ブログトップ
姫川温泉ホテル白馬荘 ゆったり露天風呂 ~長野小谷村~
c0055515_22241977.jpg白馬村から糸魚川に向かう国道148号。
姫川の急流に沿うように走るこの国道沿いに、その名も姫川温泉はあります。
姫川温泉があるのは、国道からは大糸線をくぐって、姫川を渡った対岸側。

道沿いには古びた建物の旅館・ホテル。
そして目に付くところにつぶれたホテルなんかもあって、
ちょ~っと冴えない雰囲気。。。微妙な印象。

またまたそのまま踵を返しかねないところ(前回は退散した)…、
今回は敢えての再訪。

リストアップしていた候補のうち、ホテル白馬荘に日帰りで行ってきました。
決め手は、迷っていたときに目に付いた玄関に整然と並んだスリッパ
それと、やってくるお客を今か今かと迎えようとしている宿の人の動き!
要するに「カン」です。

c0055515_22253058.jpg


ホテル白馬荘の見た目の印象は、正直古い印象。
だから中もどうかな~って半信半疑。
中に入ると建物はやはり古さを隠せませんが、
フロントの人の応対をはじめきちんとしていました。
施設も古くなったところにはそれなりに手が入っているようです。
やっぱり伊達にスリッパは整然としていませんでした。一安心です♪
それだけに見た目の印象でちょっと損してます。もったいない…

500円を払い、宿泊の人たちがやってくる前のひっそりとした館内を浴室めがけてずんずん進みます。
白馬荘は露天と内湯が別々にあります。
当初は内湯のみだったところに、多分あとから露天風呂を作ったのでしょう。

c0055515_22254778.jpg


最初に向かった露天風呂は姫川に面した男女別の自然石を配した岩風呂でした。
けっこう広くて前方に険しめの山を望めます。

残念ながら前面に岩があるため姫川は見えませんが大糸線は見えます。
これは多分向こうからも見えます。僕を見ても詮無きこととは思いますが。
ちなみに女湯の方には桜の木があって、桜の季節はかなり良さそうです。

c0055515_222611.jpg


露天風呂には姫川温泉の熱めのお湯がドバドバ。
湯の温度はけっこう熱め。
かすかに白い細かな湯の花の舞う温泉で、
はじめキシキシを感じたあと、ゆっくりつるスベ感も顔を覗かせる。
そんな印象の湯です。

c0055515_2226352.jpgc0055515_22264379.jpg


内湯はこの後、続きます・・・
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-05-14 22:30 | ★温泉のページ