ブログトップ
草津温泉共同湯睦の湯 ウラ高砂館→体調管理は万全に    ~群馬草津町~
c0055515_0354687.jpg今回の草津温泉の逗留は、プチ湯治にあります。
ですが・・・、もうひとつのひっそりとした目的として、”兼新年会”もあります。
まぁ、湯治といいつつも、要はぐうたらしていたわけでして。。。

c0055515_036088.jpgc0055515_036752.jpg

前夜、たけのこの里を刈り、自ら持ち込んだ新潟の銘酒に飲まれ、
翌朝はごろ寝。
やや痛い頭を引きずりつつ、ちとやる気をだして卓球なんぞをやったのが間違い。

c0055515_0373015.jpg自らの下手さ加減と悪友の容赦のなさに撃沈。
ヘロヘロのメタメタで気がつくと昼をまわりそうな勢い。
やることがないという状況に身を置くと、こうまで人間というものは堕落するのでしょうか。
でも、そんな時間がわりかしいとおしかったりするのですが。。。

ということで、さすがにマズイと思ったのか、
今回唯一といっていい草津散策に出かけました。





さて、前置きはこれくらいにして、共同湯睦の湯は
温泉街からはやや離れた静かな住宅街にあります。
★前回恵の湯やこぶしの湯に行った時は混んでいたので入りませんでした。

建物の真ん中に高い湯気抜きのある、けっこう大き目の立派な外観です。
c0055515_049957.jpg

中に入ると、広めの脱衣室。
手入れがしっかりされている印象で、
地元の人たちの努力には頭が下がる思いです。

浴室は天井が高く、浴槽は草津の共同湯によくあるオーソドックスなコンクリの浴槽。
長方形の浴槽は、うすめの白っぽいグリーン色に塗られています。
大きさは巽の湯ほど広くはないけど、草津の共同湯の中では広いほうだと思います。
c0055515_0492343.jpg

そこに湯畑源泉がドバドバ!
この絵はいつ見ても素晴らし~です♪

入るとすぐにツルツルする湯畑の湯に、指がしわしわになるくらいまで数分。
そこまで浸かると、体はもうポカポカ。

c0055515_0493891.jpg帰りの道中、白い雪たっぷりの外を歩いても、
もう来るときのように寒くはありませんでした。



でも、ちょっと前日の放蕩のせいか、
湯あたり気味になり、この日の湯めぐりはここまで。

草津に怒られた気分です・・・・(若干反省)
[PR]
by eratomoeratomo | 2006-01-11 00:53 | ★温泉のページ