(下)自体は4~5人が入れるくらいの大きさ。
このときの打たせ湯は、湯が出てませんでした。この内湯の隣に男性用露天があり・・・

c0055515_19364086.jpg

c0055515_19431714.jpg
露天風呂は横長。けっこう広めで少し温めの湯。
湯口からは勢い良く湯が注がれています。

あまり浴感のある湯ではないものの、これはのんびり出来ていいなぁ・・・
と何の気なしに手の臭いをかぐと、  あぁ、塩素臭が・・・
このあと入った内湯も同じであることが判明。


この後、眺望が自慢の一番上の混浴露天へ向かいましたが、
そこそこ人がいそうで、ちょうど雨が落ちたのもあって、
どうにも気持ちが乗らず今回は入らずに先を急ぐ事にしました。





■はげの湯温泉旅館

住所:熊本県阿蘇郡小国町西里はげの湯

TEL:0967-46-4547

公式HP:http://www.3sui.jp/


■源泉データは掲示が見当たらず不明。
 硫黄泉ということでした。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-09-03 19:51 | ★温泉のページ