ブログトップ
佐野川温泉 大きな源泉露天風呂のある一軒宿 ~山梨南部町~
c0055515_231454100.jpg佐野川温泉は、県道から細い川沿いの道を行ったところにある一軒宿。
しか~し。
その入り口の道筋の雰囲気からは想像がつきにくい混み具合。
大人気施設なのか激混みだった。


玄関入って左手にある浴室は、キレイでまだ新しいようだ♪
天井も高く広々としていて気持ちよく、ゆっくりできそう。

タイル張りの内湯は加熱浴槽と源泉浴槽。
加熱浴槽のほうが若干広いけど、
いずれにしても両浴槽ともかなりの広さ。そこに温泉が掛け流されている。

c0055515_23184085.jpg源泉浴槽は、けっこうぬるめ。
30度ちょっとではないだろうか・・・。
残暑厳しい時期には、この温さが気持ちいい。
いつまでも入っていられそうだ。


この佐野川温泉は単純硫黄泉。

温泉はつるすべ感がある。
ただし似た浴感の梅ヶ島温泉ほどではないように思う。

逆に、炭酸が多いのか、入っていると体に細かい泡がけっこうついた。
この泡つき、同じ山梨の韮崎旭温泉には負けるものの、けっこうなものだった。
なんだか泡がシュワシュワ・・・気持ちがいい。


露天も内湯同様加熱浴槽と源泉浴槽。
こちらは源泉浴槽のほうが広い。

内も外も湯口近くが大人気。
やっぱり近くは泡のつき方が全然違った。

c0055515_23185830.jpg浴槽が大きいためだろうか。
湯口から離れたところの湯は多少鈍り気味。
なので湯口近くが大人気なのも分かる。

ちなみに加熱浴槽は、
入ってて鮮度がやっぱり源泉浴槽より一段落ちる感じだった。
ただ源泉浴槽は、けっこう湯温が低い。
特に露天は、
30度の陽気の日の夕方でも多少の涼しさを感じた。
秋以降はつらいだろうな・・・。そんな風に思う。

温泉に浸かっていた手を鼻にかざすと
おなじみのあの卵臭=硫黄臭がけっこう強い。
飲むとまさに硫黄泉独特の味。


この日は佐野川と梅ヶ島をハシゴしたけど、
佐野川の方がにおいは強い。味は梅ヶ島のほうが濃かった。

ちょっと混雑しているけれど、
掛け流しの温冷両方につかれる貴重な良い温泉だった。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-09-19 23:10 | ★温泉のページ