ブログトップ
北海道温泉行脚 ~02~ ホテルレークウッド屈斜路湖
c0055515_2222544.jpg
野中温泉から阿寒湖を経由して長躯屈斜路湖へ。

なぜ帯広インでそこまで?

まぁ、若い頃(そこまででもない)はそんな無茶も大丈夫だったんだなぁ。
とにもかくにもこの日のお宿はホテルレークウッド屈斜路湖。
文字通り屈斜路湖まで行かねば本日のねぐらは確保できないわけで。
かつては少し気取った幹事で泊まったこのお宿も、
今回は悪友との野郎二人旅。なんの気取りが必要あろう、と素泊まりっす。




c0055515_22231288.jpg
c0055515_22232330.jpg
c0055515_23122074.jpg
c0055515_23123379.jpg


少し冷えた体を温めなければねぇ、とまずは温泉。
お風呂は露天と内湯のシンプルなつくり。
日が暮れてから降り出した雨が、森の木々を濡らし、
耳に入る音は自然の音ばかり。
いやーネイチャーだなぁ。

手ごろなサイズの露天風呂には
腰掛け石が適度に配置され、
そのひとつにどかっとケツを落として、
暗い森を眺めながらのんびり。

あたりのやわらかい少しつるっとした湯。


「毎日入るならこういう湯かな」

ぼんやり昼間の野中温泉の湯を思い出しながら比べていると、
じんわりと温まってくる。



c0055515_2223472.jpg
c0055515_22235941.jpg
湯上りは熱くなりすぎず適度にぽかぽか。
野郎二人には少し不釣合いなツインルームにて、
セイコーマートで買ってきたいささかわびしい夕食をほおばったのでした。
もちろん湯上りの景気づけにはサッポロクラシック。
あまりの気持ちよさに、いつの間にやら落ちてましたとさ。
地味ながらやるな。


ただ残念なことにこのお宿は閉館してしまい、
もう二度と行くことができないのでした。。。(自家源泉だったのに・・・)


泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
PH:7.6
泉温:49.4度
蒸発残留物:571mg
知覚的試験:無色透明、無味、無臭
[PR]
by eratomoeratomo | 2015-04-13 22:25 |  ■北海道・東北の温泉