ブログトップ
大金温泉 大金温泉グランドホテル  ~栃木南那須町~
c0055515_23542743.jpg栃木にナトリウムイオン・カルシウムイオンの成分濃度が全国屈指の湯がある!
ということで行って来たのが、この大金温泉の大金温泉グランドホテルです。
大金温泉グランドホテルは、リゾートホテルのような白いけっこう大きなホテルです。
建物の規模からして、かなりの客室数がありそうです。

c0055515_23565298.jpg到着後、駐車場に車を入れると、
併設されている「大金温泉医学研究所」は、入り口前に大きな廃棄物が積まれていて入り口もぴっちり閉ざされていました。
また、駐車場前にあるこのホテルの源泉らしきところも、渇いていて・・・おやっという印象。

最初着いたとき、
「おや、もしかしてもうやってないのかな??」
とも思いましたが、大丈夫、やってました。


c0055515_23572156.jpg館内は少々疲れた雰囲気ではありますが、
新装時お金をかけて造られたホテルなんだろう、
と想像できます。

エントランス入ってすぐに野菜売ってたり、最上階まで吹き抜けのホールではなぜか洋服売っていたり、カーペットが汚れたままになっていたりと・・・ん~微妙なバランス。

なんとなーく不安になります。

しかし、入浴料1000円を支払い、館内奥にある浴室へ。



露天と内湯は分かれているので、まずは内湯へ。
内湯は浴槽が二つでサウナを併設。この浴室も、なんとなくこれまでの館内と同じ雰囲気。
植えられた植物も元気なく天井などを見上げると、くたびれた印象です。
洗い場はよいのですが、浴槽のお掃除も・・・。

c0055515_23575497.jpgc0055515_235819.jpg


c0055515_2358292.jpgc0055515_23584131.jpg


湯は少しキシキシ感がありましたが、あまり特徴を感じません。
少し舐めてみると、食塩泉らしく確かにしょっぱいのですが、
成分分析表から想像するよりなんだか薄い印象。
全国屈指の高濃度については、正直あまり感じる事ができませんでした。

c0055515_23591534.jpg


露天風呂は、岩風呂になっていて開放感あるれるもの。立派な露天風呂です。
しかし、いささか開放感にあふれすぎていて、目の前のショートゴルフコースに
おばさんがたくさんいたので。。。断念。

なんだか最後まで、???な、もやもや感が抜けないままでした。
これで1000円となると腑に落ちません。





■大金温泉グランドホテル

住所:栃木県那須郡南那須町岩子86-2

TEL:0287-88-2211

営業時間:10時~21時 ¥1000

公式HP(たぶん):http://ikd.or.tv/hp/oogane/


■大金温泉
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(弱アルカリ性高張性高温泉)
源泉温度は66.8度。PHは7.6。
蒸発残留物総計は14360mg。湧出量は不明。
知覚試験は「微黄色で透明。わずかに硫化水素臭を有し、強い塩味のちに苦味有り」

主成分は以下の通り
陽イオン:ナトリウムイオン3580mg、カルシウムイオン1737mg
   カリウムイオン26.9mg、マグネシウムイオン8.3mg
   
陰イオン:塩素イオン8231mg、硫酸イオン553.9mg、炭酸水素イオン29.5mg
   臭素イオン26.6mg

※掛け流しという情報だったものの、見ての通りオーバーフローはなし。
 浴槽内吸い込み口あり。判断つかず。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-07-21 00:03 | ★温泉のページ