ブログトップ
清津峡温泉湯元清津館 魅力ある硫黄泉 ~新潟十日町市~
c0055515_15143854.jpg昨夏、群馬~新潟と出かけたときに寄ったのがこの清津峡温泉です。
書くのを忘れたまま…夏は過ぎ秋を超え冬ももう少しで終わり…、早いですね。
今さらの感はありますが、なかなか力のある温泉だったので忘れないうちに。。。

以前に書いた貝掛温泉に寄った後に行った温泉です。

ところで、清津峡とは・・・
新潟県にある景勝地で、切り立った岩の間を
清津川の急流が豪快に流れるその眺めは、
日本三大渓谷のひとつにあげられているほどのものです。

c0055515_15224390.jpg


ちなみにこの清津川は、上流にある貝掛温泉に行くときに渡っていく川です。

c0055515_15164727.jpgc0055515_15232850.jpg


清津峡温泉は県道389号線のどん詰まりにあります。

ただ、昨夏の時点では新潟県中越地震の影響でしょうか。
通行止めとなっていて迂回路となっていた農道を経てのアクセスとなりました。

ちなみに清津峡温泉から先は、
徒歩で行く清津峡トンネルや遊歩道が整備されています。

c0055515_15153736.jpg


清津館は清津峡温泉の中でも一番大きな規模の旅館のようです。
日本秘湯の会の会員でもあります。

日帰り利用は700円。清津館には清津川に面した露天風呂も新しく出来てましたが、
こちらは宿泊客専用のため、日帰り利用では内湯に入ります。
c0055515_15155583.jpg

浴室は窓が大きくとられ明るく、清潔感も申し分なかったです。
内湯は、やや五角形のタイル張り浴槽のみのシンプルなもの。
ここに自家源泉の硫黄泉が掛け流しになっています。
どばどばです。

c0055515_1516614.jpgこの硫黄泉は無色透明。
糸くずのような白い細い湯花が舞っています。
強アルカリの湯はとろみがあり、肌がつるっとする、
気持ちのいい浴感です。
5分ほどで先客がいなくなり貸切に。

しばし、ぼーっと幸せな時間を送りました。

薬師の湯という名の自家源泉。
とても良い湯でした。
ちなみにこの自家源泉を堪能するには、
内湯の方が良いようです。

■■近場のお出かけ先~*
清津峡 清津峡渓谷トンネルでユク ~十日町市
魚沼スカイライン 空いてる無料ワインディング ~南魚沼市




■清津館

住所:新潟県十日町市清津峡湯元温泉

TEL: 025-763-2181

c0055515_15421577.jpg


■薬師の湯源泉
泉質:硫黄泉 
源泉温度は48.5度。PHは9.2。
蒸発残留物総計は680mg。
湧出量:毎分54リットル(掘削自噴)

主成分は以下の通り
陽イオン:ナトリウムイオン246.7mg、カルシウムイオン14.2mg

陰イオン:塩素イオン325.2mg、炭酸イオン39.6mg、硫酸イオン21.0mg
   硫化水素イオン12.7mg
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-02-26 15:19 | ★温泉のページ