ブログトップ
箱根湯巡り③ 芦之湯温泉山形屋  ~神奈川箱根町~
c0055515_23403876.jpg大涌谷の硫黄泉を朝から二連発の後は・・・。
次は違う泉質を求め強羅から早雲山方面へ。
目指すは箱根の寺湯、大雄山最乗寺箱根別院。
しかし…、たどり着くと玄関に現在入浴不可の張り紙が…。

c0055515_2341196.jpgお寺の人いわく、
「今はやっていないんです」とのコト…。

お寺の裏にある源泉湧出地らしきところからは、
←湯気がたんまり上がっていただけに。。。

この日一番の残念な出来事でした。



ということで、湯巡り道中はいったんココで頓挫。
日帰り時間が長い他の候補は…と探すと、芦之湯温泉にありました!
ちょっと距離がありましたが、箱根の山を回り込んで向かいます。

c0055515_23412965.jpg
向かったのは芦之湯温泉の山形屋。

芦之湯温泉にある三軒の旅館の中のひとつ。
一番小規模な宿で、
湯の花沢方面に向かう道沿いにあります。





c0055515_23431772.jpgc0055515_23432674.jpgc0055515_23433247.jpg


浴室は宿の奥、別の建物になっていました。
そこに男女別の2~3人入ると一杯かなというサイズの小さな岩風呂があります。
ここに温泉が掛け流しされています。
源泉温度が高いため、注入量を絞って温度調整をしているようでした。

c0055515_23441931.jpg


この浴槽を満たす湯はやや青みがかったきれいな感じの透明の湯。
入浴してよく見ると、白い細かい湯花がたくさんです。
これは日によっては少しにごるかもしれません。

この岩風呂。底には小石が敷いてあり、これが意外と気持ちよかったです。
深さもちょうど良く、熱気もこもらない浴室でけっこう快適。のんびりしました。

硫化水素型の硫黄泉でしたが、特に強い臭いは感じません。
軽くつるっとする感じの湯は、元箱根の源泉とのことです。






■芦之湯温泉山形屋

住所:神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯91

TEL:0460-3-6410

公式HP


■箱根町供給温泉

泉質:単純硫黄温泉(硫化水素型) 
源泉温度は94.1度。PHは6.4。
蒸発残留物総計は147.8mg。

主成分は以下の通り
陽イオン:カルシウムイオン7.8mg、ナトリウムイオン5.0mg、マグネシウムイオン2.0mg
   
陰イオン:炭酸水素イオン17.7mg、硫化水素イオン7.5mg、硫酸イオン9.3mg、
     塩素イオン3.4mg

遊離硫化水素 34.1mg

★加水・加温なしの掛け流し利用
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-03-08 23:46 | ★温泉のページ