ブログトップ
白馬八方温泉おびなたの湯(小日向の湯)  ~長野白馬村~
c0055515_058963.jpg白馬八方温泉おびなたの湯は、無色透明のアルカリ性単純温泉。
数多い白馬の温泉の中でもけっこう奥まったところにあるにも関わらず、
GWということもあってか大人気(訪問時はコチラ)。

営業終了時間の18時前、17時頃の来訪でしたが、
混雑のため当初は湯船に浸かる隙間が見つからない状態。
この状態って、ホント居場所がなくて間抜けです…。

c0055515_0582588.jpg


缶詰のパイナップルのような半円形状の露天風呂を満たす湯は、
とろみのあるアルカリ泉らしい湯。それが掛け流しとなっています。

PH11という数字の印象から、すんごぃぬるぬるの湯を想像していたんですが
それに関しては意外にそうでもない感じ。
ただ、入ってすぐに肌がつるっとして、それがしばらくするとキシっとする。
変化がしっかりと感じられて良い湯でした。

設備からするとちょっと500円は高い気もしますが、
ん~これでイモ洗いでなければいいのになぁ、といったところ。
居場所を見つけ18時ギリギリまでのんびりした後、リベンジを期し退散しました。

c0055515_0584218.jpgc0055515_0584929.jpg


写真右は入り口脇にあった温泉。たくさん湧いちゃってます。持って帰りたいな。




■参考:白馬の温泉めぐり
白馬には4つの源泉が湧き出ていて、それぞれに日帰りで入る事ができます。

●白馬八方温泉 ⇒ おびなたの湯の温泉。アルカリ性単純温泉。
・第一郷の湯:¥500円、12~21時、定休水曜
・第二郷の湯:¥500円、12~21時、定休火曜
・みみずくの湯:¥500円、12~21時、定休木曜
・おびなたの湯:¥500円、10~18時、定休なし、冬季休業


●白馬塩の道温泉⇒ 褐色が特徴のナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉。
・倉下の湯:¥500円、10~22時、無休
・岩岳の湯:¥500円、12~21時半、冬季は10時~、定休木曜(冬季無休)
・ガーデンの湯:¥600円、10~22時、無休
・エコーランドの湯:¥600円、12時~24時、定休木曜


●白馬かたくり温泉 ⇒ 弱アルカリ性の単純温泉。
・十郎の湯:¥600円、10~22時、定休毎月第二火曜


●白馬姫川温泉 ⇒ ナトリウム塩化物温泉。
・天神の湯:¥500円、11~17時、無休


今回はあまりの混雑のため、おびなたの湯のみで力尽きました。



■白馬八方温泉おびなたの湯

住所:長野県北安曇郡白馬村大字北城八方  

TEL:0261-72-2715


■白馬八方温泉(第一号、二号、三号の混合泉)
泉質:アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉) 
源泉温度は40.1度。PHは11.22。
蒸発残留物総計は148mg。湧出量は不明。
知覚試験は「ほとんど無色透明、微硫黄味を有す」

主成分は以下の通り
陽イオン:ナトリウムイオン44.1mg、カルシウムイオン15.9mg
   
陰イオン:水酸イオン33.8mg、炭酸イオン12.8mg、塩素イオン12.8mg

※掛け流し利用
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-05-12 01:02 | ★温泉のページ