ブログトップ
猿ヶ京温泉 いこいの湯(共同湯) ~群馬新治村~
c0055515_2238571.jpg全国に名高い法師温泉。
その手前にある温泉が猿ヶ京温泉です。
ダム湖である赤谷湖を囲むように、
何軒かの旅館が建つ温泉。

猿ヶ京には最近、大規模日帰り施設、
まんてん星の湯ができました。
ここはそこそこの活況を呈しているとのこと。


その猿ヶ京温泉にいこいの湯という共同湯があります。
ということで、早速行ってみました。


猿ヶ京の温泉街を三国峠方面に17号線を走ると、
その国道はすぐに右手に大きくカーブしてます。

そのカーブのところを、曲がらずにまっすぐ伸びる分岐を進むと共同湯はあります。

この道は実は旧街道(三国街道)のようです。
分岐から1キロ弱程度行くと、いこいの湯が。
駐車場もあり、利便性は高い。
でも、知らないとまずここにあることはわからないだろうな・・・。


c0055515_22431489.jpg浴室は、共同湯ながらしっかりとした設備(大人300円)。
そしてきれい。管理人さんもいる。営業時間は10時~22時。
今回は夜遅い時間だったけど、
女湯は地元の人でにぎわっていました。
ちなみに男湯は終始貸しきり状態でした。らっき~

浴槽は縁のみ木の石風呂。
2m弱四方といったとこ。
排水口が湯船にあり一瞬ドキッとしたが掛け流しとのこと。
(ほとんど吸い込みは感じなかったけど排水口らしきものがあり、
縁からあふれる湯は流入量に比して少ない感じだったので)
この排水口は湯の排出を助けるためにあるようです。


湯は、はじめややキシキシ。
そして次第につるすべ感がでてくるもの。

ただ、ここはとにかく湯が熱い!
とりあえず三分は入らねば・・と粘ったものの、つらいっす。
音を上げ早々に退散となりました。
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-09-07 22:00 | ★温泉のページ