ブログトップ
嬬恋温泉つまごい館 終着駅前の源泉宿  ~群馬嬬恋村~
c0055515_10141888.jpg菅平からのスキー帰り。久々に寄ってきました。
このつまごい館は、そういえばこのブログで一番最初に書いた温泉でもあります。
それ以来およそ1年ぶりとなる訪問。

JR吾妻線の終着駅、大前駅の目の前にあるのがこのつまごい館です。

c0055515_10143477.jpgc0055515_10144236.jpg


2時過ぎの時間帯のつまごい館は、これからやってくるお客さんの準備時間。
ややひっそりとしていました。

c0055515_10151614.jpg500円を支払って館内右奥の浴室へ。
前と変わらず清潔感のある館内を進みます。

内湯には2.5m×1.5mほどのサイズの、
縦長の木の浴槽があります。
露天は1.5m四方のほぼ正方形のサイズの、
やはり木の浴槽。


どちらも黄緑色のややにごった湯がたっぷり掛け流しです。

c0055515_10153295.jpg

c0055515_10154212.jpg


ちょっとキシキシする浴感の湯は、うっすら泡付きもあり。
(⇒今回初めて気がつきました)
ここの湯は温めなので、どちらかというと温湯の方が好きな自分にはうってつけ。
まぁちょっと露天は温すぎるため、寒い時期は厳しいですが…

c0055515_1016110.jpg


つまごい館はじっくりのんびり湯に浸かりたいときに思い出す宿のひとつです。
なんといっても、温いんですが湯上りはホカホカ♪
やはり温泉って違う…コレを感じる瞬間がたまりません。

c0055515_10162247.jpgこれは館内にある飲泉所です。

温めのお湯は金気味で、
伊香保温泉のお湯をやや薄味にした?
そんな味の温泉です。

明らかに決してウマイっ!とは・・・ですが
効きそうな味としておきます。



■つまごい館

住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大前高岩1077

TEL:0279-96-0443

公式HP



■嬬恋温泉 奥鹿の湯
泉質:ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩泉 
源泉温度は35.5度。PHは6.8。
知覚的試験は無色透明。蒸発残留物総計は1690mg。

主成分は以下の通り
陽イオン:ナトリウムイオン223mg、カルシウムイオン97.3mg、マグネシウムイオン67.5mg
   カリウムイオン17.6mg
   
陰イオン:炭酸水素イオン809mg、硫酸イオン190mg、塩素イオン81.7mg

その他、遊離二酸化炭素141mg


⇒温泉インデックス
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-03-25 10:20 | ★温泉のページ