ブログトップ
日光湯元温泉 温泉寺の源泉地帯 ~栃木日光市~
c0055515_22294347.jpg湯の湖の湖畔に広がる日光湯元温泉。
今回は、その魅力的なにごり湯の硫黄泉の湧く、温泉寺に行ってみた。
日光湯元の温泉は、そのほとんどがこの温泉寺から湧くと聞いている。
こういった泉源を見るのって、なんだか心躍るのだ★


温泉寺は、日光湯元温泉の中心のやや北側にある。
ただ、まぁほぼ中心といっても良いかも知れない。
駐車場のすぐ近くだし。
c0055515_2230881.jpg温泉寺の大きな石灯籠の並ぶ参道を歩くと、
右手に泉源地帯へと続く木道がある。

泉源地帯は湿地帯になっているようだ。
葦が茂っていた。

浴衣を着た宿泊客に混じりながら木道を歩く。
「いいな~、この人らこれから泊まりで温泉三昧・・」

今日の宿がないときは、ちと、そんな人らがうらやましか。

さて、気を取り直して辺りを見ると、奥の左手側にもくもくと白い湯気が!!!
ちょっと歩く足取りも軽くなるのだ~。

c0055515_2231014.jpg
湯気の元まで行くと、
なんだか小さな小屋?のようなものが。

どうやら、そのなかから温泉が湧いているようだ。

なかを覗いてみる。
ものすごい熱気。
そして湯気。


c0055515_22333589.jpg
よ~く目を凝らすと小屋の中は
温泉で一杯で、しかも底から
ぼこぼこ音を立てて
自噴していた。
これ、スゴぃな~~~。
ぽこぽこではない。ぼこぼこだ。
湧いているのはけっこうな量ではないかな?



c0055515_22394042.jpg
この小屋の周りからも、
少量だけど温泉がぽこぽこ。
手を触れると熱い。
でもすぐに手がスベスベに。
いいな~。
それに、このただようほのかな硫黄のかほり。

すばらしいところだった。



ちなみに各小屋には源泉の所有者?を意味しているのか、
旅館の名前が書かれてあった。(釜屋だとか板屋だとか)
c0055515_2244742.jpg


⇒昨年入った日光湯元温泉湯元ヒルサイド・イン
[PR]
by eratomoeratomo | 2005-08-26 22:44 | ★温泉のページ