ブログトップ
奥飛騨温泉郷新穂高温泉 水明館佳留萱山荘 大大野天風呂   ~岐阜高山市~
c0055515_9261333.jpg平湯温泉の神の湯を後にし、クルマを今度は北へと走らせます。
続いてやってきたのは奥飛騨温泉郷の最奥、新穂高温泉。
栃尾温泉を過ぎ、蒲田川沿いの道をロープウェイの方に進むと、
ほどなく水明館佳留萱山荘の看板が眼に入ります(意外と唐突ですが)。
⇒川の方へと下って行くと佳留萱山荘の広い駐車場に出る。

c0055515_926376.jpgc0055515_9264433.jpg


ここの目玉はなんといっても巨大な混浴露天風呂。
とにかく、超でか~~~~~~い!!!らしい・・・
鼻息荒く、今すぐにでも入ろうかと思ったが、たまたまいた宿の人に聞くと、
佳留萱山荘のフロントで入浴料を払ってくれとのこと。
ん~微妙に離れている混浴露天と、山荘の距離ももどかしい。

c0055515_927319.jpg

とりあえず800円の入浴料を支払い、もらったタオルと共に急ぎ混浴露天へ。
東海随一とのアピールを受けて階段を降りていく混浴露天風呂。

c0055515_9282838.jpgc0055515_9283724.jpg
c0055515_9285494.jpgc0055515_9291146.jpg

実際見ると、確かにデカイ。デカイです。
手前に一つ、真ん中にL字形に一つ、そして奥にもう一つ。
一番手前の湯船が小さいけれども、…これが普通の露天サイズを優に上回ってるって!!
直径10m越えレベルです。巨石を配した露天風呂は、とにかく豪快。
これは、今まで入った中で一番デカイかも。
草津の賽の河原露天も北湯沢の名水亭にも勝ってるサイズです。
とりあえず現時点ナンバーワンの大きさ。




c0055515_9303956.jpg
c0055515_9304443.jpg
c0055515_9305746.jpg
c0055515_931511.jpg


湯滝もある一番上の露天風呂には、洞窟風呂?もあります。
洞窟の中からも温泉がドドドと出ていて、中はさながらサウナのよう。
ん~奥深いです・・・

c0055515_9311821.jpg




この巨大な露天風呂をまかなう水明館佳留萱山荘の源泉は、
自家源泉が3本あるそうで、その中の2本をブレンドして使用しているとのこと。
高温のため加水しているそうです。
ツルキシ感は感じないものの、湯の花舞う少し黄緑色の湯は
やっぱり温まり感が違います。
少し肌寒い日だったものの、しっかり汗をかいて巨大露天を後にしました。



■奥飛騨温泉郷新穂高温泉 水明館佳留萱山荘

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂555

TEL:0578-9-2801 

公式HP:http://www.karukaya.co.jp

日帰りは800円(8時~20時)

■佳留萱温泉(1号泉と2号泉の混合泉)
泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉) 
源泉温度は55.8度。PHは7.59。
蒸発残留物総計は538mg。湧出量は不明。
知覚試験は「無色透明、無臭、無味」

主成分は以下の通り
陽イオン:ナトリウムイオン156.7mg、カルシウムイオン19.2mg
   カリウムイオン15.7mg、マグネシウムイオン1.7mg
   
陰イオン:炭酸水素イオン325.5mg、塩素イオン55.2mg、硫酸イオン22.4mg

※掛け流し利用
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-06-10 09:35 | ★温泉のページ