ブログトップ
白根温泉加羅倉館 少し熱めのさっぱり湯  ~群馬片品村~
c0055515_2336462.jpg群馬の北東部に位置する片品村。
実はココ、あまり温泉目的では行った事がない場所でした。
ということで・・・片品の温泉発掘、行ってみます。

群馬県沼田市から国道120号を金精峠(日光)方面へ進むと、
片品村役場もある鎌田というところで道は二手に分かれます。
一方が尾瀬の群馬口方面へと続く国道401号。
もう一方が大尻沼、丸沼、菅沼、といった沼を経て、日光へ裏からアクセスできる国道120号。

白根温泉加羅倉館は、鎌田より国道120号を10分ほど行ったところにあります。
すぐ手前には白根温泉薬師の湯があり、こっちが目立つので
ともすると加羅倉館は気づかずに通り過ぎてしまうかも・・・。
※薬師の湯もなかなか評判がよいので、こちらは次回の宿題。

c0055515_23374095.jpg


加羅倉館のお風呂は、国道を挟んで本館とは反対側にあります。
この日は本館側で料金を支払うようあったので、本館側に橋を渡って行き、
入浴料410円を支払った後、浴室へと入りました。

c0055515_23375237.jpg
c0055515_2338431.jpg


浴室は半地下のようになってます。
とはいえ、明り取りの窓から差し込む光で浴室は明るく、半地下とは思えない状態。
清潔感もバッチリ。そして・・・・
中央にデーンと男女別の内湯にはタイル貼りの大きな浴槽が!
3~4m四方はありそうな大きさ!
そこに高い位置から温泉が贅沢にドバドバ掛け流しに。
その勢いは見ているだけで気持ちいいくらい。
(13本の源泉を持っているそうで、毎分600リットル!でも半分は使い切れずに
 川へ流れていってしまうそう。ちなみにシャワーも温泉)

c0055515_23385055.jpg

湯口の下にはこのように析出成分が白く固まってました。むむむ、やるなっ。

熱めの温泉は、浴感たっぷりというタイプではないですが、すっきりしまった印象のする湯。
熱さがいい意味での緊張感?のようなものを与えてくれます。
ピシっとしまる様な。

湯上りはさっぱり。切れのいい日本酒のような爽快感のある湯上りでした♪
冬のさむ~い時期に行っても、また気持ちがよさそうです。




■白根温泉 加羅倉館

住所:群馬県利根郡片品村大字東小川4653

TEL:0278-58-2251

公式HP:ないみたい

営業時間:6時半~20時半 410円


■白根温泉上の湯1号泉
泉質:単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉) 
源泉温度は61.5度。PHは7.8。
蒸発残留物総計は630mg。湧出量は毎分600リットル。
知覚試験は「無色透明、無臭、無味」

主成分は以下の通り
陽イオン:ナトリウムイオン174mg、カルシウムイオン29mg
   カリウムイオン5.31mg
   
陰イオン:硫酸イオン234mg、塩素イオン92.9mg、炭酸水素イオン75.8mg

※源泉温度が高いので加水掛け流し利用
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-08-04 23:48 | ★温泉のページ