ブログトップ
塩原温泉郷湯巡り① 塩原元湯温泉元泉館 ~栃木那須塩原市~
c0055515_23142596.jpg昨秋、紅葉の塩原に行ってきました(季節感がなくてすいません…)。
そして塩原といえば、やはり、紅葉だけでなく塩原温泉郷です。
天気にも恵まれ絶好の露天風呂日和♪
道の駅塩原で湯巡り手形を入手し、いざ湯めぐりへユキます!

箒川の渓谷沿いを塩原の温泉街へ向けて進みますが、
このあたりの紅葉は、昨年(2004年)に比べるとイマイチかな・・・という印象でした。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

さて、湯巡り一番手は塩原元湯温泉です。

この元湯温泉。現在は三軒の旅館からなる温泉で、
三軒いずれの旅館も個性ある源泉を持っている、すばらしい温泉地です。
※三軒のひとつ、ゑびすやはコチラ。


当初は黒い源泉を持つという大出館に向かったんですが、これが大変な混雑。
なんでもちょっと前にテレビに出てしまったとのコトで、・・・納得です。
c0055515_23144360.jpg

ということで、これまで何度か行ったことのあるすぐ下の元泉館から湯巡り、スタートです。
元泉館は日帰り入浴は800円ですが、湯巡り手形の初回使用の特典を使うことでタダになりました。


この日は紅葉シーズンということもあって、10時の時点でかなりの混雑。
ここまで混んでいたのは初めてでした。

c0055515_23151443.jpg元泉館で日帰りではいることが出来るのは、この「高尾の湯」。
4m×4mほどの正方形の内湯は、石板と木枠の浴槽。
窓が大きく明るく開放的な浴室です。
浴室の床は温泉成分でしょう、茶色に変色していました。

外の露天は自然石によるもの。
こちらは横幅3mくらいの大きさのひょうたんのような形。

この日は、この川に面した露天風呂が大人気でした。
内湯は混んではいても広いので、それなりにゆったり入れます。
透明度は50cmくらいの温泉は、エメラルドグリーンというとちと綺麗すぎる、黄色の混じった黄緑色。
c0055515_23153586.jpg

はじめはちょっとキシキシ、しばらくするとつるすべ。そんな印象の温泉です。
硫黄のにおいが濃くって、飲むと硫黄の味。非常に分かりやすい温泉です。
見るからに濃い印象の成分豊かな湯です。

内湯は深さちょうどよくてのんびりじっくり入れます。
露天は浅めで湯は内湯よりぬるめ。そのためもあってかみ~んな長湯でした。

やっぱりここの湯は気持ちがいいです。

泊まりだともっと別の源泉に浸かれるんですよね。いつかは・・・

c0055515_23155020.jpgc0055515_23155671.jpg





■元泉館

住所:栃木県那須塩原市湯本塩原101番地

TEL:0287-32-3155

公式HP


■高尾の湯源泉
泉質:含硫黄-ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素型) 中性低張性高温泉
源泉温度は50.6度(2号泉)。PHは6.5。
蒸発残留物総計は2605mg。湧出量毎分72リットル(自然湧出)

主成分は以下の通り
陽イオン:ナトリウムイオン829.3mg、カルシウムイオン92.4mg、カリウムイオン61.2mg
     マグネシウムイオン16.1mg

陰イオン:塩素イオン873.6mg、炭酸水素イオン1039.1mg、硫酸イオン84.3mg
   硫化水素イオン19.7mg

その他:遊離二酸化炭素551.2mg、遊離硫化水素70.5mg

⇒硫化水素の含有量が多くて、硫黄の臭いが強いのは納得。
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-02-12 23:20 | ★温泉のページ