ブログトップ
氷見活魚鮨よし のどぐろの塩焼きに出会う  ~富山氷見市~
c0055515_22181799.jpg今回の北陸行きで寿司のために使ってもいい!
そのために用意した軍資金は、1諭吉。虎の子の1諭吉です。
通常の食にかける予算からすると、奮発しての1諭吉
よってこれ以上は出せない。
でもこの中で如何にして満足できるホタルイカとのどぐろに会うか?最大のテーマでした。

幸い、鮨政も伸福もコストパフォーマンスに優れたお店。
満足と引き換えに虎の子の1諭吉は、4野口弱に変貌したものの生き残っていました。
せっかくの北陸。またいつ行けるのか???コレがまったくもって不明・・・。
となると行くしかないでしょーー。

ということで、氷見にある寿司屋、「鮨よし」。行っちゃいました。
事前調査で評判が良かったもので・・・ガマンできなんだ・・・。どんな寿司との出会いがあるのか。


「いらっしゃいませー」
ここのお店、とっても接客が気持ちいいです。
カウンターについて、早速上にぎり(1,890円)を注文。
名物の白エビ。ココに来て初登場。
ただ出てきたにぎりは…
9カンと少なめでネタも小さく見え、正直拍子抜けでした。
ん~ちと残念。値段、これまでに比べ確かに安いんですけどね。

c0055515_22192841.jpg


でも初めて食べた白エビですが、うまい。なんて甘いんだろう。
他、マグロの赤身とブリ、タイは○。ここはシャリが好みに合ってました。

でも、まだお腹に余裕があったので…、
メニューに乗っていた一品料理の「のどぐろの塩焼き」。
これが気になりまくっていた。でもお値段は時価
う~む。
時価の上限は1,890円。財布と相談し、コレなら耐えられる…
GOの指令が脳の奥底から出てました。

c0055515_22212150.jpg


出てきたのどぐろは、
「のどぐろってホントのどが黒いんだ。」勉強になります。

写真は全然美味しそうではないですが…
サクサクとした、さわっとした心地よい食感に全面降伏。
コレは負けました。完敗だ~。
川魚のような一面も、魚離れした?肉のような一面も併せ持ち
それが絶妙です。やっぱのどぐろはすごい。
ホントこれは好きだ。はっきりと自覚しました。
のどぐろが大衆魚だった時代に本気でタイムスリップしたかった。

c0055515_22214520.jpg


ホタルイカのにぎりも頼んだんですが、これは蛇足でした。
のどぐろの塩焼きは、時価の上限きっかり1,890円。
よって、予算はこれにて終了。当面の間贅沢は中止です。のどぐろの思い出を胸に。




■氷見活魚鮨よし

住所:富山県氷見市下田子 185-1

TEL: (0766)91-4080

営業時間:12:00~22:00
(オーダーストップ 21:30)

公式HP:http://www.himi-sushiyoshi.co.jp/
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-05-24 22:30 | ★ゴチソウのページ